2010年08月03日

日航幾墜落事故、御巣鷹山の記憶



少し前だが報道で、
「御巣鷹の尾根」が荒らされているということを知った。
遺族らがメッセージを記した短冊が切り落とされたり、
千羽鶴が引き千切られたり、
「昇魂之碑」の周辺を荒らす行為が頻発しているのだという。
心ない行為に拳が震える思いである。

1985年8月に発生した、
日航ジャンボ機墜落事故。
今年で25年になる。

「部分遺体発見、部分遺体発見!」
トランシーバーに向かって大声を張り上げる自衛隊員。
その声は、
今でも耳の底に張りついている。
ヘリコプターの轟音と巻き上がる砂埃。
あのとき、
御巣鷹の尾根で見た光景は、
決して忘れることのない惨状そのものだった。

25年前のあの事故は、
取材者としての自分の原点でもある。
報道の世界に入って間もない頃だった故、
ともかく、
事故発生直後から、必死で取材にあたった。

墜落現場の焼け焦げた臭い。
信じられない数の棺が並べられた遺体安置所(地元体育館)。
家族や友人の身元確認を待つ、沈痛な表情をした人たち。
その全てが「悲嘆の固まり」だった。

「自分の目で見たものを自分の言葉でリポートしろ。
それから、遺族に失礼なことだけは絶対にするな!」
取材にあたって、
上司から言われたのはそれだけだった。
現場に入れば、若手もベテランも関係ない。
自分の目と良心に従って取材にあたるしかないのだから。

あの時、
自分がどんな状況の人に対して、
どのような取材をしたのか。
今、その全てを細部まで思い出すことは難しいが、
一つだけ、確かなものが残った。
それが↓の葉書である。


0129b1ca.jpg


息子さん夫婦とお孫さん一人が事故の犠牲になった、
ご遺族からのもの。

事故直後、遺品が並んだ部屋で、
“なんとかインタビューをさせてもらった”のがきっかけで、
翌年の慰霊登山の際に、
同行取材を許してもらった方である。

「頂いたテープ、時折再生しております。
本当にお世話になりました。
…また、お目にかかれるのを期待しております」

届いた葉書には、
そのような言葉が、丁寧な文字で記されていた。

悲しみに沈む遺族に、
無理をいって取材をさせてもらう。
失礼のないようにと気を配っていても、
知らず、
心の傷に触れるような質問もしていただろう。

けれども、
この葉書一枚で、自分は救われた。
取材者が、遺族に助けられるというのも不思議な話だが、
事実、そのような感覚をもったのは確かだった。

以後、
これまでの25年間、
折に触れてこの葉書を思い出す。
取材者として、人にどうあるべきか…。
この葉書がなかったら、
御巣鷹山での取材経験が、
自分の「原点」になっていたかどうか、
…疑わしい。

【2007年7月の記事に加筆・訂正を加えて掲載】
 

(飯村和彦)


newyork01double at 07:07│Comments(19) 取材ノートより | 放送番組

この記事へのコメント

1. Posted by hana♪   2006年07月11日 22:31
もう21年もたつんですか・・・・
とてもショッキングが事故でした
飯村さんはこの時、取材をされていたんですね
遺族の方からのハガキの内容を見ても
飯村さんの取材が丁寧で、気をつかっていたかが想像できます。

実は、バイトの先輩が日○テレビ報道部入社1年目に慰霊登山で
御巣鷹山に言った話を思い出しました^^;;
飯村さんとすれ違っていたかもしれませんね^^
2. Posted by ダーバン   2006年07月12日 06:39
遺族の方からのお葉書は、飯村さんが誠意をもって取材された証ですね。
すばらしい原点をお持ちだと思いました。
これからもいいお仕事を頑張ってください!
3. Posted by 子連れ狼   2006年07月12日 08:14
昨日の新聞で、遺品の展示が始まった記事を読みました。
乱れた文字での遺書等、21年たってもその無念さ・悲惨さは伝わってきて、涙なしには読めませんでした・・・。

飯村さんはこの時現地で取材されていたんですね。
悲しい事故の取材は、時に非難を浴びますが、全ての取材が飯村さんのような誠意ある取材であればいいのになと思いました。
4. Posted by chiemi   2006年07月12日 09:33
ただいま帰りました。

毎回出張で思うのですが、飛行機は怖いです。
この事故ばかりでなく、
事故の原因に、人為的な要素がなくなりますように・・・・

取材ご苦労様でした。
この事故を知らない世代が、成人しています。
何かが起こらないと、
真剣にならない、人の弱さが、
第二第三の事故を起こさないことを祈りたいです。
5. Posted by 愛犬家   2006年07月12日 13:18
離陸の時は、必ずこの事故がふっと胸をよぎります。それほどの大惨事でした。
遺族の方達の気持は、どんなに推し量っても分かるものではないと思います。
その中で、口にしてしまう言葉、態度は重いですね。
21年間、葉書と一緒に大切にしている飯村さんの気持・・・きっと原点になっていると思います。
6. Posted by apricot   2006年07月12日 15:37
たくさん取材されてきた中でも
この事故が原点になられているんですね。
ご遺族の悲しみ
事故現場
取材する時の心の痛みなど
とっても難しく大変なお仕事だと察します。
これからのご活躍にも
心から応援しています。
7. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:39
>hana♪ さま
ともかく、懸命でした。
入社2年目。
自分の書いた原稿でVTRを編集し、そのVTRが全国で流れる。猛烈なプレッシャーと責任を自覚し始めた頃ですね。
8. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:39
>ダーバンさま
心がけて、
…続けるしかないですね。
9. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:42
>子連れ狼さま
頑張ります!
いつでも懸命に、冷静に…。
10. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:46
>chiemiさま
そうですね。
飛行機は、もし事故になったら致命的な場合がほとんどですからね。
でも、人のすることにミスは付きもの。
そのミスが大事故に繋がらないようなシステムを作らないといけないのでしょうね。
JALのように、同じミスを何度も繰り返しているところは、やはり問題です。
11. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:50
>愛犬家さま
「原点」になった、ということが大きいですね。
もしかすると、
多くの取材者は、自分自身を規定していく指標(=原点)を持てずにいるのかもしれないし…。
勿論、持てないのは当人の問題でもあるのですが。
12. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:52
>apricot さま
「失礼のないように!」
どの業界でも同じ、…ですね。
人がいて自分がいる訳ですから。
13. Posted by なるほど♪ママ   2006年07月12日 22:19
こんばんは。
日航幾墜落事故、御巣鷹山の記憶を風化させない為の、遺品やメモの展示は、とても、大事な事であり、意義の有る事だと思いました…。

>これまでの21年間、
>折に触れてこの葉書を思い出す。
>取材者として、人にどうあるべきか…。
>この葉書がなかったら、
>御巣鷹山での取材経験が、
>自分の「原点」になっていたかどうか、
>…疑わしい。

21年前の、飯村さんの原点を知り、報道に携わる人のあるべき姿だと…。本当に尊敬と感動の気持ちで一杯になりました…。
飯村さんの沢山のファンの方達と共に、これからも応援していきます!
14. Posted by ハル   2006年07月12日 23:10
飯村さん、こんばんは。
この事故は私がかなり幼少の頃の事故なのですが
丁度私もディズニーランドに産まれて初めて連れて行ってもらった夏だっただけに、しっかりと記憶しています。

飯村さんの原点を拝見できてとても感動しました。
難しいことは正直分かりません。言葉に出来ないです。
ただ
> 墜落現場の焼け焦げた臭い。

私も震災の時にまだ煙が燻る中、毎日毎日焼けた道路のをすすを掃いて、炭を処分して・・そんな日々を送っていました。
あの時に感じた「人間の力」を思い出しました。
15. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 01:38
>なるほど♪ママ さま
そういって頂けると、
有難いです。
これからも、一歩一歩ですが…。
16. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 01:40
>ハルさま
当時、自分が何をしていたのか…。
ハルさんのように、
その時期の記憶と一緒にあの大惨事を心に刻んでおけば、
事故が風化していくこともないでしょうね。
17. Posted by れっきゅん   2006年07月13日 15:01
この時、私は小学生で父と一緒に父の実家へ行く
高速道路でラジオから一報を聞きました。
今でもすごく覚えています。
時が流れて、今、自分がその関係するところにいることに
なろうとは、その時は夢にも思っていませんでした。
人生ってわからないものですね。
決して、風化させてはいけない事故だと思います。
18. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 18:31
>れっきゅんさま
確かに、
人生って分からないですね。
事故を風化させず、
いつまでも「安全・安心」を願い求めていく。
そんな力が、
航空機事故を減らすのに役立つのでしょう。
19. Posted by 葉山晶一   2006年08月12日 13:08
(涙)


絶対に風化させてはいけない、
忘れてはいけない事故でした・・・。


黙祷

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。