フーテンの寅さんで英語!ニューヨークへ移動中らしい

2006年07月22日

米国・フロリダの橋



子供たちがフロリダを後にした。
予想通り、
祖父とは釣り三昧(?)だったらしい。
息子も娘も魚(…なにかは知らない)を釣り上げ、
その魚を食べたというから、なかなかのもの。


クルーザー


もっとも、
息子曰く、
一番引きの強かった獲物は、
「棒(スティック)」だったというから、
まあ…、
指南役の祖父の苦労がうかがえる。


木をつった


↓は、娘の釣った魚。
これを料理して食べたらしい。


娘の魚


ところで、
フロリダの橋は、やっぱりフロリダらいい。
その一つが↓。


跳ね上がる橋


この橋は、
ヨットや背の高い船が下を通るときには跳ね上がり、
左右に分かれる。
マストや船の頭が、
橋にかからないようにする為だ。

ボートやヨットが往来していた海や運河の上に、
後から、
道路(橋)ができたからだと思われる。
道路が混んでいても、
高いマストを持つヨットなどが下を通るときには、
橋が上がる。

もしかすると、
日本のどこかでも、
同じようなことが行なわれているのかもしれないが、
見たことがないので、
このフロリダの橋を初めて見たときには驚いた。

多くの場合、
道路や橋は、王様のように威張っているから。

“橋が邪魔だと? 何を抜かす。
マストが高くて下を通れないのなら、
短く切るか、他へ行け!”

もちろん、それが当たり前だ、という人も多いだろう。
いくら後から出来たとはいえ、
道路や橋を使う人の方が圧倒的に多いから…。
けれども、
少数の、
昔からの利用者に“道を開ける”フロリダの橋。
なんといなく、いいじゃない…と思う。
一見、合理的ではないが、
ちゃんと筋が通っている。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 19:12│Comments(4) 家族/ 子育て | 息子が撮った写真!

この記事へのコメント

1. Posted by さんぱつや   2006年07月22日 19:55
島根にも、そんな風に橋をあげる場所がありますよ。
お互いの交通ができないところでは普通かと思っていました。
「共存」
そんな言葉を思い出します。
2. Posted by 飯村和彦   2006年07月22日 20:56
>さんぱつやさま
やっぱり、ありましたか。
なんとなく、
嬉しいです。
「共存」…なのでしょうね。
3. Posted by ひめっち   2006年07月23日 06:54
おはようございます。
お隣の方はNYと行ったり来たり、奥様が先に、昨日ご主人が出掛けていかれました。ニュージャーにアパートがあるそうです。9.11の一週間前に帰宅していたので巻き込まれずに済んだのですが事務所が一年前にWTCから出てビル近くに引っ越していたらしいがスタッフと連絡もつかず心配をされてました。今でも思い出します

橋。。。先日テレ朝をみてたらやってましたよ、東京勝どき橋だったと思います。今はあがらないが橋のしくみやら構造まで申し込むと見学ができるそうです。何トンかの重りで橋の開閉をされてたようで へぇーと感心してみてました。
長々と スミマセン
4. Posted by 飯村和彦   2006年07月23日 23:48
>ひめっちさま
そうですか。
何トンもの重りを使っているのですか。
アナログっぽくて、
いいですね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

フーテンの寅さんで英語!ニューヨークへ移動中らしい