いるかいるか イルカイルカ…「いじめ自殺」で土下座…それで?

2006年10月05日

早実・斎藤投手と野球人気


まさに、人気絶頂!
早実の斎藤佑樹投手である。
きのうも、
国体の高校野球硬式決勝で、
宿敵、
駒大苫小牧の田中投手に投げ勝った。

スコアは1−0。
この決勝点も、
斎藤投手の打点によるものだから、
…偉い。


野球2


大学進学を希望している斎藤投手。
早稲田でも、慶応でも、
ともかく、
どこへ進学するにしても、
目一杯活躍して欲しい。

読売巨人軍に象徴されるように、
今の日本では、
「野球人気」は凋落の一途。
今年のデータでは、
テレビ放送された巨人戦の視聴率平均が、
9%台(関東地区)。

巨人、大鵬、玉子焼き…などと持て囃された時代は、
石器時代の如く、遠い過去のものだ。
まあ、
巨人戦を中心に試合中継を行ってきた
各テレビ局にも問題があるが、
なにより、
節操のない選手補強をはじめ、
「最後は金!」のプロ野球の体質に、
みんな、
嫌気が差したに違いない。

ある調査では、
若い世代(…多分10代)で、
プロ野球中継(巨人戦)をテレビ観戦しているのは、
100人に一人だという。

それに引き換え、
斎藤投手や田中投手が活躍した、
今年の高校野球は熱かった。
見るものの心を「鷲づかみ」…である。

なぜだろう…。
やはり、
彼らの"真剣さ”、”ひたむきさ”なんだろうなあ。
ともかく、
徹頭徹尾、「本気」なのだ。

翻って、
巨人の選手たちが「本気」ではないのかといえば、
そうじゃないのだろうが、
やはり、
伝わってくるものが…ない。

そうそう、
斎藤投手でいえば、
大学進学の決意表明をした記者会見のとき。
会見を終えて席を立った後、
彼は、
自分の椅子だけではなく、
隣に座っていた“大人”(誰だったか?)の椅子まで、
きちんと、直して会場を後にした。

ちょっとしたことだが、
あのような所作が、いい。
最近のはやり言葉で形容すれば、
あれこそが、
本来あるべき、“美しさ”…なのでは?


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 11:53│Comments(12) 東京story 

この記事へのコメント

1. Posted by chiemi   2006年10月05日 16:40
慶応に来てくれたら、最高に嬉しいですが・・・
多分、早稲田なんでしょうね。
残念です。。。卒業しても、早慶戦、楽しみですもの。

でも、ちょっとしたところの所作の美しさ。
真似したいものです。
2. Posted by ピー   2006年10月05日 18:02
今年の甲子園は熱かったですよね。
斉藤投手も田中投手もどっちも頑張っていて僕も頑張ろうという気になりました。

それぞれ進む道は違うけれどまたいつの日か対決する日を楽しみにしています^^
3. Posted by 飯村和彦   2006年10月05日 19:47
>chiemiさま
もしかすると、
プロ野球より、
大学野球の方が盛り上がるかも…。
それはそれで、楽しいですね。
4. Posted by 飯村和彦   2006年10月05日 19:50
>ピーさま
田中投手は、
「楽天」入りですから、
次に二人が同じグランドに立つとすれば、
最短で4年後…かな?
斉藤投手が、
このまま無事、成長してくれれば、
いいですね。
5. Posted by hana♪   2006年10月05日 22:06
どういう風に育てたら、あんな子になるの??
って全国のお母さん達が言っていると思います(笑)
私もモチロンその1人。
若い子にも、あんな子がいると思うと凄く嬉しいですよね。
スポーツマンだからなのかなぁ・・
6. Posted by ひめっち   2006年10月05日 22:31
彼等たちは 真剣 信頼 そして 国体は 更に楽しむなんですって。リラックスしたいい笑顔を何度か見せてくれましたね、パフォーマンスも出て。

旬に国民はすぐ火がつく 現に 荒川選手の火は多少鎮静化しているのかなぁ?
椅子を直す行為は 普段からの姿勢が現われ 嘘のない彼の姿が垣間見れましたね。

ブログ
なかなか開かないと受けて別で作ったのですがうまく移動ができなくて考え中ですが とりあえずどうなるかわからないのですが更新してみましたのでお知らせいたします。
7. Posted by カメ   2006年10月06日 05:31
ほんと、野球にあまり興味のない私でも、今年の高校野球はワクワクドキドキさせられましたね。私もたぶんchiemiさんと同じ出身なので、斉藤クンが早稲田というのはちょっと残念だけど、大学進学を選択したのも、いい決断だな〜って思い、ほんと、これから「無事」成長してくれることを願います。
ほんとひめっちさんじゃないけど、どうしてもマスコミは一人のヒーロー・ヒロインに集中するので(それだけ国民の関心が高いから仕方ないのでしょうが)、それにつぶされない、あるいはあまり芸能人ぽくならないで、自分らしさを保っていってくれるといいなーと思ってしまいます。まあ、でも、一流の選手は、いくら騒がれてもちゃんと自分を持っているから、きっと大丈夫なんでしょうね。
8. Posted by darimana   2006年10月06日 08:40
斉藤クン、ともかく華がありますよね。昔の時代劇スターのような華というか。
対する田中クンも大したもので、こちらは日活アクション系でしょうか?
ともあれ素直に振る舞えば振る舞うほど、なぜかオーラがにじみ出てしまう、そういう点でも彼等は、近年稀に見る真性のスターなんだろうな、と思いました。
将来の再共演がとても楽しみです。
9. Posted by 飯村和彦   2006年10月06日 17:08
>hana♪ さま
スポーツマンであるというより、
やはり、
「斉藤佑樹」
…だからなのでしょうね。
まあ、
買いかぶり過ぎは良くないにしても…。
10. Posted by 飯村和彦   2006年10月06日 17:10
>ひめっちさま
パーッツと火がついて、
で、
あっという間に熱が冷める。
これが、
この国の特徴ですから、
さて、齊藤君はどうなるか?
彼の活躍次第なのでしょうね。
11. Posted by 飯村和彦   2006年10月06日 17:12
>カメさま
そうですね。
一流選手、というか、
本当に力のある選手は、
多くの人の注目を、
自分の力に変えていくようです。
彼が一流なら、
この程度のことで、
潰されることはないでしょう。
12. Posted by 飯村和彦   2006年10月06日 17:14
>darimana さま
おっしゃる通り、
華がありますね、彼には。
いい選手になってくれると、
野球も、
また、盛り上がるでしょうね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

いるかいるか イルカイルカ…「いじめ自殺」で土下座…それで?