2006年12月

2006年12月30日

娘たちと…。また来年!



今年も、あと2日。
東京は、
晴天です。


娘とミルキー


来る2007年に向け、
“鋭気”を養うべく、
本年は、
今日にて終了です。

みなさん、
良いお年を…。
体には気をつけて!


(飯村和彦)


newyork01double at 09:16|PermalinkComments(6) 家族/ 子育て 

2006年12月28日

日本海マグロの叫び!宇宙船地球号(1/7/2007放送予定)



来年1月7日(日)放送予定、
「素敵な宇宙船地球号」 
(テレビ朝日系列・午後11時30分〜)は、
牾い離瀬ぅ筌皀鵐鼻函弔噺討个譴襯ロマグロの話。


竿とリール


体を張って、
200キロ級のクロマグロを竿で釣る、
一本釣り漁師たち姿。
彼らのマグロ一本釣りに賭ける思い、
「美学」とは?


漁師とマグロ


そして、
日本近海を産卵場にしている、
太平洋クロマグロの生態を解明。
どうして日本海に、
クロマグロが数多く回遊するようになったのか?
その主な理由も紹介していきます。

現在、
世界のマグロ資源は、枯渇の危機に瀕しています。
オーストラリアのミナミマグロや大西洋クロマグロは、
漁獲枠が大幅に削減されることが決定しました。


マグロ顔


今回の取材では、
「まき網漁」による大量漁獲が原因で、
太平洋クロマグロも、
資源枯渇の危機に追い込まれている現状も
詳しく報告します。


朝の港


ロケに赴いた場所は以下の通り。

沖縄県・石垣島
長崎県・壱岐
山口県・見島
鳥取県・境港
静岡県・清水
東京都・築地
青森県・大間
北海道・天売島。

それぞれの場所で、
多くの方々にお世話になりました。


見島港空撮


世界の海でとれるマグロの、
約4分の1を食べつくしている日本。

これから、
一体、どうしたらいいのか…
ほんの少しだけ、
そのヒントが見つかるかもしれません。

来年1月7日(日)、午後11時30分。
「素敵な宇宙船地球号」 
…を是非! ご覧あれ。


(飯村和彦)

newyork01double at 15:28|PermalinkComments(8) 放送番組 

2006年12月27日

「楽しかった!」…子供は自殺なんて、しない!



娘が大好きな「やかまし村」シリーズ。
その中の一冊にあった、
ある一文を目にして、
「なるほど、そうだ!」
…と膝を叩いた。


やかまし村


その一文は、
物語そのものの中にあった訳ではない。
“やかまし村賛歌”との題で、
長谷川摂子さんが巻末に載せていた文章。
そこに、以下のようなくだりがあった。

「ほんとうに楽しかった、という体験が、
体のうちに残っていれば、
子どもは自殺なんか絶対にしない。
その体験で生きていけるんだもん」

長谷川さんの息子さんの言葉らしいが、
まさに、
その通りである。

子ども達の心の中に、
“あれは本当に、楽しかったなあ…”
という記憶があれば、
それは生きていく上で、
なにものにも代えがたい、
「元気のもと」…になる訳だ。

でも、良く考えてみよう。
それって、
決して、だいそれたことじゃない。
子ども達みんな、
楽しかった思い出の一つぐらい、
持っている筈だから。

多分、
そう思っていないのは、
楽しかったことを、
思い出せないだけ。

みんなで、
本当に楽しかった出来事、
どんどん、
思い出そう!

そうすれば、
“死にたい!”なんて、
考える暇、
なくなる筈だから。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 15:00|PermalinkComments(2) 気になるBOOKs 

2006年12月25日

メリークリスマス! 黄色い象さん



今年、
仲間に加わった、
「黄色い象」
娘が、
“私のお勧め!”
といいながら、選んだもの。


黄色い像


なんだか、
幸せを呼んできてくれそうな…、
そんな彼(彼女?)です。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 16:18|PermalinkComments(0) 家族/ 子育て 

2006年12月21日

「招き猫」になれず!



久しぶりに猫のミルキー。
と思ったら、
なんだい、
眠そうじゃない?

それじゃ、
招き猫にはなれないゾ!


招き猫


我が家の家族が、
階段を上る音を聞くや否や、
サササーッと廊下を走り、
ポン!
と玄関脇の出窓に飛び乗る彼女。

そこまでは、
よくできた猫…
なのだが、
そのあとがいけない。

ミルキー、
感情を表に出さないことがある。
なに?
それって、普通?


招き猫の目


ともかく、
誰かを玄関で迎え入れるのであれば、
猫らしい、
クルリとした目が好ましいゾ!
…といっても、
ミルキーには「馬耳東風」
そう、
これも、普通。

いやはや、
つくづく、
「普通」ってつまらない。



(飯村和彦)


newyork01double at 17:28|PermalinkComments(2) 猫の話 

2006年12月17日

クリスマスツリーと吉田拓郎さん



「忙しいから」
…これって言い訳にしちゃダメ。
特に、
心身共に消耗している時ほど、
この言葉に逃げ込んだら負けだ。

という訳で、
本日は、
子どもたちと、
クリスマス・ツリーの飾りつけ。

毎年、
我が家のツリーは、
屋上に置いてあるパインの木を使用。
一年に一度だけ、
リビングに持ち込むから、
この木にとっては、
年に一度の「檜舞台」…。


さて、
↓は今年仲間になったカンガルー。


カンガルー


妻の知人からのプレゼント。
オーストラリア人らしい。

↓は、今年で3年目(?)になる、
ベリー系。


フルーツ


ラズベリーのような色合いが、
いいでしょ?

で、↓が「電球型」(?)
なんと呼ぶべきか、言葉が浮かばないので…。


ライト型


このオーナメントは、
実は、かなり重い。

そして、↓が「王室系」(?)
なんだか、
高貴な雰囲気が漂っているので…


王室系


子どもたちと一緒に、
あれこれぶら下げて、
約1時間で、
なんとなく完成。


ツリーと拓郎


例年通り、
無骨なツリーである。
形の整ったモミの木じゃないが、
我が家の個性を象徴しているようで、
悪くない。

ライトアップした姿は次回。
今日は、
妻が留守だったので…。

余談だが、
TVモニターに映っているのは、
吉田拓郎さん。
娘と一緒に、
彼の“つま恋コンサート”の模様を堪能…。
“人間なんて、ララーララララ、ラーラ…”
は、なかったけれど、
“今日まで、そして明日から”
で、“大人の祭り”を締め括った。

悪くない…。


(飯村和彦)


newyork01double at 20:56|PermalinkComments(8) 家族/ 子育て | ダブル秘話

2006年12月08日

空の散歩〜対馬と見島〜



本日は、
ヘリコプターから撮った島の写真を!
薄曇りの天候ながら、
それなりに…。


ヘリコプター


↓は見島、「宇津」の港。


見島空撮


そして、
↓が長崎県の対馬。


対馬空撮


ガスっていなければ、
さぞや、
緑が美しい筈…、残念!


(飯村和彦)


newyork01double at 20:49|PermalinkComments(2) 取材先にて記す! 

2006年12月07日

夜明け前、見島の港



午前5時半。
見島のマグロ漁師たちは、
船をだす。
狙うは、
200キロ、300キロ超えの大物…。


明け方の港


今年は、
天候の変化が大きい。
海は、
凪(なぎ)の日が二日続いたあとは、
時化(しけ)が三日間…といった具合。

ある研究者によると、
地球温暖化の影響で海水温が上がったために、
海が、
荒れやすくなったのだという。


岩と見島海


高波、
確かにきつかった。


(飯村和彦)


newyork01double at 18:28|PermalinkComments(0) 取材先にて記す! | 地球環境を眺めると…

2006年12月06日

山口・見島の猫とイカ



いやいや、
まったくもってご無沙汰でした。
…で、
いまだに、仕事で忙殺状態。

という訳で、
ひとまず、
島の風景写真を数点…。
場所は、山口県萩市の沖にある「見島」。

ここでは、
沢山の魚介類がとれますが、
なかでも、
↓のイカ(…白イカ)は有名。



見島1



このイカ、
北風に当たると赤くなるので、
風に晒すときは注意が必要とのこと。

この時期、
島に打ち寄せる波はそれなりに高くなる。
特に今年は、
時化る日が多い…。
で、
岩場にあるのは観音様。



見島2



この見島には、
沖合いにクロマグロが回遊してくる。
そして夏には、
この海域で、産卵する。
ご存知でした?
多分、
知っている人は、少ない筈。

さらに、
この島の特徴は、
やたらと猫が多いこと。



猫たち



いたるところで、屯っています。
港に漁船が帰ると、
真っ先に迎えにでるのも、
この猫たち。

見島の人は、
猫をとっても大切にしています。
「猫を大事にしないと、大漁なんて望めない」
これは、
島に住むあるお婆さんの言葉。

では…。
see you soon…ということで。


(飯村和彦)


newyork01double at 22:55|PermalinkComments(4) 取材先にて記す! | 地球環境を眺めると…