「アメリカ素描」司馬遼太郎所謂、「大食い」について

2009年03月23日

梅の「色」



「梅は咲いたか、桜はまだかいな…」
などといっている間に、
もうすぐ、桜の季節である。
ブログ更新を怠っていると、
大切な四季にさえ、乗り遅れる。

↓は、娘の描いた絵。
「梅」の木である。


梅の色


花の色、素晴らしいでしょ?
いかにも梅だ。
堂々と記している「梅」という文字もいい。

いつだったか彼女に、
「もし死んじゃうとしたら、
最後に食べたいものは何?」
と質問したことがあった。
10歳の娘に対する問いとしては、
幾分、哲学的に過ぎるものだったが、
彼女は、
「梅干」と即答した。

我が家では毎年、梅干を作っている。
近所の公園で「収穫」した梅を、
妻が慣れた手つきで漬け込む。
その梅干のことだ。
スーパーで売っている甘ったるい梅干ではない。
想像するとパブロフよろしく、
じわりと口の中に唾液が溜まる、
梅干らしい梅干である。

と、ここまで書いてふと思う。
将来、娘にとって「母の味」とは、
やはり、あの梅干の味になるんだろうなあ…と。
………
悪くない。
とってもいいじゃない?


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)



newyork01double at 02:14│Comments(0) 家族/ 子育て | 週末だから!

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「アメリカ素描」司馬遼太郎所謂、「大食い」について