東京story:「ダブル」秘話〜アルバムの意味〜ご無沙汰です。NYからです!

2005年11月23日

NY’90:マディソン・スクエア・ガーデンのダフ屋



No.23
Check it out.
ちょっと見てみろよ(軽いニュアンス)
ほらほら、こっちこっち(道端での商売)
スッゲーあれ、ほら(強いニュアンス)
{映画など}見た方がいいぜ。


cf. You should check it out.

春風をなびかせて、颯爽と歩いている女性をみて、
「おいおい、あの娘いかしてるゾ!」というニュアンスから、
新聞のアパートアパート探し欄で気に入った物件を見つけて、
「これ見てよ」というニュアンス。
さらには、ダフ屋がチケットを売るときの、
心なし後ろめたさを含意したような、
「ほらほら、こっちこっち。ちょっとちょっと、いいのあるよ」
等々…。
当然、祭りの出店の、
「寄ってらっしゃい、見てらっしゃい」も、
Hi, check it out, check it out!



帰還兵



マディソン・スクエア・ガーデンのダフ屋
私が住んでいたアパートは、
マディソン・スクエア・ガーデンまで徒歩3分ほどのところに位置していた。
ちなみに、ホームレスの方々の最大の溜り場の一つになっているペン・ステーション(Penn Station)は、マディソン・スクエア・ガーデンの地下にどどーんと広がっている。

昼といわず夜といわず、
床に寝転がって人生を考えている人や、
大きなバッグを抱えてキョロキョロしている観光客を目ざとく見つけては、
タクシーを捕まえてきて強引に1ドル紙幣を「獲得」していく連中まで、
その種類は豊富だ。

すこしでもボーッと隙を見せようものなら、すぐさま、
左右の肩を前後にゆすりながら、
一歩一歩伸びをするような独特の歩調で近づいてくる。
「よう、タクシーいるの?」
…大きなお世話だ!
行き成り背後から、ヌーッと現れる奴もいる。
何はどうあれ、キビキビと、
それでいて注意深く歩くことが肝要である。

人がたくさん出入りするところには、必ず彼らのような「俺のやりたいようにやるさ」的な連中が、影のように集まっている。
さらに、
マディソン・スクエア・ガーデンで、
アイスホッケーやバスケットボールなどの試合があるときには、
ダフ屋がこれに加わってくるのだから、
自然、歩調も速くなる。

年末のある日、ニューヨークに宝石の勉強に来ている友人のヨシ君に、
「アイスホッケーを観にいきませんか」
と誘われた。
彼は大学時代にアイスホッケー部にいて、主将までつとめた男だ。



MSGとキャブ4




マディソン・スクエア・ガーデンまで徒歩3分のところに住んでいるにもかかわらず、
それまで一度も中に足を踏み入れたことがなかったので、
ホッケー云々というよりも、
「なかは、どーなっているのだろう?」的な、
子どもの好奇心そのもので出かけてみた。

だが、窓口にいってみると当然のようにチケットは売り切れ。
シーズン開幕から絶好調のニューヨーク・レンジャース(Rengers)のカードは、一ヶ月で売り切れたという。
すると、
「大丈夫、ダフ屋がいますから」とヨシ君。
彼の後についてマディソン・スクエア・ガーデン沿いの34th St.にいってみた。

いるいる!
東京でいうなら武道館の周りに集まっているダフ屋のようなものだ。
口々に、
Check it out. Check it out! (ほらほら、みてみて)
と元気のよくない、呟くような声で道行く人たちに声を掛けている。
警察官があちこちにいるので、彼らも堂々と声をあげられないようだ。

ヨシ君とふたりで、その中のひとりに声を掛けてみた。
するとどうだろう、
あっという間に4、5人のダフ屋が我々のまわりに寄ってきた。それぞれの手には何枚ものチケットが握られている。
「どんな席がいいんだ」、「二人だな」
と、それぞれが先を急ぐかのように、自分の持っているチケットを差し出してくる。

我々はその中から、一番よさそうな席のチケットを選んだ。
一枚25ドル…。果たして高いのか、安いのか。

そう思い、窓口にいって実際の値段を見て驚いた。
「A席、25ドル」
正規の料金と一緒だった。
「奴ら、いったい何で儲けてるんだ?」
と思ったが、考えるのをよした。
You should check it up.
ダフ屋も要チェックだ。

(飯村和彦)




newyork01double at 09:50│Comments(8) ニューヨーク | カッコイイ英語

この記事へのコメント

1. Posted by 愛犬家   2005年11月23日 12:08
飯村さんの記事の展開にはいつも吸い込まれるように、一気に読んでしまうのですが、今日はちょっと肩透かし(笑)。日本人のダフ屋の方がよほど抜け目がないかも・・・ですね。
2. Posted by 飯村和彦   2005年11月23日 14:54
>愛犬家さま
ははは。(笑)
ニューヨークのダフ屋は、広域暴力団的ではないのかもしれませんね。
3. Posted by 小鳥ちゃん   2005年11月23日 17:57
間抜けなダフ屋さん。いますねー、たまにそんな人。きっとお疲れだったんでしょう。
小鳥ちゃんのアパートも、マディソンスクエアガーデンまで、徒歩5分・・・くらいかな。
4. Posted by 飯村和彦   2005年11月23日 19:14
>小鳥ちゃんさま
ほほほう…、そうですか。マディソン・スクエアの近くだったのですか、小鳥ちゃんの「巣」は?!
一帯を徘徊する「路上の大型鳥」にいじめられないように!
5. Posted by かえで   2005年11月24日 07:48
おはようございます。
ほんとに ダフ屋さんたちってどうやって儲けてるんでしょうか?
知りたいです・・・w解ったら是非教えてくださいね^^

ではお気をつけて行ってらっしゃいませ(・_・)ノ▽"フリフリ
6. Posted by 飯村和彦   2005年11月24日 07:56
>かえでさま
ありがとうございます。アメリカの方からも出来るだけ記事をアップしますので、是非、ご覧アレ!
7. Posted by うさぎ   2005年11月24日 08:46
ダフ屋から買ったら買った方も捕まるのにインターネット上では何故あんな高い金額で人気アーティストのライブチケットが売買されているのか私はとっても不思議です。
8. Posted by 飯村和彦   2005年12月07日 00:53
>うさぎ様
確かに、ネットでのチケット価格は不思議ですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

東京story:「ダブル」秘話〜アルバムの意味〜ご無沙汰です。NYからです!