安倍総理

2007年07月15日

グランドキャニオン・夕景



台風4号。
相当な勢力を維持し、
東へ進んでいる。

テレビでは、
日本のリーダー(?)が作り笑い。
安倍内閣総理大臣。
彼の、
心からの笑顔を見た記憶がない。

さて、
こんな日は素敵な景色。
で、グランドキャニオンの写真だ。


グランドキャニオン夕景2


夕方。
壮大な風景が朱色に染まった。
地球は小さい?
そんなことじゃない。



(飯村和彦)


newyork01double at 11:46|PermalinkComments(0)

2007年03月17日

見苦しい松岡大臣の言い訳



No.36
Cop out
つまらない、理由にならない言い訳をいって止める

Ex: Oh! He copped out.
奴は、愚にもつかない言い訳をいって、逃げた(止めた)。

本来すべきこと、
または、やろうとしていたことを止める際に、
つまらない、
理由にならない言い訳をいって止めること。
また、仲間との約束を、
変な言い訳を使って破る行為など。



黒人



見苦しい松岡大臣の言い訳

松岡農相は16日の閣議後会見で、
光熱水費の内訳を証明するための領収書を、
「持っている」と述べた。
彼の言うところの、
『何とか還元水』
を購入した証拠なのか?

にも係わらず、現時点での内容説明については、
「法律で定められた以上のことをするのは、
判断がつきかねる」
として、改めて否定した。

冗談じゃない。
よくもまあ抜けぬけと…。
「詭弁を弄する」とはこんなことなのだろう。

まさに、
He copped out.(理由ならない言い訳を使って、逃げた)

当たり前の社会なら、
即刻レッドカード、退場処分のはず。
ところが、
現内閣、現総理には、
そんな“当たり前のこと”ができない。

安倍総理は、きのう、
恥ずかしい行為かどうかは、
「それぞれの受け止め方」
として、これまで通り松岡大臣を擁護した。
つまり、
安倍総理は、松岡大臣の行為を、
『恥ずかしい行為ではない』
と判断している訳になる。

信じがたいことだが、
それが現内閣内の倫理観なのだろう。
間違っても、
子供たちには伝えられない。
こんなことで、
「美しい国」が創造できるのか?
何が美しいものか、話にならない。


ranking人気ブログランキングへ! …ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 12:22|PermalinkComments(0)

2006年09月29日

アメリカのために、憲法改正するの?



彼は、
いったい、
どこを向いて政治をしているのか?

安倍首相の所信表明演説。
その中で彼は、
政府の憲法解釈で禁止されている
“集団的自衛権の行使”について、
「個別具体的な例に即し、よく研究する」
とし、
具体的な研究作業に着手する方針を表明した。

さらには、
憲法改正の手続きを定める
“国民投票法案”の早期成立に
期待を示した。

その理由として安倍首相は、
“対テロ戦争”などの国際情勢の変化や、
国際貢献に対する日本への期待感
…などを挙げつつ、

「日米同盟がより効果的に機能し、
平和が維持されるようにするため」


…であると説明した。

しかし!

これは、
どう考えてもおかしい。


赤のキャニオン


「テロとの戦い」の名の下に、
ウソで固めた大義を振りかざして戦争をはじめ、
多くの罪のない人を殺し、
維持されるべき「国際平和」を混沌とさせているのは、
ブッシュ政権である。

さらにいえば、
そのイラク戦争を盲目的に支持した小泉政権も、
「ウソで固められた戦争」
…の片棒を担いだといえる。

その上、
“テロとの戦い”の元となった、
「9.11同時多発テロ」そのものについてさえ、
今や、半数近くのアメリカ人が、
“ブッシュ政権の発表にはウソがある”
として、疑いの目を向けている。

これらの明らかな事実について、
安倍氏は、どう考えているのか?
彼の目に、
今の国際社会はどう映っているのか…。

米国の言いなり=“平和”?
冗談じゃない。
そんなことのために、
憲法を改正して、
“戦争のできる国”にされたのでは堪らない。

日本の首相なのだから、
日本国民の方に顔を向けて政治をして欲しい。
当たり前のことを、当たり前に!


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 15:50|PermalinkComments(18)