被爆のマリア…素晴らしい!米国・フロリダの橋

2006年07月21日

フーテンの寅さんで英語!



No.35
to go
持ち帰り、テイクアウト

例えば、マクドナルド。
ビッグマックを注文すると、
「こちらでお召し上がりですか?
それとも、お持ち帰りですか?」
ということになる。

これが、アメリカだと、
「stay or to go ?」
特に日本人には、
「to go」
が問題だ。日本では、
「持ち帰り=テイクアウト」が一般的だから。

しかし、アメリカのファーストフード店の従業員は、
ほぼ100%、「持ち帰り=to go」。
stay(店で食べる…の意味)と組み合わせて、
「stay or to go]
これを、
「stay or take out
という店員は、まずいない。

どうしてか。
そこで↓の記事。


寅さん


愛すべき「寅さん映画」が、
ニューヨークで上映されたときの記事。
宣伝コピーの文章を見ると、
「take out」
の“構文”が使用されているのが分かる。

あえて“持ち出す”という表現を使って直訳すれば、
「寅さんを日本から“持ち出す”ことはできる。
でも、寅さんから日本を“持ち出す”ことはできる?」
となる。

そうなのだ。
take の場合、
“持ち出すもの(something)”をtakeとoutの間に挟んで使う。
「…take (something) out」
例えば、ビッグマックを持ち帰るときは、
「…take ビッグマック out.」
となる。

だから、アメリカのファーストフード店で、
ただ単に「take out」というと、
「…take out what?」(持ち帰るって、何を?)
と聞き返されることがある。

とはいっても、「…take out what?」
と聞き返されるということは、
「持ち帰りたい」という意志は通じている訳だから、
別に凹むような話じゃない。
もし、相手の「what?」が耳に入ったら、
欲しいものを「これだ!」と指差してしまえばOK!

コミュニケーションとはそんなもの。
美しく、構文通りに…
なんて考えているうちは、
絶対に!相手に伝わらない。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 21:43│Comments(12) カッコイイ英語 

この記事へのコメント

1. Posted by ハル   2006年07月21日 22:48
飯村さん、こんばんは。

全く英語が出来ない私にとって、すごく勉強になりましたありがとうございます!

私の場合、海外旅行では雰囲気を味わう為に店内で食べる事が多いのですが、
日本では「持ち帰りで」とは言わず、「テイクアウトで」といつも言っていますので
おそらく海外へ行って持ち帰りをお願いする時は「テイクアウト」と言いまくっていたと思います;;

以前、「ファイト」の使い方が日本人は間違ってる事が多いと授業で習った事がありました。
そういう誤差ってすごく多いのだろうなと思いました。

2. Posted by 飯村和彦   2006年07月21日 22:54
>ハルさま
take out!
といっても、相手に伝わればちゃんと機能しますが、
その前に、
相手がまず最初に聞いてくること、
つまり、
「stay or to go?」
の意味が分からないと先に進みません。
「テイクアウト」しか念頭にないと、
「…to go」の意味は、まずとれません。
ちょっとしたことなので、これを知ってるだけで、
アメリカのマックはOK…かな?
3. Posted by ひめっち   2006年07月21日 23:08
お勉強になります。
レストランで卵の焼き方の注文も日本語をそのまま英語で伝えても┐(’〜`)┌?となる 英語難しいですね。英語は度胸!(笑)
4. Posted by 飯村和彦   2006年07月21日 23:53
>ひめっちさま
そうです、そうです。
これを言いたい!
これを伝えたい!
と思ったら、思い切って度胸です。
どうしよう、恥かしい、
間違ったら…
なんて思いながら、
ゴショゴショと小さな声でいったりしたらダメですね。
ボーン!と、思い切ることが大切です。
そんなとき、
動作はとっても大事です。
5. Posted by hana♪   2006年07月22日 09:02
英語は度胸ですよね。
わかってはいるけれど、話す機会もなかなかないので
難しいです〜〜
ママ友達に、英会話のレッスンを再会してもらっているのですが
3回のレッスン後、夏休み突入の為またまた休止です。

私は一番「度胸」が欲しい(笑)


6. Posted by 課長   2006年07月22日 10:38
いや〜、勉強になります。(英語も、それ以外も)

電話しようかどうしようかな⇒したほうがいい!

行こうかな どうしようかな⇒絶対行くべき

買おうかな どうしようかな⇒財布と相談(笑)

『迷ったら実行』

ワタシのポリシーです。
http://09.xmbs.jp/shujih/
( ̄▽ ̄)
7. Posted by 愛犬家   2006年07月22日 11:03
日本人なのに英語が普通にペラペラ・・・尊敬します。
以前コロ美をくれたある工場の社長さんを訪ねた時の事です。
お留守で、私の二倍ほどの大きさの黒人の従業員が何人かいらして、私を取り囲んでペラペラ〜。
その時の私の英語聞いて下さいね(笑)
ミスター○○、ギブズ ミ プリティ ドック。
ハー ネイム イズ コロミ。
と、コロ美を指差し延々と。。。
子供達には通じたと尊敬されましたが、中学生レベルですね(ー_ー;)
本物の外人さんと初めて話し、これが精一杯でした。
英語が普通に日本語になってるような事が、最近多いですね。
知ってる人には、変な使い方って思う事が結構あるんでしょうね。


8. Posted by パパZ   2006年07月22日 17:14
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ〜これぞ「生きた」英会話ですね。
なるほどなぁ、いろいろとあるんだなぁ。
to go.take○○○outとても勉強になりましたm(_ _)m
9. Posted by 飯村和彦   2006年07月22日 19:20
>hana♪ さま
「度胸」
…やはり、これがポイントです。
意志を伝えたいと本当に思えば、
言葉までいらなくなります。
これ、本当です!
10. Posted by 飯村和彦   2006年07月22日 19:22
>課長さま
いいですね。
迷ったら、「実行」
見習いたいところです(汗)。
11. Posted by 飯村和彦   2006年07月22日 19:27
>愛犬家さま
多分、
というか間違いなく、
「変な言い方」なんてこと、
気にしないことです。
どんな言い方でも、
伝えたいことが相手に伝われば、それでOKなのですから。
話している相手も、
間違いなく「へんな言い方」なんて気にしていません。
何を自分に言いたいのか、伝えたいのか、
それだけに集中している場合がほとんどです。
言い方を気にするのをやめると、
グググーッツと会話は上達しますよ!
12. Posted by 飯村和彦   2006年07月22日 19:29
>パパZさま
あれこれありますが、
ちょっと頭の片隅に置くだけで、いいようです。
耳に入ってくれば、それで先に進めますから。
私も、当たって砕けろの連続でしたから。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

被爆のマリア…素晴らしい!米国・フロリダの橋