鏡の向こう側…心の青空を求めて!出発…それは少し死ぬこと

2006年01月24日

詐欺師の末路…ホリエ的集団



No.30
a con man
セコイ詐欺師
ずるがしこい悪党


口八丁、手八丁で相手を騙して、
セコイ金を巻き上げる…
ずる賢い悪党のこと。

ホームレスのフリをして「I love NY」のカップなどを差しだし、
小銭を頂戴しておきながら、
夕方、タクシーで家路につくような輩から、
噴飯極まりない、
ずるがしこい悪党まで…。
ともかく、セコイ詐欺師は…「a con man」


NY


詐欺師の末路…ホリエ的集団

逮捕容疑が事実だとすれば、
IT業界、最低最悪の「a con man」である。

扱っていた金は巨額だが、
小銭を騙し取る、ニューヨークの悪党より、
何億倍もセコく、ずる賢い。

先日、渋谷の街を歩いていると、
ストリートボーイズたちのこんな会話が聞こえてきた。

「やっぱ、株でしょ、儲けるなら」
「今、買い時だよね」
「本当?」
「ネットでカチャカチャ…」
「結構な金になる」
「うそ、俺も株の勉強しよう」

正確な文言ではないが、
まあ、こんな会話だった。

堀江貴文容疑者は、彼自身だけではなく、
多くの「ホリエ的人間」を誕生させた。
「ネットでカチャカチャ…」
それで大金が転がり込んでくると本気で思っている。

冷静に考えれば、
歪みきった話である。


ホリエ逮捕


「人生ゲームM&A」だって?
それが発売から10万個以上も売れているんだって?
なんだろう…
この空虚な気持ち。

かつて、
似たような心境に陥ったことがあった。
あれは、
「オウム事件」を取材しているとき…

「オウム的な集団」と「ホリエ的な集団」
質はまったく違うが、
漂う空気は、どこか似ている。
「マネー」と「麻原」
信じたものは違っていても、
虚飾性という意味では、同じしゃないか?

人を騙してなんぼ…。
ああ、情けない。

(飯村和彦)

ranking人気ブログランキングへ


newyork01double at 11:00│Comments(16) カッコイイ英語 | 東京story

この記事へのコメント

1. Posted by 子連れ狼   2006年01月24日 11:49
昨日ニュースを見ていた時、夫が「なんか、オウムみたい
だよね」とつぶやき、私も、「そうそう、雰囲気似ている
よね」と話していたところでした。

みんなで踊っている映像なんて、特にオウムダンスを彷彿と
させて・・・。

虚像は大きいけど、実態は若者達が「なんだ、俺でも
できるじゃん」と、ノリでやりつづけただけの不思議な
集団だったのかもしれません。
2. Posted by 三つ子姫のママ   2006年01月24日 13:03
いつかはこうなるんじゃないかなと思ってました。
人生そんなに甘くはないですよ…
あの忘年会の映像、宗教集団としか思えない…
3. Posted by やっとこ   2006年01月24日 19:29

この事件、本当に情けない話ですよね(>ω<)

ただ、私がすごく気になるのは、この事件の
強制捜査のタイミングです。

かなり前から調査をしているのであれば、
別に、あの耐震偽造問題の証人喚問の
直後でなくてもいいはずです。

そこにある意図を感じてしまいました。

あの後、世論がもりあがり、欠陥マンション
業者から金を吸い上げていた政治家を
証人喚問や参考人招致に出せという声が
大きくなるはずだったと思います。

でも、このセコイ犯罪のせいで
マスコミ報道がホリエモン一色になって
しまったことが残念でなりません。

私は、この事件でホリエモンばかり注目する国民の
姿を見ては、腹をかかえて笑う悪人どもの笑い声が
聞こえるような気がしてなりません(>ω<)

4. Posted by 飯村和彦   2006年01月24日 21:40
>子連れ狼さま
まるほど…。
やはり、似たような印象をもっていた人もいるのですね。
何かに「憑かれた」人間の様というのは、似てくるのでしょうかね。
5. Posted by 飯村和彦   2006年01月24日 22:27
>三つ子姫のママさま
私が「オウム的」な印象をもったのは、ここ数年、何度かあった彼らの記者会見を見ていての印象でした。
特に、堀江容疑者の「側近」と呼ばれている人たちに対してです。
「忘年会の様子」については、極めて俗っぽい、泥臭いパーティだったので、私はオウム的とは感じませんでしたが、 若い連中の集団パフォーマンスということで、昔のオウム(選挙の時?)を思い出した人もいるのでしょうね。
6. Posted by 飯村和彦   2006年01月24日 22:36
>やっとこさま
確かにあの強制捜査のタイミングは引っかかりますね。
どうして耐震偽装の証人喚問の日だったのか…。
予断は禁物なので、ここで多くは書きませんが、このような事例を見るときの「とっかかり」は、この件で「誰が一番得をしたか、または得をするか…」ということです。
小嶋社長と関係があった自民党森派(=首相周辺)ですか?
堀江社長と関係があった首相周辺(=自民党森派)ですか?
…この辺りを入り口に、徐々に細部を見ていく必要があるようですね。
7. Posted by カメ   2006年01月25日 13:45
私は政治経済に疎いので、この件に関して、いろいろ感じるところはあるものの、はっきりとは自分の意見を述べないで来ましたが、飯村さんの文章や皆さんのコメントを読み、自分の感覚も間違っていなかったとほっとしています。
ただ、私は正直に申しますと、プロ野球参入の頃のホリエモンは、スマートに賢くやる三木谷さんなんかより、かえってぶきっちょで、無謀なところに好感を持ったのも事実で、むしろ、彼を祭り上げる政治家やらマスコミやら、彼のような目立つ存在の陰で巨額のお金を動かして成功者と嘯くネットトレーダーなどの方が、うさんくさく思っていたので、今回の騒ぎを、最初は、それみろ、と意地悪く思っていたのですが、だんだん、ホリエンモン一人を悪者にして、また隠れていってしまいそうで、そういう表に出ない、もっと大きな罪人や勘違い人間たちは、結局うまくすりぬけていってしまうような気がしてきて、再び不快になっています。
8. Posted by 飯村和彦   2006年01月25日 23:04
>カメさま
言わんとするところ、良く分かる気がします。
「既得権益」と闘った堀江貴文という男は、立派です。旧態依然とした、しがらみだらけの日本社会に、勇躍斬り込んでいった姿に感服したのも事実です。
けれども、その一方で、人を欺いていたとすれば言語道断、不快極まりない話です。
今後の捜査、そしてもし起訴されるのなら、その後の裁判を注目していくしかありませんね。警察・検察情報だけを鵜呑みにする訳にもいきませんので。
9. Posted by アキラ   2006年01月25日 23:07
堀江氏はメディアとともに成長したように思います。
きっとあるとき堀江氏はメディアを使うことでの効果を学んだのでしょう。
オウムもメディアで自己主張をするようになってから次第に凶悪になっていったように思います。
他の国はわかりませんけれど、日本の場合、特にテレビメディアの影響力は大きいと思います。
バラエティ番組とかで堀江氏を使ってきた人はいったい今どういう気分でいるのでしょう。
きっと何事もなかったような感じでいるように思います。
すいません、飯村さんに苦言を呈しているわけではありませんのでご了承ください。
しかし、メディアはある種、日本人の代表でもあるわけで、それは自分自身を見ていることなのかもしれません。
なんか変なコメントを書いてしまいました…。
すいません。
10. Posted by 飯村和彦   2006年01月25日 23:20
>アキラさま
おっしゃりたいこと、よく理解できます。
私たち、メディアの責任は重いです。
容疑となっている違法行為については知らなかったとしても、彼の戦略(知名度を上げるという一点に尽きる!)を知りつつ、堀江氏をいいように引っ張りまわし、利用したのですからね。
これは日本のメディア、特にテレビの最低最悪なところです。先の衆議院選挙の時も同じです。
この点については、きちんと反省です。それしかありませんね。
11. Posted by ハル   2006年01月25日 23:47
飯村さん、こんばんは☆

堀江は結論からしたらあんな人ですが、少なくとも今の若い層に政治的な関心、企業に関しての関心を持たせたと思います。
ただ、何でもお金で買えるという堀江の考え方はどうかと思いました。人の心まで買えると思ってたのでしょうね。
40億で総理大臣になれるとか言ってましたし;
12. Posted by さんぱつや   2006年01月26日 03:40
まぁ、せこい悪党だったのかもしれませんが、
タイミング的には生贄でしたね。

国民が他の事をネグレクトして一点を見ている不安感があったのですが、同じ感覚を持つ人も少なくはなさそうだとここのコメントを見ていて思いました。

建築関係の事もそうですが、そのほかにも、色々と・・・
有りそうですね。
混乱に乗じて変な法案やら・・・制度の改正やら・・・
こそこそ こそこそ 気配があちこちに。
 
13. Posted by 飯村和彦   2006年01月26日 11:49
>ハルさま
「…40億で総理大臣になれる」
彼一流のハッタリだったのかもしれませんが、
もしかすると、
本気でそんな幻想を抱いていたのかも…。
10年後、20年後に話を聞いてみたいものです。
14. Posted by 飯村和彦   2006年01月26日 11:57
>さんぱつやさま
混乱に乗じて、またまた既得権益者が得をするような各種の「規制法案」が出来上がりそうですね。
それとは別に、
ライブドアと「闇の人たち」の繋がりが気になるところです。金が集まるところには必ず顔をだす輩ですから。
市場での錬金術で生まれた資金に、あの人たちが群がっていた可能性は十分ある。
15. Posted by さんたん   2006年01月27日 14:16
ほんと、ホリエモンにはがっかりです。
飯村さんのこの記事すごく共感しました。
人を欺いて金儲け
そして
「お金で買えないものはない」・・かぁ。
悲しいですね。
それにまとわりついて 崇め奉った
マスコミ、それを見て喜んでいた私。
う〜ん。
ともかく今は真実を知りたいです。
16. Posted by 飯村和彦   2006年01月28日 11:16
>さんたんさま
「大騒動」が一度収まり、
昼間の番組やタレントが司会をしているような番組が「ライブドア」を扱わなくなった頃が大事です。大事なことは、少し時間差をもって表に出てきたりしますから。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

鏡の向こう側…心の青空を求めて!出発…それは少し死ぬこと