アメリカのために、憲法改正するの?案山子(かかし)は何を考える?

2006年09月30日

ビールが爆裂!



苛立ちは、
ビールにさえも伝わるのか!?

安倍さんの所信表明に怒っていたら、
どうやら、
ビールにも伝播したらしく、
↓のように破裂していた。


ビール爆発1


まあ、
冷凍庫で急速に!
…などと、
愚かなことを考えたのは自分だが…。


ビール爆発2


それにしても、
見事に“爆裂”している。
と同時に、
「とっても危ない!」
…良い子の皆さん、絶対に真似しないで!

一度爆発したらもうお仕舞い。
それで終わり。
あっけないもの…。

強引に今の日本に置き換えれば、
一歩、
憲法改正に踏み出せば、
あっけなく、
”戦争のできる”日本になって、
気が付いたら、
子供が戦争に行くことになり、
作戦と称して、人を沢山殺していく”

…なんてことになりかねない。

で、その時になって、
「そんな約束じゃなかったゾ!」
と、いくら悔やんでも、
後の祭り。
そう…、後の祭りなのです!

それだけは、
御免、じゃない?



(飯村和彦)


newyork01double at 19:27│Comments(8) 東京story | 週末だから!

この記事へのコメント

1. Posted by さんぱつや   2006年10月01日 03:36
しかも、なにやら巻き込まれて出たくもない戦争で命を落としていったら・・・

例えば他の国が私利私欲を正当化して引き起こした戦争で、一つの駒のように利用されて人を殺したり殺されたりする羽目になったら…

しかし見事に炸裂してますね。
瓶ビールが凍ってしまったときは栓が抜けて中身が出ていました。
割れて無くて良かった…
2. Posted by chiemi   2006年10月01日 04:33
奇しくも、私は今日、ビールを「ナメクジ退治」の為に、一缶だけ買ってきて、庭に置いたばかり・・・・

心を憩わせるビールも、
害虫駆除の役立つビールも、
ほんのチョッと使い方を間違えると、
手段を取り違えると・・・・

恐いことですね。
3. Posted by 愛犬家   2006年10月01日 06:15
戦争という名の下で、ひとたび戦場にかり出されたら、
どんなに優しい夫で、どんなに子煩悩な父親であっても、
まだ幼い目をした少年であっても、
目の前にいる「敵」に向かって、引き金を引いてしまう、引かざるを得ない・・・
そう思っただけで、気が変になりそうです。
また日本を、そんな方向へ向かわせようとするのなら、
私の頭もこのビール缶のように、炸裂しそうです。

4. Posted by 飯村和彦   2006年10月01日 09:15
>さんぱつやさま
「そう言えば、あの時…」
とか、
「だって、こう言っていたじゃないか」
とか。
悔やむときは、大方、
そんな思いがどこかにありませんか。
しかし、もう後戻りはできない…。
そんな状況だけは、避けたいものです。
5. Posted by 飯村和彦   2006年10月01日 09:19
>chiemiさま
ビールでナメクジ退治
…なるほど。
そんな手があるのですね。
そういえば、
いつか、お墓参りにいったとき、
プルトップが引かれた缶ビールを廃棄していると、中から、
かなりの数の、
死んだズズメバチが流れ出しました。
缶ビール、あれこれ害虫退治に利用できそうです。
6. Posted by 飯村和彦   2006年10月01日 09:28
>愛犬家さま
数年前、
さんまさんが主演した、
沖縄戦を描いたドラマがありましたね。
どうしても、
敵に対して引き金を引けない、
気のいい写真屋の主人…。

けれども、
その写真屋さんの思いこそが、
人間として、
ごく当たり前な筈。

戦争は「狂気」です。
そんな狂気が、正当化される理由は、
絶対にありません。
物事の解決に「狂気」を持ち込む…、
そんなことは、
どんな美辞麗句を並べても、
許されるものではないですね。

7. Posted by やっとこ   2006年10月02日 17:49

わっ!

さすが、飯村さん

迫力のある写真ですね

全くおっしゃるとおりです。

憲法を変えられてしまったら
まちがいなく子供達が戦場に
おくられるでしょう。

怖いことですね


8. Posted by 飯村和彦   2006年10月02日 21:07
>やっとこさま
この国の安全保障について、
じっくり考え、
見極めていく必要がありますね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

アメリカのために、憲法改正するの?案山子(かかし)は何を考える?