まぐろ

2007年05月05日

偽りのマグロ



韓国で、一部のマグロ専門店が、
深海魚の一種である「キルムチ」を、
「マグロ」とだまして販売し、摘発されたという。

キルムチの値段は、メバチマグロの半値以下。
キルムチは、日本では「バラムツ」と呼ばれる魚らしい。
太平洋岸にも多く生息しているというが、
日本では食品衛生法で、
食用禁止になっているという。

さて、
↓は、正真正銘のマグロ。
クロマグロと並ぶ、高級マグロの一種、
ミナミマグロである。


まぐろを手で捕獲3
(撮影:hori-shin)


今回、韓国で、
「偽マグロ」として売られていたキルムチは、
冷凍された状態、
多分、サクか切り身の形…で、
売られていたらしい。

多分、
深海魚キルムチの元の姿は、
マグロとは、
似ても似つかない姿なんだろうなあ。

うまい話…は、
そうそうある訳じゃない。
けれども、
「安くて旨い○○○」
なんていって、
あちこちで回っているものの中には、
「偽マグロ」と似たようなケースが、
多々あるようだから、
気をつけよう。

でも、
切り身の状態じゃ分からない?
自分の「舌」だけが頼り?
安くて旨ければなんでもいい?

これって、
実は、
とても深刻な話なのです。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 16:33|PermalinkComments(0)