NY’90:空きビン落としの当り屋NY’90:マディソン・スクエア・ガーデンのダフ屋

2005年11月22日

東京story:「ダブル」秘話〜アルバムの意味〜



深夜、突然クローゼットの中をかき混ぜるはめになった。
読みたい資料がなかなか見つからない。
書類は「横に、横に」並べるように保管すべきなのに、
ついつい「上へ、上へ」積み上げてしまう。
これだから、いくら時間があっても追いつかないのだ。

その上、
追い討ちをかけるように、古いアルバムが目に入ったりするからいけない。
誰だって作業を中断するだろう、この場合…。

仕方なく、布地のカバーを開いてみた。で、またボーッと考える。

ある年齢になって写真を眺めると、
幼い頃の自分が、どんな顔で何をしていたのか…を楽しむのではなく、
幼い自分と一緒に写っている、
父や母の「若い姿」に目を奪われるようになんだなあ…と。



息子とベンダー2



ということは、つまり、将来確実に、
「あれ、父さん若いなあ」とか、
「母さん、イケてたね」
というような会話を、息子と娘がするということだ。

おまけに、そんな言葉を交わしている彼らのひざの上には、
おのおのの息子や娘がのっていることだろう。
「これがグランパで、これがグランマ?」



娘とヘリ2



いやはや、まいったなあ。
つまり、子どもたちと一緒に写真を撮るときは、
シャン!としていないといけない。そういうことか?
違うな、そんな親を自分が見たいとは思わないから。

(飯村和彦)





newyork01double at 04:03│Comments(21) 家族/ 子育て | ダブル秘話

この記事へのコメント

1. Posted by 小鳥ちゃん   2005年11月22日 04:50
あらら、飯村さんもクローゼットかき回してたんですね。小鳥ちゃんも週末は、倉庫の片づけしながら飯村さん同様、写真見たり雑誌読んじゃったりしてなかなか進みませんでした・・・
小鳥ちゃんは兄弟が多いので、小さいときに兄弟一緒に写った写真、たくさん見て懐かしくなってました。大人になるともう一緒に暮らす、ってことがないですからねー。あんなにずっと一緒だったのに。
身近に置いておくとホームシックになりそうで(いまさら・・・)、アルバムは全部倉庫にしまってきました。
2. Posted by eri   2005年11月22日 05:12
子どもにデレデレの親の顔が写っていた方が、教育上効果がありそうな気がしますね。恥ずかしいケド。
3. Posted by カメ    2005年11月22日 05:12
飯村さんほどの方でも、やっぱり、つい「上へ、上へ」になるというのを読んで、少し嬉しく成っちゃいました。私はどうも整理ベタで、「超整理法」とかいろいろ知っても、いつのまにか、机の上も、作業できるスペースが狭くなってしまう方で、「机上の整理ができんやつは、仕事も整理ベタ!」とよく叱られておりましたので・・(でも飯村さんは机の上までは積んでないでしょうけど・・)
子どもの頃のアルバムは実家にあって、しばらく見ていませんでしたが、そうですか、親の方に目が行くのですね・・・確かに、私が子どもの頃の親は、今の自分より、ずっと若かったわけだから、不思議な気持ちになるかもしれません。今度実家に帰ったら、見てみようかな・・・
4. Posted by ぱぱいや   2005年11月22日 08:07
ここ10年以上は自分や実家の家族を振り返る事も無かったかもしれない。『写真は嫌い』と自分に言い聞かせて結婚式以外は何も残さずに過ごしてきてしまった。この空白10年ちょっと振り返るのはどうしたものやら…。
これからは『自分の生きた証』と『子供と家族の歩み』を残していこうかな?って思いました。
5. Posted by 『ゆる育ブログ』小柳   2005年11月22日 09:41
嬉しそうにしてる親がイイなあ。
照れてる親なんかもイイなあ。
慌ててる姿とか間抜けな姿とか、
隙だらけの親の写真が好きです。
6. Posted by yooj   2005年11月22日 11:41
初めまして。
マサルくんのところからやってきました(笑)

本当、書類は「横に、横に」ですよね〜
なかなかできないけど…

親の写真は自然なのがいいですね^^
「こんな人だったよね〜」って
親子のやり取りのヒトコマを思い出せたらいいなぁ。
7. Posted by むーみん@ママ   2005年11月22日 16:03
ただ今、復活です!
励ましのお言葉ありがとうございました!

そうですねぇ〜。そう言われれば、
私も小さい頃の写真をみて、ロコモーション@ミミの
かわいさに、思わず「ママかわいかったのねぇ〜」
なんていってしまうもの。(過去系で怒られそう…)
私も、息子と写真を撮るときは気をつけようかしら?

…でも、そのときそのとき、ありのままの私
(彼にとって母親)を、見てほしい気持ちもあるなぁ〜。
とっても幸せそうにみえたり、寂しそうにみえたり、
さて、息子はどう思うのでしょうね。。。
8. Posted by TAKO母   2005年11月22日 16:30
そうだ!!これは・・・ちょっと <(ToT)> シマッタァ!
と思う鋭い指摘です!!
そうですよ。。。自分の小さい時の写真を見るとき・・・
親の顔も・・・しみじみながめますよね。。
しまった!!もう少しハシッとして写真をとればよかった。
もう遅いかしらん!!いやいや 今からでもやってみよう!!
9. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:39
>小鳥ちゃんさま
アルバムは倉庫ですかあ。邁進続ける小鳥ちゃんらしい!
10. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:41
>カメさん
自分より歳下の両親の姿は、本当に新鮮です。さらにその表情が、息子や娘と似ていたりするのです!
11. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:45
>ぱぱいや様
「空白の10年」ですか。それでも写真ではない別のものがその代わりをしているのでしょう。写真嫌いな人も多いし。
12. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:48
>「ゆる育ブログ」小柳さま
隙だらけの親、まさに私です(笑)
そんな写真が、我が家には堆積していますね。
13. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:50
>yooiさま
同感です。子どもたちと一緒に語れる「歴史」、子どもたちが、彼らの子どもたちと語れる歴史…ですかね。
14. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:54
>むーみん@ママさな
復活! お待ちしてました。
まあ、あれこれ気にせずに、「素のママ(まま)」が良いのでしょう。20年後、30年後…、楽しみは続きます。
15. Posted by 飯村和彦   2005年11月22日 18:56
>TAKO母さま
「ハシッ」とですか?(笑)いいなあ…。きっとそれが一番TAKO母さんらしいのでしょう。想像できますよ。
16. Posted by かえで   2005年11月22日 23:20
私は、両親と写ってる写真を見て
両親の私への視線に愛情を感じました。
父も母も 私を大切に見守ってくれました。
親の視線の先に自分がいる・・・なんて守られて大きくなったんだろうって。
17. Posted by ilovedesign   2005年11月22日 23:21
NYに見えるとの事、今週末にかけての気温は3度4度なので、コートと手袋を忘れずに。寒いっすよ。今は雨がやんですごい木枯らしが吹いてる。木曜日はサンクスギビングっす。ターキーとマッシュドポテトにありつける。(笑) そうそう、アルバム。帰って来る時1部持ってくるかどうしようか迷いながらアルバム広げ判断中、どんどん時間が過ぎて行って、結局荷造りは夜中までかかってしまった。^^T
18. Posted by 飯村和彦   2005年11月23日 01:21
>かえで様
さて、我が家のkidsたちは将来、写真に何を見るのだろう…と考えると、わくわくものです。
19. Posted by 飯村和彦   2005年11月23日 01:28
>ilovedesignさま
なるほど、防寒対策しましょ。いつも通り、あちこち走り回らないといけないし…。冗談ではなく、足が痛くいて動けなくなるほど(…「ほど」ではなく、本当に動けなくなる!)歩くのです。でも、止められない訳だから、確実にこれ職業病です。
20. Posted by chiemi   2005年11月23日 03:23
もう、たくさんの方が、思っている事を書いてく下さったので、、、、そのことは、置いておいて、、、
やはり、不思議な魅力を持った目をしている子供さんですね。とっても、きれい。。。。。。。
21. Posted by 飯村和彦   2005年11月23日 03:27
>chiemiさま
ありがとうございます。娘、「とっても喜ぶ!」はずです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

NY’90:空きビン落としの当り屋NY’90:マディソン・スクエア・ガーデンのダフ屋