オリンピック

2009年06月15日

村上春樹さんの本「sydney!」



村上春樹さんの新刊、
「1Q84」 が、大変な勢いで増刷を重ねている。
まあ、予想通り。
5年(?)も新刊小説を発表していなかった訳だから…
村上さんの本を残らず(多分)読んでいる自分としては、
読者の心理が分からないでもない。
しかし、だからといって、
一刻も早く「1Q84」を手にしてしたい、
という衝動に駆られる訳でもない。
適当な時期に適宜時間を見つけて、読む。
村上さんの本とは、そんな感じで付き合っている。

さて、
そこできょうは「sydney!」
随分前に村上さんが書いた、シドニーオリンピック観戦記だ。


シドニー


なんでまた今頃ここで「sydney!」なのかといえば、
文中に、コアラについての興味深い記述があったから。
村上さんらしく、実に丁寧に記している。
以下、若干長くなるがその部分を引用させ貰おう。


「どうしてコアラはそんなによく眠るのか?
気になったから本で調べてみましたよ。
まずだいいちにそれはコアラがいつも食べている
ユーカリの葉っぱに問題があるんです。
ユーカリの葉には一種の毒素が含まれています。
虫に食べられないように自衛しているわけなんだけど、
それをコアラはがつがつ食べちゃうから、
どうしても眠くなってしまうわけだ。
そしてまたユーカリの葉には多くの繊維質がふくまれているんだけど、
それをコアラは自分で消化することができない。
だから体内にバクテリアを飼っていて、
それに繊維質を分解してもらいます。
よくできていますね。
ところがこれにも問題がある。
とにかく時間がかかるんです。
バクテリアがのそのそと仕事をしているあいだ、
コアラは重い胃を抱えた状態のままでいなくてはならない。
牛みたいに地上で生きている大きな動物ならともかく、
コアラのように
樹上で生活している小さな動物にとってはかなり負担になる。
体重が増えると、敏捷性が落ちて、
枝から枝へ移動するのがむずかしくなり、
下手をすると転落しかねない。
だからある程度ダイエットしないと生きていけない。
となると栄養の絶対量は減るから、
行動を制限してエネルギーを減らす必要がある。
というわけでコアラはあまり動かないし、
いつもぐうぐう眠いっている。
だらだらするのにはするだけの理由があったんだ。
〈一部、省略〉
しかしコアラは一日のうちの80パーセントを
睡眠のうちに送っているんだそうです。
いくらなんでもなあ、とは思うけど、しょうがないんだろうな」


というわけで、
村上さんのこの文章のお陰で、
私も私なりに、
コアラに対する見方を一部変えることができた。
感謝である。

しかしここで、
「sydney!」という本について書いているのに、
コアラの部分だけを紹介するものなんなので、
一応、
村上さんの「オリンピック考」についても少々。
村上さんは、あとがきに以下のように記していた。
以下、あとがきの一部を抜粋させて貰おう。

「東京に戻ってきて、
ビデオで録画されたオリンピック中継を見てみたら、
まったく別のものに見えてしまったということだ。
同じひとつのゲームを
違った側面から見たというような生やさしいものではなく、
そもそもぜんぜん違うゲームみたいに見えたのだ。
だからちょっとだけビデオを見て、
あとはまったく見るのをやめてしまった。
そんなものを見ていたら、
僕の頭は混乱して、
何がなんだかわけがわからなくなってしまいそうだった」

村上さんはその事実に「呆然」としてしまったという。
いったいどうして村上さんがそのような心境になったのか。
まあ、それについては、
「わざわざ南半球まで行って実物を見てきた」という、
村上さんの本をお読みになってください。
もちろん、
新刊「1Q84」を読んだ後でもいいですね。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 17:12|PermalinkComments(0)

2005年12月21日

NY’90:頑張れ!浅田真央さん



No.25
a fat chance
まず無理。
まあ、そうはならない
ほとんど、見込みがない。


Ex: He has a fat chance of winning.
(彼が勝つ見込みはない)

先々、実現する可能性がほとんどない…という意味あい。
「fat」(=太った、脂っこい、ふくれた、分厚い…)
という言葉の意味からすると、
なんとなく逆の意味のように思えるが、
「a fat chance」は、反語的に使用される。
“将来の夢”のほか、一般的に“可能性がない”
ということを表現したいとき、
是非、使って!



雪
(撮影:息子)



頑張れ!浅田真央さん

フィギュアスケートのグランプリ決勝大会。
「くるみ割り人形」の曲にのり、
氷上の「天使」となった彼女。

しかし、
来年2月のトリノ冬季オリンピックには、
年齢制限のため、出場資格がないのだという。
まあ、このことはみんなご存知のはずだ。

体ができあがっていない時期から、
難易度の高い技を練習すると、
幼い体に負担がかかり、
悪影響のでる可能性があるからだそうだ。

一理ある。

体操もそうだが、
ここ数年、
世界のトップレベルで活躍している女子選手の多くは、
「子供に近い少女」…、といってもいいかもしれない。

柔らかい体をもつ彼らの方が、
大人よりも、
難しい技を習得しやすいから…とも聞く。

しかし、
「技」が全てでもないだろうとも思う。
大技を完璧に決めても、
見ていて、ときに物足りなさを感じるのは、
私だけではないだろう。

もちろん、これは一般論で、
浅田真央さんについていっている訳ではない。

当然のことだが、
優秀な大人の選手には、
成熟した美しさがある。
これは、「技」を越えた「芸術」だと考える。

オリンピックで、
この芸術性が考慮されていないとは言わない。
採点に大きく係わってくることも知っている。
しかし…だ。
そうはいっても、
難易度の高い「大技」の方に、
より比重が置かれているのは間違いないだろう。

そこで、あえて言いたいのは、
年齢制限が、医学的な見地から導入されたのであれば、
それを徹底的に守って欲しいということ。

オリンピックがダメなのに、
世界選手権を除く、他の国際大会には出場できる…
というのでは納得がいかない。
本当に幼い選手の体を気遣っての規定であれば、
とことん子供を守って欲しい。



ピース顔(撮影・息子)



さて、浅田さんの場合とは逆に、
かつて、40歳の男が、
夢よ、もう一度!
…とばかりにオリンピックに再挑戦したことがあった。

男の名前は、マーク・スピッツ(Mark Spitz)。

彼は、1972年のミュンヘン五輪で、
出場した競泳7種目すべてで、金メダルを獲得した、
水泳界の「英雄」である。
ゴールインするたびに両手を高々と上げ、
観衆の声援に応えていた彼の姿を、
記憶している方も多い筈。

そんな彼が、1990年、
突然、その2年後のバルセロナ五輪(1992年)に出場すべく、
猛特訓を開始したのだ。
年齢は40歳。
自宅近くのロサンゼルスのプールで、
自分の半分ほどの年齢の選手たちに混ざって、
きつい練習を続ける彼の表情は真剣そのものだったが、
その姿は、痛々しくもあった。

He has a fat chance of winning.
(彼が勝つ見込みはない)

代表選考会を兼ねた競技大会に出場する彼に対し、
全米メディアはそう伝えていた。

7つの金メダルをとり、
地位や名誉ばかりではなく、
信じがたいほどの富をも得たマーク・スピッツ。
そんな彼が、なぜ…。
その理由を、マーク自身はこう語っていた。

「自分の人生において、もう一度、
それまで誰も成し得なかったことをやりたいだけだ」

一度、偉業をやってのけた人間にしか分からない、
凡人には推し量れない、
「決意」だったのだろう。
狙いは、「100mバタフライのみ」だともいった。

さて、その結果はどうだったのか…。

彼自身の決意むなしく、
マーク・スピッツは、予選会で沈んだ。

そこで、一つ考えたことがあった。
惨敗の理由だ。

40歳という体力的な面もさることながら、
偉業を達成する上で、
能力以外に不可欠な「運」を、
彼は、
既に使い果たしていたのかもしれない…と。

(飯村和彦)






newyork01double at 11:52|PermalinkComments(20)