無冠の帝王の「帝王」とは?沖縄・石垣島に到着!

2006年02月16日

猫のミルキー、版画になった!



ちょっとだけ自慢…。
息子の版画が、美術館で展示された。
図柄は、
当然のように、猫のミルキーだ!


乃亞たちのグループ作品


場所は、↓の美術館。
ルソーの絵画などが常設展示されている、
立派な美術館だ。


美術館



さて、↓が息子の版画。
猫の「ミルキー」と熱帯魚の「プラティ」らしい。
彫刻刀をはじめて握り、最初に彫った版画…である。


版画


おどけた表情をした、味のある猫になっている。
びっくり眼のミルキーか…。
あまり多く彫りこまず、「線」で描いてあるところは、
面倒臭がり屋の息子らしい。


作品多数グループ


この展覧会は、
小学校に通う子供たちの作品を集めたもの。
創造性に富んだ、素晴らしい作品が目白押し!

本来なら、
彼らの作品を、一点一点紹介したいところだが、
「ちびっこ芸術家」の権利を尊重し、
このブログへの掲載は控えた。

けれども、その雰囲気ぐらいは伝わった?
子供たちの作品は、
その視点もテーマも対象も…
実に興味深く、面白いものばかりである。


ranking←ひと押し!ご協力を!

(飯村和彦)

newyork01double at 10:18│Comments(15) 猫の話 | ダブル秘話

この記事へのコメント

1. Posted by hono   2006年02月16日 12:29
色使いが「和」ですね。
そのまま浴衣のデザインに使えそう。
ミルキーが金魚に噛み付かれそうな・・・
逆ですねー^^
2. Posted by 愛犬家   2006年02月16日 14:28
美術館に展示されると、さらに作品が大きく輝いて見えますよね、特に自分の子供の作品は(笑)。
息子さんの選んだモデルがミルキーちゃん達!大切な存在なのですね。とってもいい表情です!
娘もコロ美を版画にした事があります〜。中でも一番上手かったです、入選はしなかったけど(笑)
で、コロ美は油絵のモデルにもなりました。その方の個展に飾られて、私達にはずば抜けていい絵に見えました(・・・)
あぁぁぁ・・・ちょっとだけ自慢のつもりが、自慢しまくり〜〜〜失礼しました!
ミルキーちゃんの首の周りがすっきり、良かったです〜。
3. Posted by やっとこ   2006年02月16日 18:44

クリック完了!

息子さんの版画、すごく良いですねo(^-^)o

絵本の表紙にできるくらい、味わいのある
作品だと思いました。

息子さんの版画のでき、良いですよ!
この作品だったら、展示されて
当然だと思いました(^^)

息子さんのこれからがとても楽しみですね('▽')♪



4. Posted by tamami   2006年02月16日 19:00
色使いが素敵です。
藍染っぽくて綺麗ですね。
にしても息子さん、いろんな事に
才能を発揮してますね。
5. Posted by リョウ母   2006年02月16日 20:12
美術館に展示されるなんて すごいですね。
もっと じゃんじゃん おおげさに 自慢して下さい。
近かったら 見に行きたいですよ。
6. Posted by パパZ   2006年02月16日 22:29
ちびっこ芸術家のパワーがびっしびし伝わってきました(*^ー゚)b
息子さんの作品(ミルキーちゃん&プラティ)・・・
なんとも味がありますね(*^_^*)

子どもたちの描く絵って独特の視点、はちきれそうな
パワーがあって元気や癒しをもらうことが多いです(^-^)/
7. Posted by 飯村和彦   2006年02月16日 23:06
>honoさま
確かに…ミルキーが魚のプラティに噛み付かれそうな感じですね。プラティがピラニアに姿を変えたよう(笑)。
可笑しいですね、子供の表現というものは…。
8. Posted by 飯村和彦   2006年02月16日 23:16
>愛犬家さま
そうなんです。
我が子や、我が家の猫が表現の対象になったりすると、
それはもうワクワクものです。
今回のテーマは「思いを重ねて」ということだったらしので、息子がうちの猫や熱帯魚にどんな思いを重ねていたのかが、興味深いところです。
9. Posted by 飯村和彦   2006年02月16日 23:23
>やっとこさま
息子にしてみれば、
「身に余る光栄です!」
といったところでしょう。まあ、それだけ一生懸命彫ったということですね。…相当な親馬鹿ですが。
10. Posted by 飯村和彦   2006年02月16日 23:27
>tamamiさま
確かに、「藍染」っぽ色合いですね。
どんな思いでこの色にしたのか定かではありませんが…。 
11. Posted by 飯村和彦   2006年02月16日 23:32
>パパZさま
日頃、子供たちの「感性」に接しているパパZさんが、
羨ましいです。
彼らの元気を目の当たりにしていると、疲れることも多いでしょうが、エネルギーを「享受」できるのでしょうね。
12. Posted by 『ゆる育ブログ』小柳   2006年02月19日 00:42
おお!
いいです。いい!

そうなんだよなあ、
その気持ち、その喜び。

一番大切なのにどうしてだか大人になると
忘れがちなその感じ。←言葉にできんらしい

子供の絵には教わることがイッパイです♪
13. Posted by 飯村和彦   2006年02月19日 09:50
>『ゆる育ブログ』小柳 さま
真似しようと思っても、真似できない。
子供たちの「芸術」展には、そんな作品が一杯でした。
一点一点、「個性」の固まり!
14. Posted by めーべる   2006年02月21日 23:37
久しぶりにコメントさせていただきます。
以前次男の作品にコメントをいただいて以来、チョコチョコ覗かせていただいています。

力作揃いですね!
息子さんの作品もとっても味があってステキです。
ミルキーちゃんへの愛情も出ているように思います。

今日は久々に次男の作品(同じ4年生です)のブログに載せたのでTB張らせてもらったのですが・・・、うまく張れていないようです(T_T)
また後日トライさせていただきます・・・。
15. Posted by 飯村和彦   2006年02月22日 10:25
>めーべるさな
息子の作品へのお褒めの言葉、ありがとうございます。
学習テーマが「思いを重ねて!」だったらしいので、息子の猫のミルキーへの思いが篭っているのでしょう。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

無冠の帝王の「帝王」とは?沖縄・石垣島に到着!