娘、目の周りに猫の爪跡最高級ケーキのような果実

2006年03月06日

水族館の通になる!



目から鱗…(?)
ともかく、この本は凄くいい。
水族館について、
誰もが一度は、
「どうして?」と思ったことのある疑問に対して、
明快に答えてくれる。


水族館


おまけに、
水族館になくてはならない、
巨大なアクリルガラス(…正確にはガラスではなくプラスティック)
の秘密まで、書いてある。

驚くことに、
世界中の水族館で使われている「アクリルガラス」の約70%が、
四国にある日本メーカーによって作られている
…とか。

ここ数年、
日本には、
完成度の高い水族館が、いくつもできた。
那覇にある「沖縄美ら海水族館」には、
ジンベイザメやマンタが悠々と泳ぐ、巨大水槽があるし、
神奈川にある「新江ノ島水族館」では、
夜、魚たちに囲まれて「宿泊」までできる。

そういえば、皆さん、
「イルカとクジラの違い」はどこにあるか知ってる?
答えは、かなり大雑把なもので、
実は、「大きさ」だけ。

およそ5メートルより大きければクジラで、
5メートルより小さければイルカ。

知っていそうで知らないこと、
たくさんある。
そんなあれこれを、
「水族館の通になる」は、
分かりやすく教えてくれる。

この本を一読してから、
子供たちと一緒に水族館にいくと、
楽しさ100倍…間違いなし!


rankingひと押し、ご協力を!

(飯村和彦)



newyork01double at 10:18│Comments(10) 気になるBOOKs 

この記事へのコメント

1. Posted by hana♪   2006年03月06日 14:50
面白そうな本ですね^^
子供って、こういう内容の話大好きですし
一緒に読んで水族館に行ったら
楽しさ100倍!!!←飯村さんの言うとうり
間違いなしですね(o^-')b

鯨とイルカの違いは大きさだけなんですか・・・
知らなかった・・・( ̄  ̄;)
2. Posted by パパZ   2006年03月06日 19:08
一見の価値ありですね(*^ー゚)b
水族館訪問の際には是非読んでみたいと思います!
2004年の夏・・・パパZファミリーは沖縄に行ったのですが、
その時には「沖縄美ら海水族館」に行きましたよ!
巨大ザメのあごと歯の実物の中に子供たちがすっぽり入ったのが
印象的でした。
福島にはいわきに「アクアマリンいわき」がありますよ!
3. Posted by やっとこ   2006年03月06日 19:14

へぇ〜、良い本を紹介してくださって
ありがとうございますo(^-^)o

水族館に行く前には、しっかりと
この本から情報を仕入れていきたいですね。

水族館の楽しさが何倍にもなりそうです(^-^)

4. Posted by 飯村和彦   2006年03月06日 21:36
>hana♪さま
これほど丁寧に、そして詳細に、
水族館について「知りたいこと」が書かれた本はないと思います。おまけにとっても読みやすいのです。
5. Posted by 飯村和彦   2006年03月06日 21:41
>パパZさま
沖縄の「美ら海水族館」はいいですよね。
この本の著者である中村さんは「世界一」だといってます。
で、福島の「アクアマリンいわき」ですが、
こちらは現在注目度No.1ではないでしょうか?
「第三世代」の水族館としては最高の内容らしいです。
6. Posted by 飯村和彦   2006年03月06日 21:44
>やっとこさま
本当に良い本です。
水族館のみならず、生き物についての知識欲を満たすという意味でも、最高です。
知らなかったことが沢山、沢山ありました。
7. Posted by りんりん   2006年03月07日 02:05
ちょっと本のお話とは、ずれますが・・・
ブータンがアクリルを使って仕事をしてます。
日本製は、すごいのだとか(何がすごいかわかりませんが)。
この前、テレビで無印良品のアクリルものがイギリスですごくはやってると言ってました。
日本では、100均にでも売ってるのに(笑)

鯨といるか・・・そんな大雑把なもんだったなんて。
そう言われてみると同じかな?って思えてきました。
じゃ、いるかもおいしい?いえ、そういうことは考えてはいけないのかも。
8. Posted by カメ    2006年03月07日 05:58
あー、なんか、うちの息子が面白がりそうなことが
いっぱい載ってそうな本です!
うちの息子、そういう雑学(?)大好きなんです。
自然科学、物理科学に疎い私に、いろいろ教えてくれます。
きっと、こういう話も好きそう・・・
子どもには難しいでしょうか?
今度、この本を一緒に読んでから、水族館に行きたいものです。
9. Posted by 飯村和彦   2006年03月07日 08:48
>りんりんさま
イルカ料理、たまにありますね。先月、静岡のある港にいったら、近くの市場の中にある食堂で、イルカ料理をだしていました。私自身、食べたいとは思いませんでしたが、人気メニューのようでした。
10. Posted by 飯村和彦   2006年03月07日 08:51
>カメさま
分かりやすく書いてあるので、子供でもOKではないでしょうか。もちろん、100%の理解…とまではいかないかもしれませんが、お子さんなりに分かるところは多いはずです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

娘、目の周りに猫の爪跡最高級ケーキのような果実