安倍内閣

2007年06月06日

ジャンクな法案で国づくり?安倍内閣



「政治と金」の問題にしろ、
「失われ“続ける”年金」問題にしても、
責任だけは、
どんなことがあってもとりたくないらしい。
挙句、
まったく! 具体的な論議をしないまま、
「ジャンク(=ごみ)」のような法案を、
さっさと作って強行採決。

臭いものに蓋…の、いつもの手法ながら、
その「蓋」が、
ジャンクな法律じゃどうしようもない。

年金について、5000万件を1年で調べる?
冗談はやめて欲しい。
絶対に!実行できないことを、
作ったような“真顔”でしゃーしゃーと語る。

年金など、多分、
政府の方々にとっては他人事なんだろうなあ。
そうとしか思えない。
でなければ、
ここまでいい加減なこと、できないだろうから。

↓は、
アメリカ高速道路沿いの「ジャンクヤード」


ジャンクヤード


そういえば、安倍総理。
多摩川で、
「ごみ拾い」のパフォーマンスをしたらしい。
その時のこと。

地元の子供たちは、
いつもの活動そのままに綺麗にごみを拾った。
けれども、
安倍さんの“拾うはず”だったごみも、
子供たちは、
当たり前のように拾って綺麗にしてしまった。
結果、
パフォーマンスでごみを拾いたい、
安倍さんのごみがなくなった。

それでどうしたかた言えば、
子供たちが拾ったごみを、
パフォーマンス用に、
また、ばら撒いたそうだ。

そんなごみを拾って、
総理のパフォーマンスがやっと成立。
「美しい国」づくりも、
大変だ。
けれども、
一度拾ったごみを、
またばら撒くことを命令された子供たちは、
どんな「教訓」を得たのだろう。

パフォーマンスもいい加減に!
ごみを拾うなら、
パフォーマンスではなく、
本気で拾えば共感も沸くのに。
つまり、
「本気」じゃないってことなのか?

ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 11:04|PermalinkComments(2)

2007年03月27日

安倍さん、「思慮深く」…無理?



国民投票法案、
正確には、
「日本国憲法の改正手続きに関する法律案」が、
今国会中に成立する見通しが強まった。
…というか、
強まってしまった!


花反転


何をやってもパッとしない安倍総理。
ならば…ということで、
せめて“自分らしく”国民投票法案を!
ということなのだろう。
しっかりした国民的議論など、
するつもりもないらしい。

支持率が30%しかない安倍内閣に、
どうして、そんな決断ができるのだろう。
あの「ナントカ還元水」の、
松岡大臣を辞めさせる決断はできないのに、だ。

そもそも安倍さんは、
小泉氏から、
総理の椅子を譲ってもらっただけの人物。
つまり、
“国民の信任”を得て総理になった訳ではない。

やはり、
一日も早く総選挙を実施して、
“思慮深い国民”の、
信を問うべきである。


(飯村和彦)


newyork01double at 22:21|PermalinkComments(5)

2006年09月27日

こんな首相と内閣の選び方は?



[毒]にあたってしまったような…、
そんな気分。

きのう、
安倍内閣が発足した。
さて、
その顔ぶれについての論評は、
ここではしない。
昨夜、さんざんやったし、
やっていたし…。


風雲


そこで一つ、
新しい“首相・内閣の選び方”の提案である。

首相になりたい人。
つまり、政党のリーダーは、
自分が首相になった際の閣僚名簿を、
事前に提示し、
その顔ぶれを見て、
有権者が判断できるようにすべきである。

民主党が発表している、
「次の内閣」
に近いアイディアかもしれないが、
それを、
制度としてきちんとつくる必要があると思う。

どんな日本にしたいのか。
どんな政治をするのか。
それを、
どんな顔ぶれで実行するのか。

首相を選ぶ前に、
その全容を国民の前に提示した方がいい。
そうすれば、
選挙で“汗をかいた人”が大臣になる、
…などという“論功行賞”人事に陥ることもなくなるだろうし、
もっと“品のある内閣”ができるに違いない。
そして、なにより、
政策本位の政治が実現するのでは?

もちろん、
今の政治システムの下で、
それを行うには無理がある。
けれども、
無理を承知で、
そんな「ガラス張り」の政治を望んでいるのは、
多分、
自分ひとりではないような気がする。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 09:32|PermalinkComments(6)