「神」の椅子?:東京storyNY’90:韓国財閥、御曹司の苦悩

2005年12月21日

NY’90:頑張れ!浅田真央さん



No.25
a fat chance
まず無理。
まあ、そうはならない
ほとんど、見込みがない。


Ex: He has a fat chance of winning.
(彼が勝つ見込みはない)

先々、実現する可能性がほとんどない…という意味あい。
「fat」(=太った、脂っこい、ふくれた、分厚い…)
という言葉の意味からすると、
なんとなく逆の意味のように思えるが、
「a fat chance」は、反語的に使用される。
“将来の夢”のほか、一般的に“可能性がない”
ということを表現したいとき、
是非、使って!



雪
(撮影:息子)



頑張れ!浅田真央さん

フィギュアスケートのグランプリ決勝大会。
「くるみ割り人形」の曲にのり、
氷上の「天使」となった彼女。

しかし、
来年2月のトリノ冬季オリンピックには、
年齢制限のため、出場資格がないのだという。
まあ、このことはみんなご存知のはずだ。

体ができあがっていない時期から、
難易度の高い技を練習すると、
幼い体に負担がかかり、
悪影響のでる可能性があるからだそうだ。

一理ある。

体操もそうだが、
ここ数年、
世界のトップレベルで活躍している女子選手の多くは、
「子供に近い少女」…、といってもいいかもしれない。

柔らかい体をもつ彼らの方が、
大人よりも、
難しい技を習得しやすいから…とも聞く。

しかし、
「技」が全てでもないだろうとも思う。
大技を完璧に決めても、
見ていて、ときに物足りなさを感じるのは、
私だけではないだろう。

もちろん、これは一般論で、
浅田真央さんについていっている訳ではない。

当然のことだが、
優秀な大人の選手には、
成熟した美しさがある。
これは、「技」を越えた「芸術」だと考える。

オリンピックで、
この芸術性が考慮されていないとは言わない。
採点に大きく係わってくることも知っている。
しかし…だ。
そうはいっても、
難易度の高い「大技」の方に、
より比重が置かれているのは間違いないだろう。

そこで、あえて言いたいのは、
年齢制限が、医学的な見地から導入されたのであれば、
それを徹底的に守って欲しいということ。

オリンピックがダメなのに、
世界選手権を除く、他の国際大会には出場できる…
というのでは納得がいかない。
本当に幼い選手の体を気遣っての規定であれば、
とことん子供を守って欲しい。



ピース顔(撮影・息子)



さて、浅田さんの場合とは逆に、
かつて、40歳の男が、
夢よ、もう一度!
…とばかりにオリンピックに再挑戦したことがあった。

男の名前は、マーク・スピッツ(Mark Spitz)。

彼は、1972年のミュンヘン五輪で、
出場した競泳7種目すべてで、金メダルを獲得した、
水泳界の「英雄」である。
ゴールインするたびに両手を高々と上げ、
観衆の声援に応えていた彼の姿を、
記憶している方も多い筈。

そんな彼が、1990年、
突然、その2年後のバルセロナ五輪(1992年)に出場すべく、
猛特訓を開始したのだ。
年齢は40歳。
自宅近くのロサンゼルスのプールで、
自分の半分ほどの年齢の選手たちに混ざって、
きつい練習を続ける彼の表情は真剣そのものだったが、
その姿は、痛々しくもあった。

He has a fat chance of winning.
(彼が勝つ見込みはない)

代表選考会を兼ねた競技大会に出場する彼に対し、
全米メディアはそう伝えていた。

7つの金メダルをとり、
地位や名誉ばかりではなく、
信じがたいほどの富をも得たマーク・スピッツ。
そんな彼が、なぜ…。
その理由を、マーク自身はこう語っていた。

「自分の人生において、もう一度、
それまで誰も成し得なかったことをやりたいだけだ」

一度、偉業をやってのけた人間にしか分からない、
凡人には推し量れない、
「決意」だったのだろう。
狙いは、「100mバタフライのみ」だともいった。

さて、その結果はどうだったのか…。

彼自身の決意むなしく、
マーク・スピッツは、予選会で沈んだ。

そこで、一つ考えたことがあった。
惨敗の理由だ。

40歳という体力的な面もさることながら、
偉業を達成する上で、
能力以外に不可欠な「運」を、
彼は、
既に使い果たしていたのかもしれない…と。

(飯村和彦)






newyork01double at 11:52│Comments(20) 息子が撮った写真! | カッコイイ英語

この記事へのコメント

1. Posted by りんりん   2005年12月21日 15:04
予選落ちだったとしても
40で、まだまだって思える彼は素晴らしいですね。
2. Posted by hono   2005年12月21日 18:05
こんばんわ。
先日、アメリカのテレビでフィギアスケートNHK杯放送していて、私は村主章枝さんのスケートに鳥肌が立ちました。まさに「美しい」芸術だったと思います。それと、彼女の精神力の強さが、すばらしい。あの強さはちょこっと練習したり、一回躓いたくらいじゃ培えないものだし、そこから復活した強さ、想像も出来ないけど、なんか、私までウルって、きちゃいました。
3. Posted by hana♪   2005年12月21日 20:43
浅田真央ちゃん(あえてちゃんで)の決勝大会
「くるみ割り人形」でしたね
本当に天使のようでした^^
途中で「こんぺいとうの踊り」に変わった時は
小学3年の娘が「私がピアノで弾いた曲だ!!」と喜んでいました^^
オリンピックというものは。。。いつも色々何かありますよね・・(-_-;
4. Posted by 飯村和彦   2005年12月21日 21:34
>りんりんさま
同感です。
「40」でも挑戦! いいですよね。
5. Posted by 飯村和彦   2005年12月21日 21:36
>hono さま
村主さんの精神力の強さ、
これは折り紙つきらしいですね。
次回の全日本選手権、楽しみです。
6. Posted by 飯村和彦   2005年12月21日 21:46
>hana♪ さま
浅田真央「ちゃん」、
数ヶ月差で五輪に出場できない!
残念だ!という論調多いですね。
けれども、
こればかりは他人がとやかくいう話じゃない。
オリンピック委員会の問題。
きちんとした組織であれば、
「きちんと」対応できるはず。
もし、それが出来ないのなら、「年齢制限」を設けた理由が問われてきます。
医療的な見地ではなく、「お金」絡みの思惑などがあったのなら、年齢制限など論外でしょうし…。
7. Posted by kawasa   2005年12月21日 21:58
浅田真央ちゃんがんばれ。

オリンピックの年齢制限は、医学的見地からの設定とは勉強になりました。
また、世界選手権などもオリンピック規格に準ずるべきだとわたしも思います。
下手に、期待をもたすような大人が嫌ですね。
8. Posted by 飯村和彦   2005年12月21日 22:23
>kawasa さま
きちんとした理由があるのなら、ルールは厳格に運用すべきなので、
第三者がとやかくいう話じゃないですよね。
でも、繰り返しになりますが、
その理由が、矛盾を含むのであれば、ルールを設けたこと自体が問題になるので、まったく別の話になります。
さてIOCは、きちんとした説明ができているのでしょうか?
9. Posted by アキラ   2005年12月21日 22:46
空の雲にちょっと驚きを…。
自然雲ではなく、飛行機雲でしょうか。

マークさんはきっと生活の中での充実感みたいなものが欲しかったのではないでしょうか。
水泳が彼自身の存在を感じさせてくれる物事だったような気がします。
そう思うと、スポーツは酷ですね、いつか必ず引退しなければならなくなる。
生きることの残酷さみたいな事をふと考えてしまいました。
10. Posted by 飯村和彦   2005年12月21日 22:52
>アキラさま
雲は「飛行機雲」です。
小型機が青空に、「スマイル」マーク(…ピースマークだった?)を描いていたのを、
「息子」が撮影したものです。

ところで、「引退」
ある人たちには、スポーツの世界での引退が、
「人生における引退」に思えてしまうのでしょうね。
マークがそれにあたるかどうかは分かりませんが、
おっしゃるとおり、
それほど、スポーツは「酷」なのですね。
11. Posted by 十一月うさぎ   2005年12月21日 23:29
こんばんは、十一月うさぎです。
先日と先々日、当ブログにコメントを書いてくださってありがとうございました。
飲酒のコメントに関しては、ちょっぴり和彦さんの意外な一面がお読みできて、嬉しかったですね(笑)

オリンピックの規定、過去の経験に基づき定められていると、わたしは思います。
ですから、浅田真央ちゃんの件は遺憾に思いますが、無理でしょうね。
でも、グローバルな視野から見ますと、日本だけが騒いでいるような気がいたします。

「くるみ割り人形」の曲が流れた時、貴ブログの家族で毎年観に行く「くるみ割り人形」の記事を思い出しました。
12. Posted by むーみん@ママ   2005年12月22日 00:14
浅田真央ちゃん、とても輝いていますよね。
オリンピックの事で騒がれていますが、
私は、きっと彼女自身、そんなに気にしていないのでは
ないかと、希望的観測をしています。
彼女の演技には、競争意識よりも、
氷の上で舞う事への楽しさが、体中にみなぎっているきがするのです。

しかし…
>年齢制限が、医学的な見地から導入されたのであれば、
>それを徹底的に守って欲しいということ。
>オリンピックがダメなのに、
>世界選手権を除く、他の国際大会には出場できる…
これには、私も納得がいきません。
彼女が、そして世間が納得いく、姿勢をみせて頂きたいものです。
13. Posted by 小鳥ちゃん   2005年12月22日 00:58
浅田真央ちゃん、見たかったのですが
まだ実際滑っているところを見てません!
でも、こちらの新聞での写真を見る限り
可愛いし、楽しく滑ってそうでいいですね。

某新聞の記事しか読んでないので何とも言えませんが
トリノだけを目指して頑張ってきた選手もいるから
年齢制限はちゃんと守るべきだと思います。
真央ちゃん本人も、「トリノの次」でいいって
言ってるみたいですし。

年齢制限が「医学的な見地から」というのは、
その新聞記事には書いてなかったので、
初めて知りました。
もしそうなら、本当に他の大会でも徹底するべき、
だと思います。重要なことです。
14. Posted by カメ   2005年12月22日 05:03
私も年齢制限が医学的見地から、というのを聞いて、じゃあなぜ今この子は滑っているの?こんなジャンプとか難易度の高い技をずっと練習してきただろうに、それはいいの?と疑問に思っておりました。飯村さんのおっしゃる通り、そういう基準があるなら、すべての場で、徹底すべきですよね。15歳以下の子には、これこれの技はさせてはいけない、とか。・・・オリンピックだけダメ、というのがひっかかりますね。まあ、真央ちゃんは、まだこれからもチャンスがあるから大丈夫と思うけれども、もしもう何ヶ月か早く生まれていたら、間違いなく出ていたことを思うと、次まで4年もあるというのは、長い気もしますね。
私が気になるのは、その後のスピッツさんです。スポーツ選手って、やめ時が難しいですよね。普通なら、人間として充実し、中堅として活躍する年に、引退を考えねばなりませんから・・・
15. Posted by 愛犬家   2005年12月22日 10:32
真央ちゃんは、まるで妖精のごとくでしたね。「オリンピックに、真央ちゃんを出場させて」と言う電話が殺到して、事務所も仕事にならないとか・・・
規定を曲げないときっぱり言い切っていたのは、当然ですね。まだあどけさの残る真央ちゃんが、どんどん成長するこれからが楽しみ〜。

引き際を大切にして欲しい・・・特にスポーツ選手の場合、私はそう思ってしまうのですが、
周りから何と言われようと、自分の可能性や運をも信じれるなんて、素晴らしい事なのかもです・・・。
16. Posted by 飯村和彦   2005年12月22日 10:58
>十一月うさぎさま
理由が明快なら、
それに基づいて、粛々と…。
それ以外、ありませんよね。
17. Posted by 飯村和彦   2005年12月22日 11:03
>むーみん@ママ さま
「…彼女の演技には、競争意識よりも、
氷の上で舞う事への楽しさが、体中にみなぎっている…」
まったく同感です。
それがまた、パフォーマンスに「華」を添えている。
そんな彼女を、
周囲の大人が、
きっちっと守ってほしいものです。
18. Posted by 飯村和彦   2005年12月22日 11:06
>小鳥ちゃんさま
徹底すべき…ですよね。
あやふやで、
ご都合主義なところがあるので、
いらぬ議論が巻き起こるのでしょう。
本人にとっては、
迷惑千万!! じゃないのかなあ。
19. Posted by 飯村和彦   2005年12月22日 11:10
>カメさま
「…普通なら、人間として充実し、中堅として活躍する年に、引退を考えねばなりませんから…」
ご指摘の、この部分がアスリートみんなが葛藤するところなのでしょうね。
数日前にオリックスと契約した、
プロ野球の清原選手にしても、中村選手にしても、
そのところの判断が難しかったのでしょう。
いい悪いではありませんが、
「潔さ」
も、多くの場合「美学」ですから。
20. Posted by 飯村和彦   2005年12月22日 11:14
>愛犬家さま
己の「運」を信じて、
限界に挑戦する…、
それも大事な「決断」。
そこまで信じることのできる「何か」が、
もし、自分の中にあるのなら、
みんな、精一杯頑張ってほしいものですね。
それも、また「美学」でしょうから。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「神」の椅子?:東京storyNY’90:韓国財閥、御曹司の苦悩