2007年04月

2007年04月30日

東京ミッドタウンも新丸ビルも…嫌だなあ



きのう、日曜日。
38階建て複合ビル、
「新丸の内ビルディング」(通称・新丸ビル)オープン効果で、
東京・丸の内地区の人出が、
昨年の3〜4割増しとなったという。

3月末にオープンした、
↓六本木の東京ミッドタウンにしてもそうだが、
どこもかしこも、芸がない。
経済効率もいいが、
特徴のなさには飽きれるばかり。


ビル1


こんなものが、
都市のあちこちに出来てしまう日本は、
これから先、
どうなってしまうのだろう。

複合ビル(もしくは地域開発)の担当者に言わせれば、
「他のビル開発、地域開発とは、ココが違う!」
と、各々が各々なりの特徴を述べるのだろうが、
ザックリ言わせて貰えば、
出来上がりの印象は、どこも同じだ。


ビル2


アメリカに無数ある、
巨大モールと大差ないばかりか、
サイズが小さい分、狭苦しい。
おまけに、
人が忙しなく動いているので、
落ち着かない。


ビル3


客寄せは、ブランドショップに、
各種のレストラン。
それぞれのレストランは美味しく、
本来は、特徴ある店なのだろうが、
ガラスのビルに並んでしまうと、
興ざめである。
「食の趣」はない。


ビル4


ビルに行って、
ビルの中を歩いて、
それで疲弊する。
嫌にならない?

そうそう、
東京ミッドタウンの一階の特等席(?)には、
見事!「スターバックス」が入っていた。
特徴の“希薄さ”が、
その一点に象徴されているようで、
ここだけは、可笑しかったなあ。


(飯村和彦)


newyork01double at 16:49|PermalinkComments(0) 東京story 

クリオネ、味はないらしい。



「なんの味もしない」
それが、
クリオネの「味」のようだ。
つまり、
食べるような生き物ではない…、
ということ。


クリオネ2
(品川水族館にて)


(飯村和彦)


newyork01double at 07:21|PermalinkComments(4) 東京story 

2007年04月26日

安売り競争は時代遅れ〜値段ではなく「安全」を競え!〜



いい加減、止めて欲しい。
ビジネスの優先順位を完全に間違えている。

米国の新興航空会社、スカイバスが、
片道10ドル(約1200円)の航空券を目玉商品に、
米国内路線に就航するという。


翼の影


スカイバスでは、
「10ドル航空券を各便10枚は提供する。
数週間だけの販売促進策ではない」
と強調している。
そんなことより、
きちんと「空の安全」は担保されているのか?

「激安航空チケット」
そんなものが最大の「売り」の飛行機には、
乗りたくないし、乗らない。
 

ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 17:47|PermalinkComments(0) ニューヨーク | 息子が撮った写真!

2007年04月25日

猫のミルキーの姉妹?



息子が、近所で、
ミルキーとそっくりの猫を見かけたらしい。

「あれ、ミルキーが家から逃げ出したのか?」
と思ったほど、
その猫はミルキーに似ていたという。

特に、彼女の最大の特徴である尻尾。
↓がそうなのだが、
この棒切れのような尻尾を、
その猫も持っていたようだ。


彼女の尻尾


息子がその猫を見かけた場所も、
ミルキーが、
箱に入れられて捨てられていた公園の近く。
よりて、
本当に彼女の姉妹、
もしくは兄弟じゃないか…とも考えられる。

まあ、
だからといって、
兄弟・姉妹が、
感動の再会を果す訳ではないのだが。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 16:56|PermalinkComments(0) 猫の話 

2007年04月24日

君はサルか?



f1a76ab0.jpg


娘だ。

慎重に、
手足の置き位置を、
決める。
落ちるなんて、
考えない。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 16:32|PermalinkComments(2) 家族/ 子育て | ダブル秘話

2007年04月18日

銃乱射事件・犠牲者32人の方々の冥福を…

newyork01double at 23:17|PermalinkComments(3) ニューヨーク 

2007年04月16日

息子の「嗜好品」



ラジコンなのだが、
それなりに「本物」らしい。
↓は、息子の撮った写真だが、
質感もある。


ラジコンカー


しかし、
ラジコンの写真を撮るというのも、
息子らしい。
好きなものを記録に残す。
いいことだ。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 19:08|PermalinkComments(0) 家族/ 子育て | 息子が撮った写真!

2007年04月15日

やはり、金閣寺は…



京都の定番。
されど、
金閣寺は金閣寺。
その「金色」には、目が眩む?


金閣寺


↑は息子の写真。
数年前に一度見ている息子だが、
やはり、
その都度感激があるようだ。

ちなみに、
今回は、
息子も娘も御朱印帳を購入。
表紙も、その1ページ目も、
…「金閣寺」
まあ、いいでしょう。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 20:09|PermalinkComments(0) 息子が撮った写真! 

2007年04月14日

「変身」、そのとき人格は?



ここでいう「変身」は、
主人公・ザムザが虫になる、
あの、
カフカの「変身」ではない。
東野圭吾さんの作品。


変身


「脳移植手術」を受けた主人公が、
時と共に表出してくる、
ドナーとなった人物の人格に苛まれながら、
本来の「自己」を死守すべく、
新たな“自己”と対峙し、格闘する。

東野さんなりに、
「人間の尊厳」と「脳死」、
さらには、
臓器移植の在りようを問うたものなのだろう。

「自己形成」と「自己崩壊」
そこに「脳」は、
どんな形で関与しているのか。
考えるチャンスになる。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)



newyork01double at 17:24|PermalinkComments(0) 気になるBOOKs 

2007年04月13日

やはり、恐竜は「鳥」になったらしい!



米国ノースカロライナ州立大学などの研究チームが、
「鳥は、恐竜から進化した」
…との仮説を補強する材料を見つけたという。


恐竜の地層


6800万年前の恐竜ティラノザウルスの骨から、
タンパク質を抽出。
その分析結果から、
ティラノザウルスが、遺伝的に、
ニワトリの「血族」に当たる証拠を得たという。

鳥類と恐竜が、
近い関係にあるとの仮説は唱えられてきたが、
分子レベルで確認されたのは初めてらしい。

映画などで散見する、
恐竜(…特にティラノなどの肉食系)の歩き方。
特にぴょんぴょん跳ねる動きは、
やはり、
「鳥」のそれ、…だと思わない?


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 19:02|PermalinkComments(0) 地球環境を眺めると… 

2007年04月11日

「神の手」



そんな、
素敵な名前のついた作品。
カール・ミレスという、
スウェーデンの芸術家の手によるもの。


神の手 カール・ミレス


箱根彫刻の森美術館にある。

「神の手の上で、
人は、何を思う?」

「踊る?」
「……………」


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 22:29|PermalinkComments(0) 取材先にて記す! 

2007年04月10日

TBS、証言「捏造」疑惑



不二家問題に関する報道で、
10年も前に不二家を辞めていたパート従業員の証言を、
つい最近の出来事のように放送していたTBSの「朝ズバ!」。
さらには、
その証言自体にも、
内容に信憑性がないことが分かってきた。


夜桜


この件については、
後日、改めて検討するつもりだが、
そんな中、
今度は街頭インタビューの“捏造疑惑”だ。

TBSの「サンデー・ジャポン」という番組で、
取材の日時と場所を変えて、
4度も、
同じ男性を街頭インタビューに登場させていたという。

ご存知の通り、
「街頭インタビュー」というものは、
あるテーマについて、
“不特定の人物”に街角でインタビューし、
“予断のない意見”を一般の方々に聞くこと。

にもかかわらずTBSのこの番組の担当者は、
当該男性に、
事前に取材日時を伝えた上でインタビューを行い、
そこで得たコメントを、なんの断りもなく、
“街頭インタビュー”として放送していた。

TBSでは、
「一回目と2回目は偶然だった」とした上で、
3度目、4度目のインタビューについて、
「発言内容の誘導や金品の授受はなかった」
としているが、甚だ矛盾した話だ。

番組担当者に、
なんらかの“思惑”がない限り、
取材場所や日時を変えて、
それぞれ別のテーマで、
同一人物に何度も“街頭インタビュー”をする必要はない。
不自然極まりない取材方法であり、
到底、TBSの釈明をそのまま受け入れることは出来ない。

報道番組に於いて、
ある人の証言を紹介する場合、
その発言が、
“どんな人物によって”、
“どんな状況で”、
“いつなされたのものなのか”…は非常に重要なこと。

その事実を隠して、
もしくは変えて(…これは取材環境の“捏造”になる)ることは、
絶対あってはならないこと。
TBSのいう、「誤解を与えかねないものだった」
などいう弁明だけで済む話ではない。

視聴者を意図的に“騙して”いたことは事実であり、
そうなると、
番組での報道内容そのものの信憑性などは、
ゼロに等しい。

不二家の件にしても、
この街頭インタビュー問題にしても、
その真相は、
もっと酷いものである可能性すらある。


追記

さらにNHKの「ためしてガッテン」も…。
こちらは、
調査データの“改ざん”である。
枚挙に暇がない。


(飯村和彦)


newyork01double at 21:46|PermalinkComments(0)

2007年04月09日

ステンドグラスの顔



eae26be1.jpg


ガラスと光。
やはり、
相性は抜群だ。
顔、男か女か…。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 14:31|PermalinkComments(4) 取材先にて記す! 

2007年04月07日

「こうぞ」、和紙の原料だ!



5b8b3fda.jpg


柔らかな色合い。
日本的?
思い込み?
いいじゃない?


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 09:53|PermalinkComments(3) 東京story 

2007年04月03日

恐竜と哺乳類繁栄の関係



大きな体で、
地球上を闊歩していた恐竜たち。
彼らは、
巨大隕石の地球激突により、
約6500万年前に絶滅したとされている。

↓の写真は、
去年、コロラド州を訪れた際に撮影した、
恐竜の足跡の化石。


恐竜の足跡


そして、↓は、
恐竜の「骨」の化石だ。
焦げ茶色の部分がそれ。
触ると、ツルツルしている。


恐竜の骨


さて、
この恐竜の絶滅と哺乳類の繁栄に関して、
興味深い研究結果が、発表された。

恐竜が約6500万年前に絶滅し、
哺乳類の時代が始まったとの通説は、
間違っている可能性があるという。

ドイツ・ミュンヘン工科大など研究チームが、
現在生息する哺乳類の大半、
約4500種について、
遺伝子に基づく系統樹を作ったところ、
約7500万年前までに、
基本的な種の分化が終わっていたらしい。

つまり、
恐竜たちが地球上を闊歩していた時代から、
哺乳類が生息していたことになる。

巨大なティラノサウルスの足元を、
小柄なシマリスが軽快に走り回る…。
そんな光景を想像すると、
ちょっと楽しい気分にならない?


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 20:18|PermalinkComments(0) 地球環境を眺めると… 

2007年04月02日

猫と金魚、微妙な関係?



c3051864.jpg


猫のミルキーの、
「名誉」のために記しておけば、
彼女は、
金魚を食べようとはしていない。
水を飲むだけ。

さらに言えば、
彼女には、
「金魚を食べる」というアイディアがない。
訝る方もいると思うが、
そもそも彼女には、
生魚を食べるという習慣がないのだから、
仕方ない。

無論、
「本能」というものが、
突然、顔をだす可能性は否定しない。
けれども、
「自分の食事」(カラカラのキャットフードのみ)で、
日々、満足している彼女が、
やおや、
金魚をくわえることはないだろう。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 21:40|PermalinkComments(0) 猫の話 

2007年04月01日

自慢のサッカーボール



少し前になる。
サッカー教室に参加した息子が、
指導してくれたプロの選手たちから、
サインをもらってきた。


自慢のボール


ところが、
彼はといえば、
その後も、↑のボールを、
日常的に使用していたので、
いつしか、
大切なサインは消えてしまった。

まあ…、
ボールを蹴るたびに、
サインが目に入る訳だから、
練習で教えてもらったことを、
思い出す。

つまり、
サインは消えても、
「技術」は身に付いた、
…に違いない(?)。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 22:19|PermalinkComments(2) 家族/ 子育て | ダブル秘話