ひょうきんな顔をした鳥こんにちは…岡本太郎さん!

2006年02月04日

猫のミルキー、無念なり!




ミルキー、
残念ながら、
エリザベス・カラーを装着することになった。
無念!!!



カラー正面


縫合部分が卵型に膨れたので、
獣医師に診せた。
すると、
「縫合した、
腹膜と筋肉の間が腫れているようだ」
とのこと、

原因は、
彼女が、縫合部分を、
ペロペロと舐め過ぎたことだという。
綺麗好き…だからなあ。



はずしたい!


当然、外したい。
で、
後ろに下がりながら、
カラーを首から外そうとした。
すると、
これが、一度成功してしまった!




上を見て


だが、すぐに元通りに…。
少しづつ、諦めの境地へ…。




ひょうたんで遊ぶ


なぜか、ひょうたんが転がっていて…。
一応、手をだす。




エリザベスカラーと光


けれども、
大好きな梯子の上に登るのは、
一苦労。
運動性が格段に落ちたのだ。

視野が急に狭くなる…ということは、
やはり、
相当な負荷。

だが、4、5日はこのままなのだそうだ。
ミルキー、不機嫌なり…。


rankingご協力を…、お願いします!

(飯村和彦)


newyork01double at 15:06│Comments(4) 猫の話 

この記事へのコメント

1. Posted by リョウ母   2006年02月04日 20:25
ネコちゃん わずらわしいのでしょうね〜。
気の毒だけど 少し我慢してもらうしかないですね。
うちのワンコも 手術したことがあります。
うちの場合は 大丈夫でした。
2. Posted by 飯村和彦   2006年02月04日 21:28
>リョウ母さま
そうですね。
我慢してもらうしかありません。
多少重いのか、歩くときは、首を上下に揺らしながら、
よたよたしています。
3. Posted by kazuirn   2006年02月05日 08:18
ヒゲで距離感を測ってる猫にとって
エリザベスは苦痛ですよね
うちの実家の猫は壁や柱に激突してましたね。
もうちょっとの辛抱・・・。ミルキーちゃん、がんばって!!
4. Posted by 飯村和彦   2006年02月05日 22:22
>kazuirn さま
おかしくて、健気なのは、
「エリザベス・カラー」があるのに、
その上から、足で耳の後ろをかいたりする行動です。
いつもの癖というか、本能はついつい出てしまうのですね。
猫…、らしい。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ひょうきんな顔をした鳥こんにちは…岡本太郎さん!