動画付き・スズメに飛ぶ楽しさを教えた!

2006年07月15日

スズメは飛び、胸を張った!…雀の話(下)



産毛がほぼ、抜け落ちたころの「ぴ」。
元気一杯だったのだが、
なぜか、
ぴょんぴょん跳ねてばかりで、
積極的に飛ぶことがなかった。


スズメのぴ、2


2年前の5月半ば。
生まれたばかりで巣から落ちた「ぴ」を娘が見つけ、
我が家で育て始めてから約1ヶ月が過ぎていた。

もちろん、羽の成長とも関係があったのだろうが、
そうはいっても、
「ぴ」、
家族の後を追い、
床をぴょこぴょこ付いてきては、
ひょいと飛び上がり、
肩にちょこんと停まる位の飛翔力はあったのだ。

そこで私たちは、
「ぴ」に、
“飛ぶ楽しさ”を教えてやろうと思った訳だ。
まあ、「ぴ」にしてみれば、
お節介な話だったかもしれないのだが、
ともかく、飛行訓練を実施することになった。

最初は、机の上ぐらいの高さ(約1m)から。
そこに「ぴ」をとまらせ、
2、3メートル離れたところから呼び寄せる。
その位の距離だと「ぴ」は、簡単に飛んできた。

以後、数日かけて、
少しずつ高さと距離をのばしていった。

で、ある日のこと。
高さ約2メートルのドアの上に「ぴ」をとまらせ、
約8メートル離れた場所から呼んでみた。
その時の様子がこれ、「ぴ」が飛んだ!(↓動画をご覧あれ!)






 
このときは、
さすがに嬉しかった。
カメラの上にとまり、胸を張った「ぴ」が頼もしく見えた。
やるじゃない…!

以降、「ぴ」は、
家族の誰かがが家に帰ると、
飛んできて、
迎えてくれるようになったのだ。
もちろん、
カゴ(…といっても180cm×80cm×60cmの大きなもの)から出て、
遊んでいるときだけ…。

こうなれば、
「あとは野に帰る日のために、
力強く、大きくなるだけだ!」
「ぴ」ならできるのでは…、と思えた。

「巣から落ちて人間に育てられたスズメは、
野に戻っても長生きはしない」
と、獣医には言われていた。
よって、
その獣医は、助けたスズメを小さなカゴの中で飼っていた。
もう5年になるともいった。
「そもそも、野にいるスズメの寿命は2、3年ですから」

しかし、
他のスズメの2倍生きていても、
小さなカゴの中じゃなあ…との思いは拭えなかった。
「ぴ」には、
大きな空を自由に飛んで欲しい。
「ぴ」なら出来るに違いない!

人間のエゴなのかもしれないが、
我が家の人間たちにとって、
それが次なる目標となった。

事実、
「ぴ」は日に日に強くなっていった。
あとは自分でエサを探せるかどうか…
心配事といえばそれだけだった。

「公園にいって、“ぴーッ!”って呼ぶと、
“ぴ”、今と同じように飛んでくる?」
娘はそんな光景を夢見ていた。
「そりゃ、くるさ」
根拠など無かったが、日々の「ぴ」を見ていると、
それが、ごく当たり前のように思えていた。

ところがある日、
突然、「ぴ」に元気がなくなった。
娘が公園で助けてから、
約2ヶ月半たったころだった。

下痢が二、三日続いた後、
食欲がなくなり、
…「ぴ」は死んだ。
獣医にいわせると「感染症」だったらしい。

息子と娘は最後まで、
交代で、
「ぴ」を手のひらで包み、頭を撫でた。
 ”ピーッピーッ”と力なく鳴きながら、
ゆっくり瞼(まぶた)を動かして…。
それが「ぴ」の最期だった。

それからというもの、
街で見かけるスズメが、
みんな「ぴ」に見えるようになった。
それは、妻や子供たちも同じで、
公園でスズメを見かけるたびに、
「ぴ」の話になった。

「あれ、“ぴ”より大きいね」
「あのスズメ。“ぴ”より断然早く飛んでるよ!」
「“ぴ”の目、可愛かったね」
 …………。

「ぴ」は今、
娘が「ぴ」を見つけた公園の、
大きなくぬぎの木の下で眠っている。
本来なら、
その大きな木の枝にとまっているはずだったと思うと、
…心が重い。

[雀の話…おわり]


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)

newyork01double at 15:08|PermalinkComments(18)

2006年07月14日

スズメに飛ぶ楽しさを教えるまで…雀の話(中)



家族の一員となって約3週間もすると、
子スズメの「ぴ」は、
ご飯粒に粟(あわ)を混ぜた「エサ」を食べられるようなった。
順調そのもの…。


スズメのぴ、1


と同時に、
二日前、このブログで紹介した本、
「カモメに飛びかたを教えた猫」の中に登場する、
自分を猫だと思っていたカモメの如く、
「ぴ」も、
自分が人間であるかのように、
家族と“付き合い”始めた。

子供たちが勉強をしていると、
一緒になって勉強をしていた(?)し、
私たちが食事をしていると、
「ぴ」も同じようにご飯粒を啄ばんだ(↓動画をご覧あれ!)







ことさよう、
着実に成長していった「ぴ」だったが、
「飛ぶ」ことに関しては、
なかなか上達しなかった。
移動のために1、2メートルは飛ぶが、
それ以上は飛ばない。

“飛ぼうとする気がないのでは?”
とさえ思えた。
ぴょんぴょん跳ねて、
私たちの後を追うばかり…。

「僕たちが飛ばないから、
“ぴ”も飛ばないんじゃない?」
「ニワトリもあんまり飛ばないし…」
そんな会話を、
息子、娘としたような記憶がある。

ならば…、ということで、

私たちは、
「ぴ」に飛ぶ楽しさを教える(?)べく、
飛行訓練を施し始めた。

これも、
「カモメに飛びかたを教えた猫」の猫ではないが、
大袈裟に言えば、
“スズメに飛ぶ勇気を教えた”…訳だ。

信じられる?
その様子は明日…!(動画容量の関係です)

[つづく…]


(飯村和彦)

newyork01double at 19:43|PermalinkComments(13)

2006年07月13日

子スズメが家族になった日…雀の話(上)



予感はあったが、
子スズメが、
あそこまで“人になつく”とは思っていなかった。


スズメのぴ、2


2年前の4月。
子スズメは、
娘が公園で見つけた。
生後間もなく、巣から落ちたらしい。
全身産毛に覆われ、羽は小さい。
目も、まだ開いていなかった。

それが、
我が家の「人間」と「ぴ」の出会いだった。

最初、
「ぴ」は、その名の通りピーピー鳴くだけ、
何も口に入れようとはしなかった。
生まれたばかりのスズメだ、まあ当然といえば当然。
そこでまず、
スポイトを使って水を口に含ませることから始めた。
一滴、二滴…。
水が喉を通ったことは、
そのときだけ「ピーピー」の鳴き声が途切れるので確認できた。

とはいっても水だけじゃダメだろう…ということで、
その後、様子を見ながら、
水に“すり潰したご飯粒”を少しずつ混ぜて与え始めた。
それなりに根気のいる作業である。
息子も娘もよく手伝った。

スズメの飼育は難しい。
妻と子供たちは、
近所の動物病院へもいった。
なんといっても野生のスズメだ。
エサはどうしたらいいのか。
上手く生かすことができたら、
その後、どうしたらいいのか。

また、
母鳥の代わりに、
妻は、「ぴ」を自分のお腹で温めてもいた。
柔らかい布で「ぴ」を包み、
シャツとお腹の間に入れるのだ。
ひなは、寒さに弱い…。
これも、獣医に聞いたことだった。

そんな「ぴ」が、
“水につけたご飯粒”を食べられようになったのは、
我が家に来て一週間ほどたった頃。
ちょうど、
目が開いた時期だった。

ピンセットでご飯粒をつまみ、
口を開けたその瞬間を見計らって「ぐいっ!」と…。
喉の下にある、
「さのう」と呼ばれる袋に、
直接入れることが重要。

最初のうちは、
自分から口を開けることのなかった「ぴ」」も、
次第に、
ピンセットで嘴(くちばし)をちょんと叩くと、
パクリと口を開いてエサを求めるようになっていった。
…条件反射。
ここまでくればしめたもので、
その後「ぴ」は、
嬉々としてご飯粒を食べるようになった。

そうこうするうちに、
徐々に足も強くなり、羽も少しだけ大きくなって、
「ぴ」は、スズメらしく(?)、
部屋を跳ね回るようになったのだ。

ともかく、その当時のちょこちょこ跳ねる「ぴ」を見て欲しい!
(↓動画をご覧あれ!)









完全に我が家の一員である。

なるほどなあ…と思ったのは、
「ぴ」が、
ことのほか“銀色のピンセット”が好きだった事実。
エサの用意を始めると、
決まってピンセットにまとわり付いた。

目が開いたとき、
自分にエサを与えていたピンセットを見て、
「ぴ」は、
ピンセットを、
親鳥の嘴とでも思ったのかもしれない。

[つづく…]


(飯村和彦)

newyork01double at 18:14|PermalinkComments(4)