猫のミルキーも帰宅!ロスで、早実・斎藤投手を観た!

2006年09月09日

米国で拾ったもの…夏休み自由研究!



追い込み体勢に入った子供たち。
そう、夏休みの宿題の話。
他の子供たちにしてみれば、
もう、“はるか彼方の出来事”に違いない。
しかし、
我が家の子供たちにとっては残りあと二日。

なかでも「自由研究」の課題は、
“自由”であるところが厄介。
で、うちの子供たちが考えたのが↓。


息子研究1


アメリカ各地で拾ったものをケースに入れて、
それぞれに、
簡単な説明を付けることにしたらしい。


息子研究2


息子の場合、
「バージニア州の海岸で拾った貝」とか、
「サウスダコタ州の山で見つけた雲母」とか、
「コロラド州にいたバッファローの毛」とか…。

一方、
娘の方は点数が幾分少なくなっている。


娘研究1


「ワイオミング州にいたラマの毛」や、
「コロラド州の砂丘の砂」や、
同じくコロラドで拾った「石炭」とか…。


娘研究2


本来なら、
もっともっと色々な種類の“ものたち”について、
もっともっと細かく説明すべきなのだろうが、
残念ながら、時間切れ。

まあ、これを眺めながら、
思い出したことをその都度、
みんなに話してあげれば良いのだろう。
どうしたらいい“語り部”になれるのか…
それだって、
立派な自由研究に違いない。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 10:48│Comments(2) 家族/ 子育て 

この記事へのコメント

1. Posted by やっとこ   2006年09月09日 20:13

クリック完了!


お子さん達は、めったにできない
経験をいっぱいすることができて
本当にラッキーでしたね

自由研究の一つ一つの物には
それぞれ、お子さん達の
思い出がいっぱいつまって
いるのでしょうね(^-^)
2. Posted by 飯村和彦   2006年09月10日 08:22
>やっとこさま
そのようです。
石ころ一つでも、それなりに思いがあるようです。
貝殻や土、砂…、
みんな単体で見れば、
なんの変哲もないものなのですが。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

猫のミルキーも帰宅!ロスで、早実・斎藤投手を観た!