心底やりたいこと、ある?ガラスの猫!

2005年12月29日

季節の「歓喜」:第九




季節もの…
ということで、
ベートーベン「第九」を聴きにいった。


第九


東京ニューシティ管弦楽団。
より、
創作当時に近い「音」を…
というのが、テーマだったらしい。

具体的には、
ベートーベンが200年近く前に書いた譜面に、
より忠実に。
さらには、演奏様式も「古典奏法」を用いて、
当時の演奏様式に近づける「努力」をしたという。

しかし、
そう言われても、
何が「古典奏法」なのか分かりにくい。

例えば、第三楽章。
多く場合、
「ヴィブラート」をめいっぱいかけて、
叙情たっぷりに演奏されるのを、
ここでは、
「弓」独特のニュアンスだけで表現したそうだ。


ベートーベン
           ↑
   「ブライトコップ社の新版(楽譜)を使用した
   現時点では唯一の録音らしい…」


いってみれば、それぞれが、
「これがいい!」
と思う方法で、ベートーベンに向き合っているということだ。
原点に回帰すべく演奏技術を高めるのも、
新たな創造性を付加して演奏の新境地を探すもの、
共に、「芸術」なのだろう。

とは言っても、
クラシック音楽にまったく通じていない私などは、
演奏の途中で「半分眠る」ことを、
実は、「歓び」としている。
言っておくが、あくまでも「半分」!
これが、とっても心地いい。

で、ある時、
やおや覚醒して、壇上の演奏家たちをつぶさに観察する。

今回は、
出番の少ない、
「トライアングル」と「トロンボーン」が、
気になって仕方なかったけれど、
さすがプロ…、
やるときは、やった。

子供たちはといえば、
ソプラノの女性の艶やかな衣装、
バリトンの男性の「無表情」な顔つきが、気になったようだ。

(飯村和彦)

ranking←宜しく、お願いします!

newyork01double at 21:35│Comments(12) 東京story 

この記事へのコメント

1. Posted by ハル   2005年12月29日 22:16
飯村さん、こんばんは☆

第九の鑑賞、素晴らしいですね!

楽器によってはかなり長時間待たされることがあります;
(オケ乗りにとってはかなり退屈です)

第九では合唱もそうですよね。合唱までの時間、ずーーっと団員は待ちぼうけですー@_@

もう第九の時期になったのだなぁと飯村さんのお話を聞いて感じました^^
2. Posted by kazuirn   2005年12月30日 08:38
年末といえば、第九ですね。
今年は飯村さんのブログに出会って視野が広がりました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎え下さいませ。
3. Posted by chiemi   2005年12月30日 09:32
おはようございます。今日で仕事納めです。
年末年始は、混みあうでしょうから、
少し早いですが、ご挨拶に来ました。
『飯村さんにお会いできて、沢山の事を情報発信していただきました。勉強になること・深く考えたこと・笑ったこと・感心したこと・可愛くて素敵だったこと・・・本当に有意義でした。ありがとうございます。来年もどうか、宜しくお願い致します。』
良いお年をお迎えください。益々のご活躍を楽しみにしております。
4. Posted by 飯村和彦   2005年12月30日 11:55
>ハルさま
おっしゃる通りですね。
合唱も、ずっと待ちぼうけ。それもきちんとした姿勢で…。
大変です。
でも、それも「風景」だから、また楽しい!
5. Posted by 飯村和彦   2005年12月30日 12:02
>kazuirn さま
こちらこそ、様々な思いや意見…
ありがとうございました。
ブログ開始当初からお付き合い頂き、
感謝で一杯です。
今後とも、宜しくお願いします!
6. Posted by 飯村和彦   2005年12月30日 12:05
>chiemiさま
こちらこそ。
玩具に日々の言葉、とっても楽しみにしています。
明日、大晦日…、そして新年。
素敵な時間をお送りください。
7. Posted by リョウ母   2005年12月30日 13:01
コメントをありがとうございました。
格調高いブログを 書いていらっしゃる飯村さんが
私のような 雑記帳まがいで 民度の低いブログに
来ていただき 感謝いたします。
私も 第九は 好きですが CDなどで聴くだけで
生で聴いたことはありません。
どうぞ よいお年を お迎えください。
8. Posted by 飯村和彦   2005年12月30日 13:52
>リョウ母さま
なにをおっしゃいますか…。
はじめた間もない当ブログに、
素晴らしいコメントを寄せていただき、
ありがとうございました。
来年も宜しくお願いします!
9. Posted by nana   2005年12月30日 13:56
5 いつもコメントくださりありがとうございますm(_ _)m
今年は飯村さんのブログに出会えて良かったです。
まだブログを始めたばかりですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
それでは、良いお年をお迎えくださいね♪
10. Posted by 飯村和彦   2005年12月30日 14:08
>nanaさま
私にブログを初めて、まだ2ヶ月半ですから。
来年も、たくさん、好きなことを書き込んでください。
私も、バンバン、皆さんのブログに書き込みます!!
11. Posted by 小鳥ちゃん   2005年12月31日 09:27
飯村さま
いいですね〜、第九。
一家全員で出かけるというのが、いかにも年の瀬。
やはりこういうのは家族で出かけるのが楽しいですよね。
でもって、飯村さんの視点にとっても共感です。
小鳥ちゃんも、ついつい演奏してる方たちの観察しちゃいます。(笑)
シンバルの出番を知ってる隣の演奏者が、シンバルが出てくると
耳をふさいじゃったりするのを見るのが好き。
12. Posted by 飯村和彦   2006年01月03日 16:21
>小鳥ちゃんさま
その場で演奏してい人たち、
特に、なかなか楽器に手をかけず、
出番を待っている人、
気になりますよね。
で、ここという時にピッシッと演奏する。
…とほっとします。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

心底やりたいこと、ある?ガラスの猫!