夏を駆け抜ける子供たち米国・「魂の歌」の巨星たち

2007年08月31日

時を告げる花



正式名(和名)は、ヒツジグサ(未草)。
けれども、「睡蓮(スイレン)」といった方がピンとくる。
参考までに、
スイレンは、園芸上の呼び名らしい。
↓は、実家の池のもの。


スイレン


和名の「未草(ヒツジグサ)」の“ヒツジ”は、
「未の刻」からきている。
未の刻は、今でいう「午後2時」にあたるが、
実際に、この花がその時刻に花を開く訳じゃない。
だいたい、
午前11時頃から咲き始め、夕方4時頃萎んでいく。

にもかかわらず、
どうして「未草」という和名がついているのか?
…不明(というか、調べていないだけ)。

ものの本によると、
スイレン(睡蓮)の学名は、「Nymphaea colorata 」
一方、ヒツジグサ(未草)は、「Nymphaea tetragona」
つまり、ちょっとだけ違うのか?

まあ、いい。
ちなみに、双方に共通する「 Nymphaea 」は、
水の女神である、
「Nympha(ニンファー)」から。
これは納得できる。

ついでだが、睡蓮(スイレン)の方の花言葉は、
「心の純潔、純情・信頼」だという。
これも、なんとなく納得できるね。
ともかく、素敵な花だ。
モネが絵にしたのも頷けるというもの。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 18:26│Comments(0) 週末だから! 

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

夏を駆け抜ける子供たち米国・「魂の歌」の巨星たち