がん免疫療法

2017年12月22日

手当り次第に“考える”「2050年は人生110年社会に」



うさぎと亀の話じゃないけど、亀のように一歩一歩着実に、
ゆっくりでもいいから毎日を大切に過ごしていけたらいいな…としみじみ思う。
「のそのそ」
でも、
「てくてく」
でも、
自分の足できちんと自然体で…だ。
「はやく大人になりたいなあ」と考えていた頃は、とかく急ぎ足になりがちだったけど、
いま大人になって(いい大人かどうかは別にして…)、つくづくそう感じる。




亀
(photo:kazuhiko iimura)




2017年も残りわずか。

ここにきてアメリカでは、急ごしらえの税制改革法案が議会を通過、
トランプ大統領は、

「歴史的な減税だ!」

と意気軒昂だけれど、
実際は当の本人が選挙公約に掲げたほど低中所得層に恩恵はなく、
優遇されるのは大企業と富裕層だ。
まさにお金持ち好きのトランプの真骨頂(?)。
また、減税をすれば当然財政に穴があき、その額は約1.5兆ドル。
その穴をなんで埋めるかのかといえば、きちんとした制度設計ができていないよう。
予算を切り詰めるための一つの候補になっているのが、
低所得者層の子どもや母親らへのヘルスケア・プログラムへの支出のカット。
なんとも悲しいアイディアだ。
そうなると約900万人もの低所得者家庭の子どもが、
医療サービスを受けられなくなるらしい。




トランプ人形
(photo:kazuhiko iimura)




大統領就任直後から、
トランプの支持率は「歴史的な低さ」でほぼずっと30%台(Gallup Daily: Trump Job Approval)。
10月末にワシントン・ポストが行った世論調査では、
トランプ政権下で、

「政治の停滞が危険水準に達した」と考える国民が71%

その原因はトランプ大統領自身にあると答えた人が85%にも達している。
じゃ、どうしてトランプが大統領になっちゃったの…という話だ。

ともかく、そんなこんなで2017年が終わっていく。
はやいものだ。


個人的なことでいえば、
今年は医療系の取材をたくさんしたなあ…というのが率直な感想。
つまり、それだけ加速度的に医療の各分野が進んでいるということだ。
がん治療に関しては免疫療法が完全に研究開発の主流になり、
新しい薬や様々なタイプの治療方法が登場してきた。

光免疫療法
 なんかは、近赤外線でがん細胞を瞬時に破壊するというから凄い。
はやく一般の医療現場でその威力を発揮して欲しいと思う。




近赤外線
(photo:kazuhiko iimura)




それから一番驚かされたのが死んだ 脳細胞を再生させる薬

以前ここでも紹介(想像力を駆使して手当たり次第に“考える”「例えば新垣さん」 )した、
脳梗塞や脳損傷でダメージを受けた脳を再生させる細胞薬のことだけれど、
まさにこれまでの医学の常識をくつがえす画期的なものだった。
リハビリをしても効果のなかった腕や足が動かせるようになったのだから。
この薬なども一日も早く治験を終えて認可されて欲しい。

そしていま取材しているのがアンチ・エイジングの分野。
現在進められている研究開発が成功すれば、

2050年までに人間の寿命は100歳〜110歳まで延び

尚且つ人生最後まで健康的な生活を送れるようになるのだという。
ある程度長生きをしても晩年は病気との闘い…ということじゃなくてだ。
これにはびっくり。

けれども、そんな長寿医療の発展も受け止め方はひとさまざま。
今月83歳になったあるアメリカ人のおじいちゃんにその話したら開口一番、
「そりゃ大変だ。もっともっと働かないといけなくなる」ときた。
「でも、健康なまま長生きできるのは良いことなのでは?」
と尋ねてみると、
「そんなに長生きしたら年金がなくなるよ」
とっても現実的な答えが返ってきた。
一日一日を大切に丁寧に過ごしているおじいちゃんならでは考え方だ。
なるほど、ものごとはいつだって複眼で見ないといけないということ。
2050年までにはまだ少し時間があるから、
そんな(超)高齢化社会に見合った制度をつくる必要がある訳だ。



人生に続編はある?
そうだね、ないよね…きっと。
だってひと繋がり、
一回きりだから“生き切ろう”って思えるのだろうから。



「続編」っていえば、その要望の多かったドラマ 「逃げるは恥だか役に立つ」 (TBS系)が、
年末年始の昼間に一挙再放送されるという。
畑違いではあるけれど同じテレビ業界に身を置く人間にしてみればこれも驚きだ。

それだけ、新垣結衣 さん演じる 「森山みくり」 をもう一度…という視聴者が多いのだろう。

もちろん年末には番組の再放送が多くなるけど、
大抵は、その夜に放送するスペシャル番組の番宣的に前年のものを流す…というケースが多い。
番組宣伝ではなく、純粋な再放送(それも二日間にわたって約12時間)というのは聞いたことがない。
TBS、ずいぶん思い切った編成をしたもんだ。
でもまあこれで普通に考えれば「逃げ恥」の続編…という話はなくなったのでしょう。
きちんと完結した良質の物語(原作もそうだし…)、
言い換えればシリーズ化に馴染まない性格の作品だから「続き」といってもね。
もしかすると制作スタッフや出演者の方々もそう考えているのではないかな…とも。
次なる傑作のために。
でもテレビ局には大人の事情、
例えば視聴率がとれるなら少し無理をしてでも…とかがあるからなあ。


ナニワトモアレ、みんなが楽しめればね。
楽しくないと、疲れるし。

なにごとによらず、人に楽しんでもらえるように、
みんないつだって全力、ベストを尽くす。


けれどもそのことと肉体的、精神的な疲れは別で、頑張った分ちゃんと疲れる。
からだは正直だから。




大空
(photo:kazuhiko iimura)




人生って長い?
それとも短い?
年齢によって感じ方が違うのはそれとして、
「短い」って感じるときの方が充実しているのかも…。
そんなとき、
いつもずっと、ただ静かに隣にいてくれる人がいるといいよね。
例えば気心の知れた幼馴染とか。
べたべたする関係じゃない。

大事なとき、一緒にいて欲しいとき、傍にいてくれる。
そんな穏やかな人だ。


けれども、いまある、
自分の在り方にとらわれると自分を見失う気がする。
生き方、生活のスタイルを変えないで、日常を送っていく。
まわりからの視線は、ことあるごとに良くも悪くも変わる。
これは自然なことだ。
だから子どものころから家族や仲間と積み上げてきた時間や環境を、
自分の感性のまま、精一杯生きるしかない。

「自然体」 って多分そんなことだ。

勢い込まず、でもその人なりに一生懸命考えて。

いまの立ち位置を確認しながら前を向いて、自分なりスピードで進んでいくしかない。
きっとそれが自分らしさのはずだ。
2018年は、そんな一年になればいいな…と思う。

考えて、前を見て、踏ん張って、もうひと頑張り…

(飯村和彦)

newyork01double at 09:30|PermalinkComments(0)

2016年05月18日

がん治療の新しい地平!アメリカ発「がん免疫療法」(1)



毒をもって毒を制す!
先週、FDA(アメリカ食品医薬品局)が、デューク大学の開発した「ポリオウィルス」を使って脳腫瘍(正確には膠芽腫)を攻撃する治療法を「Breakthrough Therapies」(仮訳:画期的治療法(治療薬)」に指定した。
「Breakthrough Therapies」指定制度は、「FDA安全性及び革新法」(2012年施行:FDA Safety and Innovation Act: FDASIA)に付随するもので、単独または他剤との併用により重篤または致命的な疾患や症状の治療を意図した新薬の開発と審査を加速することを目的としている。(参照:FDAホームページ)

この「ポリオウィルス」を用いた脳腫瘍の治療法は、2013年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表されて以来注目を集めてきたもの。その特徴はがん細胞をポリオウィルスが直接死滅させるだけではなく、その療法によって免疫機能も誘発され、がん細胞を攻撃するようになること。

当然ながら素朴な疑問が浮かぶ。なぜ「ポリオウィルス」なのか。
デューク大学の説明によると、がん細胞の表面には、ポリオウイルスを磁石のように引き寄せる受容体が多数あるため、“ポリオウイルスの感染によりがん細胞が死滅するから”だという。

使用されるポリオウィルスは、遺伝子組み換え技術によってつくられた「改良型ポリオウィルス」。ポリオウィルスの基本的な遺伝子配列の一部をインフルエンザウィルスのものと組み換えたもので、この「改良型ポリオウィルス」は正常細胞には無害だが、がん細胞に対しては致死作用があるらしい。
さらには前述した通り、「改良型ポリオウィルス」を患者の腫瘍に直接注入する治療法には、身体の免疫機能を誘発して、ポリオウイルスに感染した腫瘍への攻撃を開始させる効果もあるという。
研究者によると、実はこの免疫系の働きがとっても重要で、ポリオウィルスをがん細胞に感染させて死に追いやるのは、全体の流れでいえば最初のきっかけにしか過ぎず、実際に腫瘍全体を死滅させるのに大きな役割を果たしているのは、この免疫系なのだという。

ここ数年、アメリカで研究されている先端がん治療をあれこれ調べ、取材してきたけれど、やはりその多くが人間に生来備わっている免疫機能を活性化させたり、呼び覚ましたりするものが多い。

これまでは、がんになったら病巣を外科手術で摘出し、その後は抗がん剤や放射線を使用して転移や再発を抑える…という方法が一般的に行われきた。
ところがご存知の通り、この治療法は患者本人への負担が大きい。特に末期がん患者の場合、一定の治療効果があって余命を伸ばすことに成功したとしても、多くの患者が厳しい副作用に苦しむことになり、残された大切な時間を苦悶の中で過ごさざるを得なくなる。
理由は明らか。
外科手術はもとより、抗がん剤を使った治療はその特性から患者本人の身体や正常細胞を激しく損なうからにほかならない。そこでここ数年、先端がん治療の現場で注目され、研究が進んでいるのが人間の持つ免疫機能を活用してがんを叩く、「がん免疫療法」ということなのだろう。

例えば、ペンシルバニア大学を中心にした研究チームは、「エイズウィルス」を使ったがん免疫療法を開発した。ここでのコンセプトは、「患者の免疫細胞(T細胞)をがんを直接攻撃する細胞に作り変える」こと。対象とされたがんは、急性リンパ性白血病、及び慢性リンパ性白血病だった。

この免疫療法が一躍全米の注目を浴びたのは2012年12月。急性リンパ性白血病を患い、残された治療法はなく、あとは死を待つのみと宣告されていた少女(7歳)が、この治療法の臨床試験に参加して奇跡的な回復を遂げたことだった。(この成功例は当時、ニューヨークタイムスによって大きく報じられた)
その後も研究チームは、急性リンパ性白血病、及び慢性リンパ性白血病の患者を対象に臨床試験を継続。治験者は、従来の治療法である化学療法や幹細胞移殖などを繰り返したあと、ほかに残された治療方法がない人たちだったが、2013年12月に発表された結果は、75人の白血病患者のうち45人は、後に再発した患者もいるが、回復しているというものだった。

では「エイズウィルス」を使ったがん免疫療法とは、具体的にはどんなものなのか。
その流れは以下のようになる。
まず、患者本人から取り出した免疫細胞の遺伝子を、不活性化させたエイズウィルスを利用して組み替え、がん細胞を攻撃するように改変する。次に、こうして改変した免疫細胞を培養で増やした後、また患者の体内に戻す。すると、体内に戻された改変した免疫細胞が、がんを叩くという寸法である。
この改変された免疫細胞は、ほとんどのがん細胞の表面上に見られる「CD19」と呼ばれるプロテイン(タンパク質)に向かって進むようにしてあるので、結果、直接がん細胞を攻撃することになり、順調に機能すればがん細胞を破壊しはじめるのだという。

そう、ここでまたしても疑問。どうして「エイズウィルス」だったのか。
臨床試験の指揮をとるペンシルバニア大学のジュン教授によると、「(不活性化させた)エイズウィルスは、免疫細胞のDNAに入り込むのが得意だから」…だそうだ。「エイズウィルス」と聞くとみんな驚くかもしれないが、不活性化して病原性をなくしてあるから問題ないらしい。
確かに、エイズ=「免疫不全症候群」。だからエイズウィルスは免疫細胞に巧妙に進入するのだろう。

余談になるけれどこのジュン教授、取材の問い合わせをした際、ものの1時間もしないうちに返信メールをくれた。何かの役に立てばと自分の研究室にいた日本人研究者(医師)の連絡先も沿えて…。いつも思うことだけれど、リスポンスの速い人ほど素晴らしい仕事をしている。頭が下がる。

さて、このペンシルバニア大学の治療法のコンセプトそのものは50年ほど前からあり、ヒトを対象にした臨床試験も過去20年間ほど行われてきたという。しかし、患者に戻した免疫細胞をその体内で生存させるのがとても難しかったのだそうだ。試行錯誤の末、免疫細胞に組み込む遺伝子を運ぶために使う「乗り物」(ベクターと呼ぶ)に、「改変エイズウイルス」を用いたところ、いい結果が得られるようになったのだという。
このペンシルバニア大学を中心に行われている研究は大手製薬会社の協力のもと現在も着実に進んでいる。

とここまで書いてきて、25年以上前に読んだ一冊の本について触れたいと思う。
「明るいチベット医学〜病気をだまして生きていく〜」(センチュリープレス)
特別な理由もなくふと書店で手にしたものだったが、取材対象の一つの柱として自分が医療分野(…というか医療行為の神秘)に興味を持つきっかけを与えてくれた一冊だ。



明るいチベット医学



改めて著者の大工原弥太郎さんについて調べてみると、『…昭和19年生まれ。チベット医学を専攻。昭和46年インドのダージリンで診療開始。翌年ブッダガヤに移ってのち、印度山日本寺境内に私設の無料診療所を開所。以来、臨床畑を歩むかたわら、招聘に応じてたびたびイギリス、スペインでの講座講義と臨床。昭和50年に国連ユニセフ・フィールド・エキスパートとしての専属契約によりネパール、ブータン、タイ、カンボジア、ヴェトナム、チベット等で、教育・福祉・健康・医療面での諸プロジェクトに従事店』(一般社団法人・仏教情報センターHPより抜粋)とあった。

実はこの「明るいチベット医学」の中にも大変興味深い「がん治療法」が紹介されていたのだ。いま手元にその本自体がないのが残念だが、当時書いた取材メモが残っていたので以下に…。

『…病気を取り除くのではなく、いかに上手く病気と付きあっていくかが大切。例えば、チベット医学のがん治療法。これにはがんの種類、進行具合、患者の資質によって二つの方法があるという。
一つが患者の体力を落として体質改善を図る方法。この方法は主に上皮肉腫に用い、消化器、循環器以外のがんの場合に用いられる。がんはその発生から豊富な栄養をもとにしており、細胞分裂するごとに勢いを増していく病気。だから逆に、がんの進行に拮抗できるような体力の“落とし方”をすればがんの勢いも衰えるという考え方に基づいている。
例えばこんな具合だ。ある期間、ブドウ糖と塩水以外は一切患者に食べ物を与えない。そうして、ほとんど皮下脂肪が無くなった頃合をみて断食を解除、段階的に正常な消化活動を再開させる。ところが、いったん脂肪も体力もギリギリまで落ちた身体は、もう身体にとって望ましい量の食物しか受け付けなくなっている。こうなればもう“出来あがり”らしい。
通常、がんが消えてなくなることはないが、それ以上大きくなることも無く、みんなガンと同居しながら苦しみもせず10年、15年と生きていくのだという。

もう一つが、らい菌をがん患者(主に喉頭や食道、肺ガンなどの呼吸器系を中心とした、比較的症状が軽い患者) に感染させて、ガンを治す方法。この方法は患者をらい菌に感染させるまでに時間がかかるのが難だというが、らい病は、今では重症にしなければ完治させられるし、後遺症は起こらない。その治療効果は抜群だという。上手くらい菌に感染させられれば、がんは大方消えてしまうそうだ。

“医者は患者に関わりはするが結局は他人。頼りになるのは自分の身体だけだ”というのがインドの人たちの考え方だという。だから彼らは病気にならないように生きるべく、昔から語り継がれた知恵を沢山持っている。そしてそれらは、専門的な観点からみても理に適っている場合が多いのだという。…』
(以上、取材メモより抜粋)

いま改めて取材メモを読み返してみてやはりちょっと驚いた。

「らい菌」をがん患者に感染させる治療法は、いま最先端だといわれている「ポリオウィルス」や「エイズウィルス」を利用したがん治療法と通じるものがあるのでは? 当然だといわれればそれまでなのだが、つまり人が長い歴史の中で経験し、実践してきた治療法というものは21世紀の現在にいたっても、その発想に関しては脈々と息づいているということなのだろう。
遺伝子工学や分子生物学、有機・無機化学の急速な発展と共に医学そのものも様変わりしているけれど、人の身体の在りようは変わらない。たぶんそんなところなんだろうなと…。

(飯村和彦)




newyork01double at 10:12|PermalinkComments(0)