アメリカ通販カタログ(2)子スズメが家族になった日…雀の話(上)

2006年07月12日

カモメに飛ぶことを教えた猫



サッカーW杯決勝、イタリア対フランス。
仏・ジダンの頭突き退場が、話題になっている。
ジダンに対して、侮蔑発言をしたとされる伊・マテラッツィが、
もし、この本を読んでいたら、
あんな暴言を吐くこともなかったかも…。
(…イタリアでも大人気になったというから、
"読んでない”とは言い切れないが…)

「カモメに飛ぶことを教えた猫」
…素敵な猫たちとカモメの話だ。

とってもいいので、
申し訳ないが、一部を抜粋したくなった。
猫のゾルバが、
カモメのフォルトゥナータに語りかける場面から。

……………

「…きみがぼくたちのようになりたいと思ってくれることが、
うれしかったからだ。
でもほんとうは、きみは猫じゃない。
きみは僕たちとは違っていて、
だからこそぼくたちはきみを愛している。……


猫とカモメ


…きみのおかげでぼくたちは、
自分たちとは違っているものを認め、
尊重し、愛することを知ったんだ。
自分と似た者を認めたり愛したりすることは簡単だけれど、
違っている者の場合は、とてもむずかしい。
でもきみといっしょに過ごすうちに、
ぼくたちにはそれが、できるようになった。…」

……………

この本は、1996年に書かれたものだという。
著者は南米チリ生まれの方。
最近では、
多くの人たちが芝居やミュージカルに仕立て、演じているという。
それも頷ける。

心地良い読後感。
生きていく上で“ほんとうに大切なこと”…。
猫たちとカモメの言葉に、
心打たれる。
既に読んでいる人も多いと思う。
まだの方は、是非!


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 20:12│Comments(12) 気になるBOOKs 

この記事へのコメント

1. Posted by パパZ   2006年07月12日 20:44
ふと「みんなちがってみんないい」という言葉を思い出しました。
互いの個性や立場を尊重し、互いのよさを学び合い、向上していく!
きれい事に聞こえるかもしれませんが、理想ですね。
「カモメに飛ぶことを教えた猫」・・・実は3年前に町の芸術鑑賞教室にて
見ました! 感動モノでしたよ!
2. Posted by 飯村和彦   2006年07月12日 20:57
>パパZさま
そうですか、感動ものでしたか!
「きれい事」
…大切なものは大切なのですから、それを真っ直ぐに称えれば良いのでしょうね。「きれい事だよ…」といって真っ直ぐになれない人が、問題のような気がします。
3. Posted by なるほど♪ママ   2006年07月12日 22:43
>…きみのおかげでぼくたちは、
>自分たちとは違っているものを認め、
>尊重し、愛することを知ったんだ。
>自分と似た者を認めたり愛したりすること>は簡単だけれど、
>違っている者の場合は、とてもむずかしい。
>でもきみといっしょに過ごすうちに、
>ぼくたちにはそれが、できるようになった。…」

本当に、生きて行く上で、大切な事ですよね…。本当に、心打たれる言葉です…。
人種の違い、障害を持った方、持たない方…。一緒に過ごし、ふれあう中で、お互い理解する事ができるんだよ…という深いメッセージを受け取りました…。

今度、探して子供とぜひ読んでみたいと思います!ご紹介ありがとうございます!

PS.こちらの本の記事と、日航機の記事、世の中の記事…。素適な記事がつづいていますので、私のブログでも、ご紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?宜しく、お願いいたします。
4. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 01:34
>なるほど♪ママ さま
「カモメに飛ぶことを教えた猫」
この本は、大抵の本屋さんにあると思います。
高学年の子供でも楽しめる筈です。
また、
このところのブログ記事、
みなさんに読んでいただけるのは幸いです。
5. Posted by さんぱつや   2006年07月13日 05:55
また機会をつくって読んでみたいです。
言葉は、人を傷つけもするし、優しい気持ちにもします。
だけど、言葉はやはり言葉でしかありません。
本当に言いたこと、伝えたいことは何かと言うことを常に考えていなければコミュニケーションはとれないですよね。
とすると、気になるのは、マテラッツィがなぜ暴言を吐いたのかと言うことです。彼は何を伝えて何をしたかったのでしょうね。
6. Posted by ダーバン   2006年07月13日 06:34
素敵な本を紹介してくださってありがとうございます。
ぜひ、読みたいと思いました。
そして私が読んだ後は、子供たちにも読ませたいですね!
幸い、息子は本が好きです(マンガも好きですけど)
いい本はどんどん子供に与えたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。
7. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 10:27
>さんぱつやさま
この本、とっても好きです。
で、マテラッツィ。
試合中だから興奮していたのでしょうが、
侮蔑発言はダメですよね。
相手を怒らせることだけが、目的なのでしょうから。
8. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 10:29
>ダーバンさま
登場する「港の猫たち」が、
また、みんな良いのです。
一匹の猫の約束はみんなの約束…。
とってもいい!
9. Posted by 課長   2006年07月13日 11:23
5 素敵な本の紹介、ありがとうございます。
m(_)m

こうやって自分の前に現れる本は、必ずと言っていいほど、今の自分の糧になってます。
人も本も、ムダな出会いはないんですね
( ̄▽ ̄)

10. Posted by なるほど♪ママ   2006年07月13日 11:45
早速、飯村さんの記事のご紹介をさせて頂いた記事をTBさせて頂きました。宜しくお願いいたします。
11. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 18:27
>課長さま
おっしゃる通り。
本も、映画も、
必ずといっていい位、“ここいいね”と思うところがあるし。確かに、人との出会いと似ていますね、
12. Posted by 飯村和彦   2006年07月13日 18:51
>なるほど♪ママ さま
TBありがとうございます。
記事を紹介して頂き、感謝です!

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

アメリカ通販カタログ(2)子スズメが家族になった日…雀の話(上)