ピンポン玉型の金魚だ!17億年前の地球が見える!…米国グランド・キャニオン

2006年09月21日

安倍氏のいう、“国民の理解と支持”って?



きのう、
安倍晋三氏が、自民党総裁に選ばれた。
流れでは、
26日に召集される臨時国会で首相指名を受け、
安倍内閣を発足させることになる。


「美しい国」


彼の視線の先にある日本とは、
どんな姿なのだろうか?


「21世紀にふさわしい日本の国づくり」


何が、21世紀にふさわしい国づくりなのか。
具体的な道筋、方法は?
就任会見で安倍氏は以下のように語っている。


「伝統や文化、自然、歴史を大切にし、
自立と規範を知る凛とした国であり、
成長するエネルギーを持ち続ける国であり、
世界の国々から信頼され、愛される、
リーダーシップを発揮する国である」


デンバー、花


何だろう?
彼の本「美しい国へ」を読んでも、
分からない。
ともかく、一日も早く、
“具体的な政策”を国民の前に提示して欲しい。

「自分の訴えが、多くの国民に理解され、支持された」
などという感想を口にしているが、
それって、まだまだ、先の話では?
総選挙で“国民の信任”を得た訳でもないのだから…。


(飯村和彦)





newyork01double at 12:25│Comments(4) 東京story 

この記事へのコメント

1. Posted by れっきゅん   2006年09月21日 14:07
彼に決まって、ちょっとがっかりです。
まぁ、誰が適任なの?というのも
わからないのですが。。。
日本の将来を彼に託すのは、不安です。
2. Posted by 飯村和彦   2006年09月21日 18:57
>れっきゅんさま
不安ですね。
はっきりとしたこと、
具体的なことを何も言っていませんから。
全て、「曖昧」にしています。
実はそこが一番問題で、
怖いところでもあります。
きちんと見ていく必要がありますね。
3. Posted by darimana   2006年09月21日 21:48
彼の言う「伝統 文化 自然 歴史 自立 規範」さらには「国家」や「世界」という概念が、実は彼自身の中で何一つ論理的に定義されていないのでは?というのが私の感想です。

ところで本日ブログを始めました。最初のテーマが安倍晋三氏です。コメントをいただければ幸いです。
4. Posted by 飯村和彦   2006年09月22日 07:22
>darimana さん
言葉に酔ってしまっている
…という感じですか。
また、
きのうの立ち振舞いなどを眺めていると、
やはり、頼りない印象です。
「曖昧さ」は、
行動他、表情など全てに現われてしまいますね。早く、きちんとした、具体的な政策を出さないと厳しい…。
まあ、まずは組閣。そこで彼の力量が推し量れますから。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ピンポン玉型の金魚だ!17億年前の地球が見える!…米国グランド・キャニオン