ミルキーの仕業だ!笑う娘と妙な球体

2006年02月24日

額の傷痕、その2!



3711f027.jpg


モブログ投稿、追加試験。
今度こそ写真は添付できたのか?
そもそも、携帯メールを使ったことさえなかったのだから、
こうしてキーを打つこと自体、ひと苦労。
参るというか、情けないなぁ…

(飯村和彦)

rankingひと押し、ご協力を!


newyork01double at 13:52│Comments(8) 猫の話 | 家族/ 子育て

この記事へのコメント

1. Posted by リョウ母   2006年02月24日 20:10
このお顔 どなたなのですか?
すごく肌がきれいで 目が大きい。
2. Posted by パパZ   2006年02月24日 20:53
娘さんの額の傷が痛々しいです(;_;)
ミルキーちゃんは結構凶暴化するのですか?
実はウチのキッド1号(娘)の額にも傷がありまして・・・
1歳のときに引っ越し準備中の段ボールの上から
アイロンが落下→額を直撃→パックリ割れ→出血→
救急車にて救急病院へ(-_-;)
たまたま形成外科の先生がいらして事なきを得ました^^;
親の責任重大事件でした(T_T)
3. Posted by 飯村和彦   2006年02月24日 21:33
>リョウ母さま
うちの娘であります!
おでこを猫に引っかかれた娘であります!
おっとり型です。
4. Posted by 飯村和彦   2006年02月24日 21:35
>パパzさま
猫、決して凶暴化している訳ではないのです。
娘が可愛がりすぎるので(!)、猫の方もついつい、
長めに爪を立てるのでしょう。
お互い様なのです。
5. Posted by りんりん@携帯   2006年02月24日 23:34
モブログ…キー操作が不便ですが
いたし方なく使ってます。
うちのルーも、ポンにはおふざけが過ぎるようです。
おなじレベルだと思うのでしょうね。
6. Posted by カメ    2006年02月25日 07:38
私も実家に帰ったときは、仕方なくモブログにしましたが、
ほんと、携帯で文を打つのは、苦痛ですね。
でも、写真はバッチリですね。
傷は痛々しいけれど・・・
コメント遅れましたが、「ミュンヘン」見てみたいです。
ほんと、憎しみの連鎖からは、不幸しか生まれないと思いますが、
我が身に置き換えて、自分の子どもがもし・・・というように
考えると、「報復」や「憎しみ」のぶつけどころを求めてしまう気持ちも
簡単に責められるものではありませんものね・・
でも、こうして映画などで、それを擬似的にたどることで、逆に、
そういう人間の悲しさを認識して、新たに、憎しみの連鎖を断ち切る強さを、少しずつ各自の心に育まれることが大切なのかな、と思います。
7. Posted by 飯村和彦   2006年02月25日 16:06
>りんりんさま
ミルキーも、「同じレベル」として対応しているのは、家族の中で娘に対してだけです。
分かるのですね、直ぐに、弱いところが。本能ですね。
8. Posted by 飯村和彦   2006年02月25日 16:11
>カメさま
どんな事象でも、自分に置き換えてみると分かり易いのですが、さすがにテロ攻撃の犠牲になった場合は、なかなか想像し難いですね。
勿論、大切な家族や友人を失った「喪失感」は、感じられるのでしょうが、その原因にまで思いを重ねるのは大変です。けれども、それを理解しようとしないと先には進めないだろうし、問題も解決しないのでしょう。
難しいことですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ミルキーの仕業だ!笑う娘と妙な球体