通販で防毒、ガスマスクが…ビールが爆裂!

2006年09月29日

アメリカのために、憲法改正するの?



彼は、
いったい、
どこを向いて政治をしているのか?

安倍首相の所信表明演説。
その中で彼は、
政府の憲法解釈で禁止されている
“集団的自衛権の行使”について、
「個別具体的な例に即し、よく研究する」
とし、
具体的な研究作業に着手する方針を表明した。

さらには、
憲法改正の手続きを定める
“国民投票法案”の早期成立に
期待を示した。

その理由として安倍首相は、
“対テロ戦争”などの国際情勢の変化や、
国際貢献に対する日本への期待感
…などを挙げつつ、

「日米同盟がより効果的に機能し、
平和が維持されるようにするため」


…であると説明した。

しかし!

これは、
どう考えてもおかしい。


赤のキャニオン


「テロとの戦い」の名の下に、
ウソで固めた大義を振りかざして戦争をはじめ、
多くの罪のない人を殺し、
維持されるべき「国際平和」を混沌とさせているのは、
ブッシュ政権である。

さらにいえば、
そのイラク戦争を盲目的に支持した小泉政権も、
「ウソで固められた戦争」
…の片棒を担いだといえる。

その上、
“テロとの戦い”の元となった、
「9.11同時多発テロ」そのものについてさえ、
今や、半数近くのアメリカ人が、
“ブッシュ政権の発表にはウソがある”
として、疑いの目を向けている。

これらの明らかな事実について、
安倍氏は、どう考えているのか?
彼の目に、
今の国際社会はどう映っているのか…。

米国の言いなり=“平和”?
冗談じゃない。
そんなことのために、
憲法を改正して、
“戦争のできる国”にされたのでは堪らない。

日本の首相なのだから、
日本国民の方に顔を向けて政治をして欲しい。
当たり前のことを、当たり前に!


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 15:50│Comments(18) 東京story 

この記事へのコメント

1. Posted by ダーバン   2006年09月29日 23:57
憲法改正には賛否両論があると思いますが・・・
今の憲法は、敗戦国日本が「作らされた」憲法ですよね。
中身の議論を十分にして、日本人による日本人のための憲法を作ることはいいことだと思います。
アメリカのほうに顔を向けて作るなんて、言語道断ですね。
「米国の言いなり=平和」なんて図式はありえませんね。逆に戦争、テロの脅威に巻き込まれてしまいそうで、怖いです。
2. Posted by きみかる   2006年09月30日 00:07
chiemiさんのところからきました。ロッキー山脈のブログ、子どもにとってHAPPYとはのブログなど感じるところがたくさんあります。

きみかるは、単なる教師です。教育基本法も・・その前に、もう仕事をしていて、子どもを戦争への路線にのせてしまう、したたかな脅威を感じます。もう、嫌になり、定年までだいぶあるというのに退職するつもりです。でも、退職願いはつぶされてばかりです・・子どもを守れない同期の奴らが指導主事になり校長になっていくのもたえられない。もっと違うところから、良い仕事をしたいです。

ロッキーのお花のブログの文章、キミカルブログに明日、もらいます。事後承諾でごめんなさい。
3. Posted by カメ   2006年09月30日 06:15
安倍さんが首相になることに、漠然と感じていた不安が、日に日に現実のものとしてあらわれてきます。
内閣の人事然り、前の記事の減給のパフォーマンス然り、この所信表明演説然り・・・憲法や教育基本法を「改正」というけれど、この人のめざす「美しい国」は、外への視界をさえぎられ、暗闇の中で、ある角度からだけ「美しく」見える国のようで、そういう方向に向けて「改悪」されそうな不安の方が大きいです。今の日本の憲法は、「作らされた」ものだとしても、中味は、お笑いの太田光さんも言ってるけど、世界遺産にしていいくらい、素晴らしいものだと思います。それを変える目的は一つ、戦争をできるようにすること、としか思えません。そして、教育にまで手を出して、かつての軍国主義教育を繰り返すつもりなのか・・・都教委の姿勢を見ていると、そんなことまで勘ぐりたくなります。
4. Posted by かえで   2006年09月30日 08:09
私は 今の憲法は、作られた過程は別にして
この憲法によって 今の平和が維持されていると考えてます。
この憲法を簡単にかえることが出来るようにするのは 絶対危険であり反対です。

政府にとっての一番やっかいなもの、思うように出来ないものであり
憲法が今の政治の歯止めになっている。
国民の世論なんて 聞いてるようで聞いてない。
今、国民を本当の意味で守っているのは
この憲法だと思っています。
5. Posted by メロディ   2006年09月30日 10:14
飯村さん、こんにちは。メロディです。TBがず〜っと通りませんのでコメントで。
憲法について一言。この国の政治家は立憲主義ということをお忘れになっている。故意に、であれば民主国家の政治家として言語道断だし、わざとであれば、国民を愚弄しているとしか思えません。
日本弁護士連合会が見かねて、昨年声明を出しています。ご参考までに。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/2005_1.html
6. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 10:40
>ダーバンさま
日本は、
既に、テロの脅威、戦争の脅威に巻き込まれています。“米国追従”政策をとっているので、当然といえばそれまでですが…。
けれども、
そんな状態でも、イラク過激派が、自衛隊に対して“本気で”牙を向かなかった理由は、日本は憲法によって“戦争をできない国”になっているからです。
これは、とっても大きなことです。
しかし、
その最後の(平和の…)砦を崩してしまったら、日本も、間違いなく米国、英国のようにテロ・戦争のターゲットになっていくでしょうね。
7. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 10:44
>きみかるさま
はじめまして。
事情は、良く分かりませんが、
ともかく、
自分の信じるように行動すれば、
良いのでしょうね。
そうすれば、
悔いは残らないでしょう。
これは、
年齢に関係ないことだと考えます。
例え残るとしても、
行動しなかった「悔やみ」は、
行動しての「悔やみ」の数倍、数十倍…
でしょうから。
8. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 10:51
>カメさま
安倍さんに対しては、
同じような危惧を抱いています。
きのうの所信表明演説の内容。
あまりにもお粗末過ぎます。
これは、
彼を“好き嫌い”の問題ではありません。
考え抜いた…という数々のフレーズは、
そのほとんどが具体的意味を持たないし、
所信表明全般を通しても、
彼の政策を裏付けるはずの「哲学」が、
見えてこない。
さらには、
政策そのものも、
“上滑り”したようなものが多い。
安倍政権、非常に不安ですね。
多分、そう長くは持たない気がします。
9. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 10:57
>かえでさま
まさに、おっしゃる通りですね。
安倍さんたちにしてみれば、
今の憲法は“邪魔”なわけですね。
思うように身動きできないから、
自由に動けるようにしたいのでしょう。

政府の動きに歯止めをかけているのが憲法で、それが憲法の基本です。
政府に勝手なことはさせない…。
それは国民の大事な権利ですね。
10. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 10:59
>メロディさま
同感です。
この国の政治は、
まだまだ成熟できていないようです。
ちなみにTBですが、
もう、大丈夫の筈です。
いつでも、TBしてください。
11. Posted by たっぴ  なんで屋−驀進劇−   2006年09月30日 15:57
アメリカ陰謀説僕のブログでも取り扱っています。

http://blog.drecom.jp/kyupibekamu/archive/263

確かに、このままの日本の政策でいけば日本は滅びるだけ。

米⇒電通⇒官邸という悪習をなんとかせねば、
美しい国どころではない。

抽象論から、具体的解決策が望まれる。

萌える麻生氏!人気の背景
http://blog.drecom.jp/kyupibekamu/archive/291

なんかは、信じられない国の状態です。
12. Posted by たっぴ   2006年09月30日 16:00
失礼しました、順番まちがっていました。

米⇒電通⇒マスコミへの圧力



米⇒官邸⇒電通

でした。森田実さんは、これをTV局内で暴言し、マスコミ界から追い出された。

恐ろしい。
13. Posted by やっとこ   2006年09月30日 18:31
<1>

日本国憲法は、知れば知るほど
国民の幸せを守るために必要な
憲法であることがわかるでしょう。

憲法とは、国民を国家権力から
守ってくれる最後の砦であり
防波堤です。

その防波堤(憲法)を国家権力が
美しい言葉やそれらしい言葉を
使って変えようとたくらんでいますね。

国家権力側にすれば、この憲法の
おかげでガンジガラメに縛られていて
戦争ができないから何とか
憲法という鎖を切って自由に
戦争できるようになりたいのです。

憲法という防波堤を破壊しても
国民には何の利益もありません。
悲惨な未来が来る可能性が
現実になるだけです。

14. Posted by やっとこ   2006年09月30日 18:32
<2>

最も、問題なのは、そのことに
気づいていない人があまりにも
多いことだと思います。

この国のマスコミ、特にテレビは
本当にあてになりませんね

心あるブロガーさんが、
自分らしく憲法のことを記事に
書いてくださることが
地味でも国家権力にとっては
一番嫌なことではないかなと
私は思います。

飯村さん
ありがとうございます

15. Posted by なるほど♪ママ   2006年09月30日 19:33
こんばんは。

飯村さんが、こうして記事に書いて下さると、とても、説得力があります!

本当に、本当に、ありがとうございます…。

やっとこさんも、書かれていましたが、心あるブロガーさんの、平和への願いが、少しでも広がってくれる事を願い、私も、ささやかだけど、理想と平和に向かって、ドンドン走る記事を書き続けます…。

子供達の為に…。

16. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 21:08
>たっぴさま
9.11陰謀説。
…あちこちで、
取り上げられているようですね。
実際に全米各所を回り、
丹念な検証取材を行なった自分としては、
諸所、言われている、
大掛かりな「陰謀」が実際になされたとは、考えにくいですね。
ツインタワーや国防省に突っ込んだのが、
一般旅客機ではなく、
特殊な飛行機であったとすると、
「では、ハイジャックされた機体と乗客はどこにいってしまい、今どこにいのか}
…という話になって、
この点について、「陰謀説」を唱えるか方々の論証は不十分です。

けれども、
ブッシュ政権が、テロについて、
「事前に知っていた」ことは事実です。
この点については、
私も直接取材し、確証を持っています。
また、都合の悪い証拠を隠しているのも事実で、その中には、ツインタワー崩落の謎を解明するのに必要な物証なども含まれています。
その意味では、
ブッシュ政権が怪しまれるのは当然ですね。
17. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 21:21
>やっとこさま
「国家権力」にとって一番嫌なこと、
…それは多分、
“憲法の意味を知っている国民が、増えること”でしょうね。
郵政法案の際、小泉政権がとった戦略は、
表現は悪いですが、「郵政法案の意味を理解できない人たちを取り込む」こと。その一点でした。
ブッシュ政権のやっている政策も同じですね。
そう考えると、一人でも多くの人が、
今の憲法の意味、重要性を知ることが、
大切なのでしょうね。
18. Posted by 飯村和彦   2006年09月30日 21:23
>なるほど♪ママ さま
「子供たちのために…」
だけではなく、
私達自身のためにも、
走ってください!
総体として、
踏ん張る必要があるときのようです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

通販で防毒、ガスマスクが…ビールが爆裂!