いじめ自殺

2006年10月16日

教師が“主導した”いじめ〜福岡中2自殺



いじめを苦に自殺した、
少女の「遺書」を「手紙」として、
自らの保身に走った教育者たちがいたと思えば、
今度は、
教師が「いじめの主犯」である。

福岡県筑前町で発生した中2少年の自殺。
既に報道で知っている方も多いと思うので、
ここで、
その詳細を書くことはしない。

けれども、
教師の言動は、
「自殺の主因ではなく誘因だった」
とする学校側の言い分には、
呆れる。
またもや、お得意の“責任逃れ”である。

そこまでして、
教育者としての責任を回避したいのか?
“誘因”という言葉。
よくもそんな言葉を真顔で使えるものだ。
あ然とさせられる。


竹林2


例えば、
友達の文具を拾ってあげた、
自殺した生徒の親切な行為を、
「偽善者にもなれない偽善者」
として切り捨てた、教師の言動。

さらには、
「からかいやすかった」
という教師の生徒に対する認識。
これらは、
“教師によるいじめ”以外のなにものでもない。

どう考えても、
教師の言動が、
生徒を自殺に追い込んだ“原因”であるいと思われる。

にもかかわらず、
主因や原因ではなく“誘因”…だという。
この期に及んで、
言葉を弄んでどうする?

学校側としては、
“教師の言動(=明らかなイジメ)は誘因でしかなく、
自殺の原因や主因は、
教師ではなく、生徒にたいする級友のいじめにある”、
…としたいらしい。

幾らかでも責任を逃れたいのだろうが、
そんな身勝手な解釈が、
通用するとでも思っているのだろうか。

子どもの人権や尊厳を第一に優先するのが、
教育の基本中の基本。
それをせずに、
自分たちの責任を子どもたちに転嫁するとは、
言語道断、
本末転倒もいいところ。

なぜ、
自分たちの過ちを、
“潔く、素直に”認められないのだろう。
過ちを認めるとしても、
“限定的”、“条件付き”…。
いつだって“いい訳”でしかない。

教師が“主導した”イジメによって、
失われたひとりの子どもの未来…。
この明らかな構図は、
どんなに言葉を弄しても、
決して消えることはないのに…。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 11:07|PermalinkComments(8)

2006年10月06日

「いじめ自殺」で土下座…それで?



北海道滝川市の小6少女の自殺をめぐる「事件」。
市長以下、教育委員会の面々が、
突然、遺族宅を訪れ、
土下座して謝罪の言葉を並べた。


反転カラー花


長期に渡り、
“暴力的ないじめ”はなかったと強弁し、
「遺書」を「手紙」と言い換え続けてきた彼ら。

遺族宅で土下座をする数時間前ですら、
「事件」発生当時の、少女の「遺書」の取り扱いについて、
理由にならない抗弁を繰り返していたにも係わらず、
“逃げ切れない”
と見るや、急転直下、
今度は、これまでの自分たちの発言を全部ひっくり返して、
お得意の「土下座」である。

見ていて、呆れ果て憤怒を抑えきれなかった。
これまでの経緯を見れば、
彼らが、ことの重大さに気づき、
心から謝罪の言葉を述べているとは到底思えない。
「台風が頭上を通り過ぎるのを待つ、
パフォーマンスじゃないのか」
…と疑われても仕方ないだろう。

土下座で問題が解決する訳ではない。
ましてや、
そんなパフォーマンスで、
これまで彼らが“堂々と!”発言していた言葉が、
すっかり消え去るものではない。

責任ある立場にいるものとして、
自分たちの“膿”を全部、出し切って欲しい。
それが出来ないうちは、
いくら土下座して謝罪の言葉を並べても、
なんの意味もない。

そして一番大事なこと。

子供たち全員が、
保身のみで行動した“偉い先生たち”の姿を目にし、
その欺瞞に満ちた言葉を耳にしたということを、
忘れずに…。


(飯村和彦)


newyork01double at 16:08|PermalinkComments(8)

2006年10月03日

小6少女「遺書」の意味



いじめを苦に、
「遺書」を残して自殺した、
小6少女。

その少女からの、
“最後のメッセージ”を、
教育現場の大人たちは、
正面から受け止めることを、
積極的に、拒んだ。

北海道・滝川市にある市立小学校の教職員と、
教育委員会の面々…。

彼らにとって、
子供とは、
どんな存在なのだろう。

少女の命の叫びである「遺書」を、
公然と「手紙」だと言い張る。
自分たちに
都合の悪いものは、
都合のいいように解釈を変えていく。

子供の心の傷など、
…どうでもいいらしい。
教師としての立場、
…守りたいのはその一点だけ。

卑しく、浅ましい。


粒粒紫


さらには、
この期に及んで、
「暴力によるいじめはなかった」
と抗弁する。
冗談じゃない。
「言葉による暴力」が、
いかに深く人間の心を傷つけるかを、
知らないとは言わせない。
詭弁を弄するにも程がある。

教育現場にいるあなた達が、
今回の件で受けた傷より、
もっともっと深い傷を、
自殺に追い込まれた少女は負っていたのだ。
どうして、
そんな明らかなことを理解できないのか。

少女が書き残した最後のメッセージ。
あの「遺書」の意味を、
しっかりと受け止めて欲しい。
それができないのなら、
さっさと教育の現場から去るべきである。


(飯村和彦)


newyork01double at 10:57|PermalinkComments(18)