生ビールの自販機巨大ウミウシを発見!〜動画付きだ〜

2007年05月09日

死者の奢り・飼育



大江健三郎さんの、
初期の作品集。
6篇が収まっているが、
個人的には、
「飼育」に強く心を揺すられる。


飼育


コミュニケーションを拒む見えない壁。
コミュニケーションを取れない苦悩。
コミュニケーションを図ろうとしない罪悪。
そして、
悲惨で、無残な結末。

“閉じた世界”

人間の本性が、
ものの見事に表出する世界。
そして、底なしに“醜い”世界だ。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 20:29│Comments(0) 気になるBOOKs 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

生ビールの自販機巨大ウミウシを発見!〜動画付きだ〜