2012年12月13日

見たまま、感じたままを、言葉に!



ハードディスクに保存している
写真の整理をしていたら、
とっても懐かしい一枚がでてきた。
↓の写真(ドリルの答案)は、
娘が6歳になったばかりの頃に書いたもの。
小学生の兄を真似て、
お遊びで国語のドリルをはじめたころだ。

設問は、
絵に合う挨拶の言葉を「選ぶ」ものなだろうが、
娘、そんなことは気にしない。
絵をみて、彼女なりに感じたことを、そのまま言葉にしていた。



万弥のあいさつ!



,はようございます。
△じゃましました。
おいしそう。
いいしかった。
イい修い任い襦
Δいってきた。(かえってきた)


どうだろう?
もしかすると「親バカ」といわれるかもしれないけれど、
私はこれを見たとき、
娘の書いたそれぞれの「言葉」に、めまいを覚えるほどに感動した。
決まりきった挨拶なんかには見向きもせず、
(多分、問題が何を求めているのか分からなかっというか、頓着しなかった)、
自分の感じたままを、
思った通りのことを、
そのまま言葉にしていた。

どれもこれも絵とぴったりの表現じゃない?

「これってタカラモノだ」
そう思ってすぐに、ドリルの紙面を写真に収めたのでした。
もちろん大きな花丸で120点!

あれからもう8年。
いまの娘、
もし選択肢がなかったら、どんな表現にするのだろう。
とっても興味があるけれど、
たぶん娘、ふふん…と笑ってお仕舞いかな。
まあ、それはそれでいいのだけれど。

(飯村和彦)



newyork01double at 20:36|PermalinkComments(0)

2008年07月13日

そのまま死んでしまう? 



その彼だか彼女は、
門扉の横、とある植物の茎に、
↓のようにぶら下がっていた。
昨日、
朝、学校へでかける子供たちが発見した。


幼虫


多分、アゲハかなにかの蝶の幼虫。
その状況を見たときは、
「蛹(さなぎ)になる途中なのだろう」
と思い、子供たちとは、
「できるだけそっとしておこう」
という話になった。
で、その「成長」を観察することにした。

ところが、きょう。
娘をともなって蝶の幼虫のところに行ってみると、
これがまったく変化なし。
蛹に姿をかえていく気配すらない。
そこで幾分不安になった。
「生体反応はあるのか?」
きのう見たときには微かに動いていたような気がしたが、
現状からして、そんな記憶もあやしい。

しかしながら、
今更あれこれちょっかいをだすというのも気が引ける。
緑の色はどう?
ということは、これから…?
まあ、どちらに転ぶにせよ、遅かれ早かれ答えはでる。

娘はといえば、
どんな根拠をもってのことだかは知らないが、一言。
「これ、まだ死んでないよ」
兎も角、「変化」を待つだけだ。
風雨や日照りに負けず、
ずっと茎にぶら下がっているだけでも、
大したものだし。


(飯村和彦)


newyork01double at 00:04|PermalinkComments(0)

2008年05月23日

バレエに没頭、娘の個性



好きなことを見つけて、
それに没頭できること。
そして、
集中すること。
楽しむこと。

娘は今、バレエの虜になっている。
レッスンを開始して、まだ3ヶ月。
にも係わらず、
その上達ぶりには目を見張る。


バレイ練習


9月に催されるという発表会。
今は、その振り付けの練習をしているのだが、
驚くべきスピードで覚えていく。
「きょうは2曲目の途中まで習ったの」
そういいながら、
その日のレッスンで覚えたステップを披露。
つま先から指先まで、
彼女なりにきちんと気を配っている。

元来、娘の身体は柔らかい。
手足、身体がグニャリと曲がる。
それもバレエには向いているらしい。
「父さん、見ていて!」
そういった直後の彼女の目は真剣なものになる。
そして舞う。
一点を見つめ、
頭の中を流れるメロディーにのって、彼女は踊る。
その姿は、なんだろう…
個性そのもの?


(飯村和彦)


newyork01double at 15:00|PermalinkComments(0)

2007年06月16日

娘と馬と、その名前



馬好きの娘と…。
馬事公苑。
見る馬、見る馬すべてに、
勝手に名前をつけて見た。


競馬


「アンドロポフ」
とか、
「ステファントロノフ」
とか、
「チャランポラン」
とか…。

すると、
「ベーグマン」は、
我らの手に鼻頭をこすり付けてきた。
………

これ、やってみると面白い。
知らない馬に対しても、
妙な親近感が湧いてくるのだ。


うんてい


(飯村和彦)


newyork01double at 18:55|PermalinkComments(0)

2007年02月17日

Baby人形を抱く、Baby



娘が今、
小学校の授業で、
「自分史」的なことをやっている。

↓の写真は、
彼女が1歳丁度の頃。
この写真を使って、
生まれてから一歳位までのことを、
娘なりに書くらしい。



娘1歳、ベービー人形



ベービーがBaby人形を、
スリングに入れて抱いている…。
いい写真じゃない?
我が著書「ダブル」にも、
多分(?)、使っていた筈。


(飯村和彦)

newyork01double at 11:23|PermalinkComments(0)

2007年02月11日

娘と、今日は碑文谷へ!



晴天につき、
本日も、
きのうに引き続き、
娘と外出。

で、
行ったのが、
懐かしい、「碑文谷公園」


碑文谷い


碑文谷あ


以前は、
この公園の近くに住まいがあったので、
それこそ、
毎日、行っていたところ。

きょう気がついた点は、
池の真ん中にある、
神社が改築されていたこと。
昔は、ボロボロだったから。

さて、
この公園では、
馬に乗れる。
約6年間。
ほぼ毎日、乗っていたから、
我が家の子供たちは、
全ての馬と仲良しだった。

きょうも、
一頭、当時からの馬がいた。
「ステラ」という雌。
元気そうだったので、一安心。
旧友再会…という感じかな。

さあ、
明日から地獄(?)の「編集作業」。
休日返上である。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 16:17|PermalinkComments(6)

2007年02月10日

娘と六本木でデート!



久々の休日。
で、
娘と外へ。


六本木1


六本木2


六本木3


さあ、
いつまで、
こんな素敵な週末を送れることか…。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 17:23|PermalinkComments(0)

2007年01月11日

娘は歌が好き、息子が撮った!



知っている曲を、
ラップ(?)風に歌う娘。
頻繁にではないが、
彼女、
気が向けば、
パフォーマンスを披露する。


魚眼写真、息子作


↑は、
そんな娘の姿を息子が撮影したもの。
写真に施されているエフェクトは、
彼自身の手によるものだ。
あれこれ、
やってくれる。



(飯村和彦)


newyork01double at 20:20|PermalinkComments(4)

2007年01月09日

娘が見た、成人女性!



きのう、
成人式の日。
娘が、
「晴れ着姿の、
お姉さんたちを見たい!」
というので、
近所の駅へ行ってみた。

すると、
約1時間の間に、
「210人!」(…娘がカウント!)
もの、
成人女性を目撃した。


成人1


成人2


成人3


成人4


成人5


成人6


将来、
娘も“確実に!”、
この日を迎える。
その日に、
彼女は、
父と一緒に晴れ着姿を探した、
幼い日のことを、
どう、回想するのか…。

それを考えると、
胸が、
“きゅん!”としてしまう、
父親である。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 21:24|PermalinkComments(2)

2006年12月30日

娘たちと…。また来年!



今年も、あと2日。
東京は、
晴天です。


娘とミルキー


来る2007年に向け、
“鋭気”を養うべく、
本年は、
今日にて終了です。

みなさん、
良いお年を…。
体には気をつけて!


(飯村和彦)


newyork01double at 09:16|PermalinkComments(6)

2006年09月26日

髪が伸びる薬が欲しかった?



なんだ、
そんなに辛かったのか!
…というのは、娘の「髪の話」。

きのうの晩、
娘と一緒に風呂に入っていると、
話が、
突然、2年前の夏へ飛んだ。


「あの時は、
髪の毛が伸びる薬が欲しかった!」


娘がいう“あの時”というのは、
彼女が5歳の夏のこと。
暑くなったので、
「髪をサマーバージョンにしよう」という話になり、
私が彼女を美容院へ連れていった。

で、美容師にあれこれ指示をして、
出来上がったのが↓の髪型。


髪1

髪2

髪3

髪4

髪5

髪6


その時は、
多少、短過ぎるかなあ…との印象はもったものの、
“暑い夏にはピッタリの髪型だ”
と思ったのだが、
妻や息子は、
娘の髪型を見るや否や、
「変だ!」と一言。

そんな中、
ただひとり、
ニコニコしていた(…ように見えた)のが娘だった。
だから、
自分としては、
「本人が、それほど嫌じゃないようだから、まあいいか…」
と思ったのだった。

それが、実は、
「あの時は、髪の毛が伸びる薬が欲しかった」
とは…。
まったくもって、トホホな話。

もちろん! 娘には昨晩、
「悪かったね」
と誤った。
すると…、
もちろん! 娘は今回も、ニコニコしていた…。

さて、
どう考えるべきなのか?


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 10:06|PermalinkComments(18)