「猫の王道」happy写真集:週末だから!血塗られた「レッドハウス」:世界風景…[トリニダード・トバゴ]

2005年12月18日

「トラと抱擁」:happy?写真集



きのうに引き続き、
「週末だから!」の写真集。
さて、みんなは、
どの写真が気になるのか?!
で、
どんな想像を巡らせる?



他人事じゃないなあ…!

他人事じゃない、ケーキ



悪くない。
まったく、…いい。
こんなウェディング・ケーキが、
実際にあったら(…あったのか?)どうだろう。

もしかすると、
新郎、気が楽になるかも…。
「夫婦の力関係」をはっきり「表明」することで、
気張る必要がなくなるだろうから。
どう?



窮屈だよ、これじゃ!

窮屈だよ、猫



これはマズいだろう。
窮屈だ。
見ていて、こっちの体がムズムズしてくる。
「囚われの身」にはなりたくない!

しかし、ここに至った経緯が気になる。
やっぱり、
自然に考えれば、
飼い主がハンガーに入れたとうことになるが、
もしかすると、
「猫が自分で…」とい線も、
可能性は低いが捨てきれない。

というのは、
もし、飼い主がこうしたのなら、
「なに? 猫がかわいそうじゃない!」
との反発をかうのは必死だ。
よって、
そうじゃないからこそ、
写真に撮って見せたくなった…と考えたいところだ。

まあ、どうでもいいかそんなこと。
この猫、
とっても、気持ち良さそうだから…。



やってみたいゾ、こんな抱擁なら!

トラとの抱擁



写真の男性、
どんな気持ちなのだろう?
想像するだけで、
わくわく、どきどき…じゃない?

いいなあ。
まったく、羨ましい。
人間とトラが、
それも互いにきちんと向き合って、
こんな関係になれるって…。

でも、このトラ、
「とろん…」とした目なんかしてないよなあ。

中国だと、
「薬」でおとなしくさせた「子供パンダ」を抱っこして、
記念写真が撮れたりするから。

(飯村和彦)






newyork01double at 12:57│Comments(16) 週末だから! 

この記事へのコメント

1. Posted by akchan   2005年12月18日 13:34
こんにちは。久しぶりにコメントさせていただきます。
中々良いウィデングケーキですね(笑)
思わず吹き出してしまいました。
トラと抱擁はびっくりしてしまいました。本物ですよね?
2. Posted by 愛犬家   2005年12月18日 14:18
週末だから!の写真集に嵌っています(笑)
見事なシャターチャンス、凄いですね!!!

一応年末なので、電気のカサを洗って乾して置いたのです。カタカタ音がするので見てみたら・・・雷に怯えたうちのわんこがその中に入って、丸くなって震えていました。可哀相なのにちょっと笑えました〜♪。写真のネコちゃんも、まんざらでもなさそうだし・・・。
3. Posted by 飯村和彦   2005年12月18日 16:14
> akchanさま
ご無沙汰です。
トラの抱擁、本物でしょうね。
ここに至る経緯は、こちらも不明ですが…。
4. Posted by 飯村和彦   2005年12月18日 16:16
>愛犬家さま
電気のカサの中に…犬、ですかあ。
それもいいなあ。
やっぱり、犬や猫、
そんな「個室(もどき)」が好きなんだなあ…。
5. Posted by やっとこ   2005年12月19日 05:51
アハハ
興味深い写真ばかりですね
夫婦の力関係がわかって
おもしろかったです。

テレビ番組、見せていただきました。
警察の怠慢、警察と検察の癒着
不公正な裁判、どれも驚くべき内容でした。
すごく良い番組ですね。
こういう国家権力、警察批判番組をつくって
くださった関係者の方々にお礼を言いたいです。

こういう番組を作れる自由がいつまでも
日本にあることを祈りたい思いです。

ランキング14位になっておられましたね
これからも応援していますね!
6. Posted by kazuirn   2005年12月19日 08:34
ハンガーに入った猫が好きです。
猫ってホントとんでもないことしますよね。
昔、うちの実家の猫が胴体に針金つけて帰って来たことがあってビックリしました。しかも3日間の家出の末に・・・。
正に「囚われの身」かなり辛かったと思います。
飯村さんのチョイスいつも最高。
これからも楽しみにしてますよ〜ランキングにポチ☆
7. Posted by 飯村和彦   2005年12月19日 09:59
>やっとこさま
番組を見ていただけたとのこと。
ありがとうございます。
この手の番組を作り続けていくためにも、
国(=権力)のメディアへの介入を、
排除する必要があります。
「都合の悪い事実は隠し通す」
それが、日本という国の基本姿勢で、
そのためには、
国民を犠牲にすることさえいとわない。
自己保身、組織保全が優先順位第一位なのです。
8. Posted by 飯村和彦   2005年12月19日 10:02
> kazuirnさま
ハンガーの猫、
あながち、「作り物」写真じゃないかも…。
猫って、
そう思わせる「突拍子もない何か」
をしたりしますからね。
「ポチ!」ありがとうございます。
9. Posted by TAKO母   2005年12月19日 12:00
どの写真も面白いですね!!
ケーキとネコちゃんは 意外とありそうだから・・・。
絶対 おそってこないという保証があったら・・・
トラをよしよし してみたい!!
暖かそうだし・・・このトラちゃん かわいい顔してる!
10. Posted by 飯村和彦   2005年12月19日 12:12
>TAKO母さん
トラ、確かに温かそうですよね。
これほど大きくなく、
で、これぐらい本当におとなしいなら、
一頭、身近においても悪くない(笑)。
11. Posted by かえで   2005年12月19日 12:53
楽しい写真ばかりですね〜
トラは本物?と聞きたくなるぐらいw
12. Posted by 飯村和彦   2005年12月19日 13:26
>かえでさま
本物でしょうね、トラ。
どんな経緯で、
ここまで穏やかな態度になったのか、
その点は、ちょっと知りたいですが…。
13. Posted by yooj   2005年12月19日 13:38
ウエディングケーキ、面白いですね!!
何を隠そう来年の11月に結婚予定なので^^
ま、こういう夫婦にはなりたくないですけどね〜(笑)
14. Posted by 飯村和彦   2005年12月19日 19:29
>yoojさま
それはそれは、おめでとうございます。
どんなケーキにするか、
楽しんでください!
15. Posted by chiemi   2005年12月20日 10:03
トラとの抱擁。
トラが「私のものよ」と言う感じに飛びついて、飛びつかれた人が、格闘しようとした瞬間。。。だと怖いですが、この画像からは、そんな感じはしませんね。
お互いに、走り寄ったのでしょうか。白いトラは貴重だそうですね。すごく綺麗。。。。
16. Posted by 飯村和彦   2005年12月20日 12:03
>chiemiさま
まったく「美しい」ものです。
生き物同士の抱擁…
自然の一部とみると、
尚、奥深いですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「猫の王道」happy写真集:週末だから!血塗られた「レッドハウス」:世界風景…[トリニダード・トバゴ]