閑話休題「ひまわり」…米国小6少女「遺書」の意味

2006年10月02日

何のための英語教育なの?



はっきりいって、
呆れた。
“不毛”という言葉があるけれど、
それに近い印象をもった。

きのう、
息子たちの通う小学校で、
「英語」の授業を見た。
以下は、
自分が見た授業の感想なので、
他の小学校では、事情が違うかもしれない。

けれども、
大なり小なり、
似たような現実があるのでは…、
と思うので、一応。


ガソリンスタンド1


さて、
問題は、“担任教師”による英語の授業である。
結論から言えば、
残念ながら“お粗末”のひとこと。

日本人同士でしか通じない“英語に似た言葉”
を子供たちに教え込んで、
いったいどうするのか?

“本来の英語”には程遠い発音や、
不正確な会話表現を、
言語吸収力の高い子供たちに聞かせることは、
「罪」ですらある。

子供たちの「言葉を聞き取る力」、
「耳にした言葉(発音)を真似る力」を、
侮ってはいけない。
現状だと、
“間違った英語”が子供たちにすり込まれていく。
これほど不幸なことはない。

その上、授業内容にも問題が多い。
…というより授業にすらなっていない。
短い時間なのに、
あれこれ詰め込み過ぎ。
教える側の段取りだけで、
どんどん時間が過ぎていく。

結果、
子供たちは集中力を保てないし、
興味も薄れる。
さらに、
そこに教師の力量不足まで加わるのだから、
正直、見るに耐えなかった。

教える教師の余裕のなさ
(=正しい英語を話せない、聞き取れない)は、
そのまま子供たちに伝わってしまう。
あれなら、
英語を母国語にする人、
…または、それと同等の英語力をもつ人による、
(例えば…)「料理教室」や「サッカー教室」
でも行なった方が断然いい。

近隣にそのような人がいなければ、
子供たちが見て楽しめる、
良質な海外ドラマやアニメ(=正しい英語、いきた表現)
でも見せて、聞かせた方が余程いい。


パンフ


担任教師が、
懸命に努力して、
英語を教えようとしていることは理解できる。
しかし、
その努力を子供たちに押し付けても仕方ない。

子供たちにとって重要なのは、
教師の努力などではない。
ポイントは、
子供たちが、正しい・いきた英語に触れ、
少しずつでも身につけていくことじゃないか?

“教えること”を職業とする教師であっても、
“できないことはできない”、
“ダメはダメ”…の筈。
早急に代替案を練るべきだと思った。

それでなくても、
今の教師は忙しい。
やるべきことが沢山あるのに、
その時間を削ってまで、
“間違った英語”
を子供たちに教えるのは、
辛いことであり、
本望ではない筈。

小学生のうちから、
英語に“触れる”ことには賛成である。
前述した通り、
子供たちの、
「言葉を聞き取る力」、
「耳にした言葉(発音)を真似る力」
は、非常に高いから。

けれども、それは、
「正しい英語」
…が前提である。
日本人同士でしか通じない、
“英語に似た言葉”では話にならない。


(飯村和彦)


newyork01double at 15:19│Comments(9) 家族/ 子育て 

この記事へのコメント

1. Posted by やっとこ   2006年10月02日 17:46

クリック完了!

本当におっしゃるとおりだと思います。

最大の被害者は、子ども達ですね

文科省の教育行政のお粗末さには
ほとほとあきれます。

教育をよくするには、文科省を
なくしてしまうのが一番だと
私は思います(笑)

アメリカでは、教育は、日本のように
教育委員会が下に命令するような
ことをしているのでしょうか?


2. Posted by 飯村和彦   2006年10月02日 22:16
>やっとこさま
もちろん、
教育委員会のような組織があります。
しかし、連邦政府よりも州政府、
もっと言えば、州政府よりもそれぞれの市や町…というように、現場の判断も尊重されている気がします。
…不確かで申し訳ありません。
ただ、災害が発生したときなどは、まず現場の意見が尊重されるのは確かです。そして、その現場の意見を元に管理官が判断を下すのが基本的な約束事になっています。

ただし、教育についていえば、アメリカは地域格差があり、地域内でも私立と公立の格差が大きいですね。
裕福な家の子は、良い私立へ行けますが、
そうでない子供たちは、それこそ高等教育を受けるために“軍隊へ入る”というケースも多いようです。
3. Posted by ひめっち   2006年10月02日 23:31
前の文部省大臣が英語教育導入案をたて、今回 新大臣は反対論、英語より日本語だと。トップがこれじゃたまらない。
また教師は好き好んでやってはいない、逆にストレスを感じている。なかには退職を考えてる方がいたようで。統計では実際の教育現場ではやりたくないが半数以上を示し、反面、保護者は9割が英語を取り入れてほしいと。
外国人教師を確保から始めるべきですよね。
吸収するという脳の組織は小学校卒業までである程度出来上がってしまうらしい。だから小学生で教えるということは決して遅くはない。綺麗な発音は耳が発達している幼稚園生のときから教えると良いと言われています。今でなく【これから】を考えたら 英語はなくてはならないものとなる。早めの取り組みと現教師は専門外の担当は外すべきで専門外国人教師を斡旋調達すべきだと思います。 
私のように英語ができない大人を増やさないために。
4. Posted by カメ   2006年10月03日 06:21
これについては山ほど言いたいことありますけど、ほんと「お粗末」の一言に尽きますね。
うちの息子の学校では年に1・2回ネイティブの講師が来て、ゲーム的なことして終わりです。これで、小学校で「英語教育」導入と言うのか。熱心にやっているところとの地域間格差も大きくなるし、親はますます小さいうちから英会話学校や塾に通わせることにやっきになっていくし、どうも弊害ばかり目につきます。
身にならないことに時間を無駄に費やすくらいなら、やはりもっと、他のお勉強をしっかりやってもらった方がいい、という気になります。今さら小学校の先生方に英語の研修させるなら、理科の実験の研修とか、今やっている教科指導をより充実させてもらった方が有益じゃないかと思います。

5. Posted by カメ   2006年10月03日 06:26
すみません。もと英語教師としてもう一言。
一番根本的に問題なのには、小学校で英語教育をするなら、英語を教える人材が必要なのに、専門の英語教師もいない、ネイティブの講師もいないところで、ただでさえ忙しい、今の小学校の先生方に押し付けるなんて、ナンセンスです。それでちゃんとした英語が身に付くわけがない。
私が勤務していた中学では、ネイティブが3・4人いても、少人数グループに分けるため、やっと週1・2回のネイティブの授業が確保できるというところでした。そこまでいかなくても、少なくとも英語をやるなら、全部の学校にネイティブ一人は配置してほしいし、それでも、ネイティブの講師が学校に一人では、一クラスに一体何回授業に回れるか、と考えると、継続的な指導は難しいし、ほんとに、すべての小学校で英語を導入するなんて、どう考えても非現実的にしか思えません。
6. Posted by ダーバン   2006年10月03日 06:53
これほど学校で英語を勉強しても使える英語にならない理由がここにありますね。
今の中学はどうだか分かりませんが、私のころは中学の授業も似たようなものでした。
小学校から英語をやるとかやらないとか言ってますが、それ以前の問題ですね。
間違ったことを教えてしまうことほど、大きな罪はないと私も思います。
7. Posted by 飯村和彦   2006年10月03日 11:05
>ひめっちさま
同感です。
子供たちと一緒に、
正しい、生きた英語を話せる人材を、
積極的に集めるべきですね。
大切なのは、
きちんとした英語に接することです。
「教える」などと考えるからいけないのでしょう。
8. Posted by 飯村和彦   2006年10月03日 11:14
>カメさま
ものは考えようなのに…。
と常々思います。
今の教育現場は、すべてにおいて、
「カリキュラム」から入る。
だから、当然「英語教育」も、
いかめしく、堅苦しいものになっていくのでしょうね。
外国語は、「教えられる」より、
「覚える」方が、断然早く上達します。
では、どうして「覚える」のか。
それは環境の中で使われている言葉の意味を悟って、
真似て覚えるのが一番です。
特に、興味のあることの場合、
それを知るための手段として外国語が必要となれば、
自然に覚えてしまうものです。
興味の沸かない題材で、「教えられても」身につきません。
これは、日本語でも同じだと思います。


9. Posted by 飯村和彦   2006年10月03日 11:18
>ダーバンさま
間違った言葉を教えたら、
意味がないどころか、
子供が可哀想です。
日本語に置き換えると分かりやすい。
きちんとた日本語を話せない・聞き取れない人に、
日本語を教えてもらいたいかどうか…ですね。
答えは簡単な筈です。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

閑話休題「ひまわり」…米国小6少女「遺書」の意味