バッファロー

2006年09月16日

白いバッファローがいた!



ちょっとした発見だった。
バッファローといえば、
黒に近い焦げ茶色…、
それが一般的な知識だろう。


バッファロー子供


↑の写真は、生まれて数ヶ月のバッファロー。
幼いゆえ、
勇ましさはないが、やはり色は焦げ茶色。

ところが…である。
コロラドで見た、
↓のバッファローは…。


白いバッファロー1


毛色が“白”なのだ。
白といっても、もちろん純白ではないが、
知識として知っている、
バッファローの色とは明らかに違う。

突然変異の、
バッファロー版「アルバイノ」(…いわゆる白子)かと思いきや、
それがそうではなく、
こんな毛色の種類なのだそうだ。
その証拠が↓


白いバッファロー目


アルバイノなら、
瞳の色が青(…というか水色)になるのだという。
ところが、
このバッファローの瞳は、
他のバッファローと同じ焦げ茶色。
そこで、
アルバイノであるか、
そうでないかが見分けられるのだと説明された。

ちなみにバッファローは、
アメリカン・バイソンのことである。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 09:40|PermalinkComments(8)