見苦しい松岡大臣の言い訳13年前と同じ?北朝鮮の核

2007年03月18日

白人夫婦から黒人の赤ちゃんが…



No.37
Go to pieces
精神的にズタズタになる

Ex: She must have gone to pieces.
精神的にズタズタだったに違いない

家族や友人の死、病気、
また、
仕事や人間関係の悩み、悲しみ…などが原因で、
精神的に参る、弱る…という意味の表現。



セカンドアベニュー



白人夫婦から黒人の赤ちゃんが!


アメリカに住んでいたときの話である。
ニューヨーク在住のある白人女性が、
黒人の赤ちゃんを産んだ。
ところが、
彼女の夫は白人。
普通に考えれば、
黒人の子が産まれるはずはない。

ことの次第はこうなる。
その白人女性の夫はガンを宣告され、
死と闘っていた。
しかし、ふたりはどうしても子供が欲しかった。

抗がん剤治療をした後だと、
生まれてくる子供に、
何らかの悪影響がでる恐れがあると考えた夫は、
抗がん剤治療の前に、
自分の精子を“精子銀行(sperm bank)”に預けた。

一方、妻の方は、
夫の生きている間に、
どうしても子供が欲しかった。

そこで妻は、夫と相談して、
体外受精の道を選択。
見事に、ひとりの赤ちゃんを産み落とした。
ところが、
その子が、白人夫婦の間に産まれるはずのない、
黒人の赤ちゃんだったのだ。

自分が産み落とした子を見た瞬間の、
その女性の心中はどんなものだったろう。

She must have gone to pieces.
(精神的にズタズタだったに違いない)

しかし、この夫婦は、
すぐに、生まれてきた赤ちゃんに寄り添った。
ふたりは、その子を、
“自分たちの赤ちゃん”として育てはじめた。

その数ヵ月後、
夫は、治療の甲斐なくこの世を去った。
「人生の最後に、
自分の子供と生活できて幸せだった」
それが、亡くなる前の夫の言葉だった。



自転車



では、その一方、
精子銀行側は、なんと主張していたのか?

「私たち、精子銀行側に落ち度はなかった。
多分、その白人女性が、
夫の闘病中に、
黒人男性と関係をもったに違いない」

これが企業の理屈というものだ。
可能性がある限り、
最後の最後まで、
自分たちの方から非を認めることはしない。
酷い話だ。
生まれてきた命に寄り添えないなら、
生命誕生に係わる仕事をすべきではないのに。



(飯村和彦)


newyork01double at 09:17│Comments(4) カッコイイ英語 | ニューヨーク

この記事へのコメント

1. Posted by chiemi   2007年03月19日 01:36
小さい頃に、何か自分で「しまった」と思うことを、しでかしてしまった時。
一番大切なことは、自分を誤魔化さない事。
素直になること。屁理屈を言わないこと。
この三つを教えられました。
大臣の答弁に然り、この企業の返答然り、
自分が自分で恥ずかしいことを言っているという自覚が無いのは、もっとも恥ずべき事と思います。
2. Posted by 飯村和彦   2007年03月19日 15:02
>chiemiさま

「恥じる文化」
…もし、そんな「文化」があったとしら、
それはそれで大切な筈なのに、
それを、大人たちが、
次々に壊しているように、
思えてなりません。
3. Posted by PiPi@   2007年04月10日 10:26


そのことの大小がどうであれ、自分が
間違ったことをした、ミスをしてしまった、
それは、いつ何時直ぐに誤るべきですよね。
とにかく非をみとめ、自分の本音を相手に伝える、
これが先ず一番大切なこと。
誤りが相手から無ければ、その人は一生誤れない、
醜い心を持った人になることを。。。

特に組織の企業ともなると、全てにかかわり、
誤ることがどんどん難しくなる???
最近富に感じるのは親が出来ていないと、
子供も出きる子供がやっぱり少ないように感じます。
自分も親の身、果たして子供が出来ているのか?
日々精進だと身をもって感じます。。。

応援、PiPi,

4. Posted by ラム   2007年04月19日 03:52
5 その黒人の赤ちゃんに寄り添った二人の崇高な魂 私はその赤ちゃんは間違いなく何かのご縁があり 二人の元に授けられたのではないかと思います美しく崇高な魂を 自分達のひを認めない愚かな頑固さは醜いですね 面白いブログですね!ラムと言います 初めまして!災害救助犬指導手です また遊びに来させていただきます!

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

見苦しい松岡大臣の言い訳13年前と同じ?北朝鮮の核