北村薫

2007年05月27日

スキップ、ターン…、そして「リセット」



「蔵書」…。
なんていうと大袈裟で笑っちゃうが、
手元にある本のなかで、
“何度も読む”ものとなると、
実は、それほど多くない。

理由は簡単で、
読みたい本が、次々に見つかるから。

けれども、そんな中、
北村薫さんの、「スキップ」(↓)と、
「ターン」、「リセット」の三冊は、
少なくとも、
三度以上は読んでいる。


スキップ


スキップ、ターン、リセット。
内容については、四の五の…書かない。
兎も角、
是非、“何度も!”読んでもらいたい三冊。

私は「リセット」で、
幾度も幾度も…泣いた。本当に…泣いた。
悲しくて、切なくて、嬉しくて、
そして最後は、とめどなく。

既に読んでいる方も多いはず。
まだの人は、
是非、書かれた順番に、
スキップして、
ターンして、
リセットしてみて下さい。

時空を超える!
素敵な読後感を味わえます。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 15:42|PermalinkComments(1)