サッカー

2008年01月11日

英国流サッカー教室



愉快な練習に見えた。
というのは、
息子が参加した英国流サッカー教室のこと。
コーチたち(3人)はイギリス人で、
みんな声が大きく、明るく楽しい。


英国サッカー


練習そのものは、
基本である「止めて蹴って走る」が中心なのだが、
より楽しく学ぶための工夫がなされていた。
“黙々と…”という印象はない。


英国サッカー2


ベッカムやオーエンなどという選手たちも、
もしかすると、
こんな環境で練習していたのだろうなあ。
ハードでありながら、リラックスした雰囲気。
悪くない。
「結構、楽しかった」
とは息子の感想である。
いいじゃない、悪くない。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 17:02|PermalinkComments(0)

2007年06月10日

サッカー公式戦!



息子、
1得点。見事なボレーシュートだった。
けれども、
試合は、1-2で敗退。
残念。


ゴール前


けれども、
諦めず、
走りに、走った。


走る走る


ranking人気ブログランキングへ!


(飯村和彦)


newyork01double at 09:26|PermalinkComments(2)

2007年06月04日

元気なサッカー少年たち



ブログ更新が、
滞っておりました。
また、
明日(?)から、
ボチボチと…、記します。

ところで、
サッカー少年たちには、
「ボチボチ」
なんて曖昧な状態、
ないんだろうなあ。


サッカーだ



(飯村和彦)


newyork01double at 22:21|PermalinkComments(0)

2007年05月13日

サッカー少年



息子。
練習試合ながら、
2試合で、
「3得点、2アシスト」
もちろん、
勝利である。


サッカー少年


細い体で、
良く走り、
良く蹴る。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 12:28|PermalinkComments(0)

2007年04月01日

自慢のサッカーボール



少し前になる。
サッカー教室に参加した息子が、
指導してくれたプロの選手たちから、
サインをもらってきた。


自慢のボール


ところが、
彼はといえば、
その後も、↑のボールを、
日常的に使用していたので、
いつしか、
大切なサインは消えてしまった。

まあ…、
ボールを蹴るたびに、
サインが目に入る訳だから、
練習で教えてもらったことを、
思い出す。

つまり、
サインは消えても、
「技術」は身に付いた、
…に違いない(?)。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 22:19|PermalinkComments(2)

2006年10月20日

サッカーの「朝練」だという…



この5日間ほど、
息子が、
サッカーの早朝練習に打ち込んでいる。

特に誰かから強制された訳ではない。
親友と話していて、
突然!
学校が始まる前、
練習することに決めたのだという。


リフティング


「凄いなあ…」
と思うのは、
自分でそう決めたからなのだろうが、
朝の準備を全部一人でやっているところ。

6時過ぎに起床すると、
自分で朝食を“作って!”いる。
今朝は、
妻に作り方を教えられたという
パンケーキを焼いていた。
その上、

「父さんも食べる?」

などと、
洒落た提案までしてくる。
もちろん、
ご相伴に預かったが、
これが、
無闇に旨い。

「息子が作ったものだから」
という理由も多分にあるのだろうが、
そんなパンケーキを食べられるだけで、
Happy…というもの。

一方、
息子の方は、
そんな父親の“感慨”などどこ吹く風。

きびきびとした動作で、
食べた食器を片付けると、
サッカーと学校の用意をして、
朝の公園へと走っていく。

「気をつけてな!」

息子の背中にそう声をかけると、
彼は、
決まって右手を上げる。

まあ、
たったそれだけのことなのだが、
それだけで“充分”。
お陰で、
このところの忙しさにも、
耐えていられるというものだ。
息子に感謝!…である。


ranking人気ブログランキングへ! …さてさて…!

(飯村和彦)


newyork01double at 11:58|PermalinkComments(16)