ラブレターではないけれど…NY’90:新型インフルエンザと「タミフル」の関係

2006年01月05日

猫使いと影法師




無事、新年を迎えた「ダブル」と一匹。
今年も、
軽快なステップを踏みながら、
あちこち「疾走」するに違いない。





まだ、小さいけれど…

猫らしい足






そこにいた? ヨロシク…

猫の視線






娘、猫使いになる!
猫使い








息子の影だ!

僕の影だ!




最後の写真は、
息子が「自分」を撮影した。

「…父さん、影、こんなに長いよ!」

その声には、
ちょっとした驚きが混じっていて、
父は、
訳もなく嬉しくなった。


娘は娘で、
ミルキーと同じ目線の高さで遊んでいる。
いい感じ…。

今年も、
あれこれあるに違いない。
「日常」
やっぱり、楽しい!

(飯村和彦)

ranking←ご協力を…お願いします!




newyork01double at 13:21│Comments(19) 家族/ 子育て | 猫の話

この記事へのコメント

1. Posted by TAKO母   2006年01月05日 14:37
ご無沙汰しておりました!!ごめんなさい!
遅ればせながら・・・
明けましておめでとうございます!!
今年も飯村ファミリーにとっていい事がたくさんありますように!

なんだか ほのぼのいい写真がいっぱいです!!
暖かい家族の・・・・・お父さんと子供さん達の
会話が・・・聞こえてきそうな・・・そんな感じです!!
今年も素敵なブログ期待してます!
遊びにこさせていだたきますね!!
どうそ よろしくお願い致します!
2. Posted by 飯村和彦   2006年01月05日 15:02
>TAKO母さま
こちらこそ、
本年も宜しくお願いいたします。
いつでも、どこでも、子供たちは、子供たちらしく、
闊達です。
そんな日常が、どこの、どの家族でも…
続いていくことが、みんなの願いですね。
3. Posted by リョウ母   2006年01月05日 15:46
こんにちは。
なが〜い影に 驚いている息子さんの姿が
目に見えるようです。
いい写真ですね〜。
4. Posted by 飯村和彦   2006年01月05日 16:18
>リョウ母さま
息子は、ときどき、
父親の私がびっくりするような写真を撮ります。
気になったものに対しては、
躊躇なくカメラを向けてシャッターを切ります。
好奇心の塊ですね。
5. Posted by りんりん   2006年01月05日 17:07
ほんとに何でもない日常の中に幸せってありますよね。

ネコ使いになった娘ちゃんや
足長おじさんになった息子ちゃん。

いい写真ですね♪
6. Posted by 飯村和彦   2006年01月05日 18:08
>りんりんさま
そうですね。
全ては日常の繰り返しからです。
昨日と違う、今日。
でも、「日常」
7. Posted by kawasa   2006年01月05日 20:45
あけまして
  おめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

子供の驚き!!
 子供ってよく見ていますね。
いつ、そんな心を
 置いて来たんでしょうね
・・・私たち。

そんな天使を身近で見守れる
幸せ・・・ありがたいことですね。
8. Posted by アキラ   2006年01月05日 21:14
「日常」が楽しいということはいいですね!
人生いつでも楽しくいたいものです。
僕は今一人暮らしですけれど、家族がいることやお子さんが元気をくれたりすること、とても大事なことだと思います。
子供の目線がたくさんのことを気付かせてくれることあるのではないでしょうか。
今年も楽しんで「疾走」してください!
9. Posted by やっとこ   2006年01月06日 05:02
なんだか、すごく温かい気持ちになれました。

愛する家族があるって、いいですねo(^-^)o
10. Posted by kazuirn   2006年01月06日 08:36
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
子どものいる日常の風景、私も大切にしていきたいです。
11. Posted by hana♪   2006年01月06日 10:05
飯村さんが撮った写真はもちろんですが
息子さんが撮った写真も
すごく素敵ですね♪
4枚の写真に引きつけられてしまします。
12. Posted by 飯村和彦   2006年01月06日 11:10
>kawasa さま
まったくです。
いつ、どんな時に、あの溢れ出る好奇心を減らしているのでしょう。
失ったとは考えたくありませんが、大人になると邪魔するものが増えてしまうのでしょうね。そんなもの跳ね返せばいいのだけれど、なかなかそうできない。
歯がゆいところです。
13. Posted by 飯村和彦   2006年01月06日 11:15
>アキラさま
「ぐずぐずしても性がない…」
ニューヨークで射殺された親友の口癖でした。
よって、
思いのまま、家族や友人と共に疾走する、
せめて疾走してみる…。
きっと楽しいはず。今年もそれが目標ですね。
14. Posted by 飯村和彦   2006年01月06日 11:22
>やっとこさま
家族のためであれば、自分の命を差し出せる…。
けれども、ただ黙って差し出す訳じゃない。
最後の最後まで、家族を守るために生きるはず。
これって、間違いなく、みんなの心の底にあるものなのでしょうね。
15. Posted by 飯村和彦   2006年01月06日 11:23
>kazuirn さま
大切なものは、いつまでも、
大切なままにしておきたいですね。
16. Posted by 飯村和彦   2006年01月06日 11:25
>hana♪ さま
子供は、大人には絶対撮れない写真を簡単に撮ります。
ときに、憎らしいほど、羨ましくなります。
で、とっても嬉しい。
17. Posted by 小鳥ちゃん   2006年01月09日 09:07
飯村さん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます!
ワンちゃん、大丈夫だったでしょうか〜。
思わず、「抵抗しよーよ!」って声援かけたくなっちゃったです・・・(笑)
18. Posted by 小鳥ちゃん   2006年01月09日 09:08
飯村さま、小鳥ちゃんとしたことが、「赤ちゃんに食べられてるワンちゃんの記事」にコメントするつもりが、なぜだかこんなところにコメント書いちゃいました・・・時差ぼけのせい、ということで。
19. Posted by 飯村和彦   2006年01月09日 12:59
>小鳥ちゃんさま
良くあることです(笑)。
今年も宜しくお願いします!

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ラブレターではないけれど…NY’90:新型インフルエンザと「タミフル」の関係