17億年前の地球が見える!…米国グランド・キャニオン「4つの州」が接する一つの場所…米国

2006年09月22日

「日の丸・君が代」裁判と小泉さん



東京地裁はきのう、
入学式や卒業式で、
国歌斉唱や、日の丸に向かっての起立などを強要した、
東京都教育委員会通達を「違法」とした。

教育現場で、
国旗掲揚や国歌斉唱を強要するのは、
「教育は不当な支配に服してはならない」
と定めた教育基本法10条に違反し、
その上、
「思想・良心の自由」を保障する、
憲法19条にも違反する…との判断からだという。

この東京地裁判決について、
小泉首相は以下のようにコメントしている。


小泉元総理


「法律以前の問題じゃないですかね、
人間として、国旗や国家に敬意を表すのは…。
人格、人柄、礼儀の問題とか…」

小泉さんならでは…というか、
不思議なコメントである。
“人間として…”?

裁判では争われていたのは、当然ながら、
「法律」に照らして違法かどうか…である。
そして、
その一つの判断として「違法」となった件について、
「法律以前の問題」
としてしまうのは、いかがなものか…。

この件については、
今後、
高裁、最高裁と審理の場が移っていくのだろうが、
まずは、東京地裁の判断をきちんと受け止め、
吟味する必要があるのは当然である。

それが、民主主義の基本であり、
「法の支配」なのでは?


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 12:14│Comments(9) 東京story 

この記事へのコメント

1. Posted by darimana   2006年09月22日 13:48
これじゃあ、ほとんど飲酒運転の言い訳並みですね。
「とはいえ人間付き合いってものもあるし、ね・・・」
2. Posted by やっとこ   2006年09月22日 17:10

地裁の判断は、憲法の規定を
正しく解釈したまことに
妥当な判断ですね。

首相には、憲法尊重擁護義務(憲法99条)
という重い義務が課されています。

小泉さんの発言は、憲法の規定を
軽んじるものと非難されても
仕方がないでしょうね。

日の丸・君が代の押し付けは
思想・良心の自由の侵害に
あたりますので
人権侵害の中でも最も
してはいけない人権侵害に
該当します。

本当でしたら、首相として
深く反省するべきです。

3. Posted by 飯村和彦   2006年09月22日 19:57
>darimana さま
本当に、
できの良くない「いい訳」に近い。
言いたいことがあれば、
「きちんと!」
…でもないし。
要、反省ですね。
4. Posted by 飯村和彦   2006年09月22日 19:59
>やっとこさま
本当も本当、
このコメントは、
ニュースできっちり流れました。
例の“ぶら下がり”記者会見ですから。
いつものように、
あの表情で、
なんの躊躇いもなく、
語っています。

5. Posted by 日本人   2006年09月23日 19:15
1 馬鹿だろう。
違憲?そんな判決が出るから
日本人は他国にも馬鹿にされるし
日本人じゃないのか?
国旗に敬意を表するのは日本人で
あるかぎり当然だろう。
生徒にはどう説明するのだ。
海外へいきなさい。
即刻、控訴、控訴
6. Posted by 飯村和彦   2006年09月24日 10:26
>日本人さま
お疲れさまです。
ご活躍を…、
お祈りいたします。
7. Posted by カメ   2006年09月26日 06:08
遅くなりましたが、この話題取り上げてくださってありがとうございました。
でも、やはり、「日本人」さんのような反応をする方もおられるのですよね。
「日本人」さんの、「国歌・国旗に敬意を表する」という気持ちは、自然に生まれてきたものですよね?けして、教えられ強制されて出てきたのではない。もし、それを強制されたら、むしろ嫌になる、形だけ従っても、反発する思いの方が強くなるのではないのでしょうか。はっきり言って逆効果だと思いますよ。オリンピックなどでは、自然にみんなが日本を応援し、国旗・国歌にも感慨を覚える。そういう自発的なものであるべき問題を、押し付けることが問題だと言っているのであって、敬意を持つことが違憲と言ってるのではないのに、どうも議論がズレていますよね。
8. Posted by カメ   2006年09月26日 06:18
でも、さらに私の本音を言えば、
そういう強制云々のこととは別に、私自身は、
あの国歌と国旗自体が、複雑な経緯を引きずっているから、
全ての国民が素直に敬意を持てない、とも思っています。
近隣諸国との関係もそうですけど、
そういう客観的な歴史的認識をこそ、
もっときちんと教えるべきだし、
本当に自国を愛するなら、よその国に嫌われる、
そんな国にしたいとは思わないはずなのに、
我が子を愛するように、立派な国になってほしいと願うのに、
なぜそんなジコチュウで狭い、ゆがんだ愛国心に
なってしまうのか、悲しいですね。
それこそ、もっと海外に行ったり、
よその国の人と接して、それぞれの国、
それぞれの生活が大切であることを知ってほしいですね。
でも、こういう匿名のやりとりはむなしいので、
ここらでやめます。
すみません、飯村さんのところで感情的になって。
9. Posted by 飯村和彦   2006年09月26日 20:53
>カメさま
熱のこもったコメント、
ありがとうございます。
このブログは、
きちんと考えていること、
きちんと信じること…、
等々については、いつでも歓迎です。
命の大切さに国境はありません。
それを守っていくことが、
私達の務めだと考えています。
他人を敬えれば、
国も敬えるはずですね。
もちろん、
それにも国境はありません。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

17億年前の地球が見える!…米国グランド・キャニオン「4つの州」が接する一つの場所…米国