教師の言動

2006年10月16日

教師が“主導した”いじめ〜福岡中2自殺



いじめを苦に自殺した、
少女の「遺書」を「手紙」として、
自らの保身に走った教育者たちがいたと思えば、
今度は、
教師が「いじめの主犯」である。

福岡県筑前町で発生した中2少年の自殺。
既に報道で知っている方も多いと思うので、
ここで、
その詳細を書くことはしない。

けれども、
教師の言動は、
「自殺の主因ではなく誘因だった」
とする学校側の言い分には、
呆れる。
またもや、お得意の“責任逃れ”である。

そこまでして、
教育者としての責任を回避したいのか?
“誘因”という言葉。
よくもそんな言葉を真顔で使えるものだ。
あ然とさせられる。


竹林2


例えば、
友達の文具を拾ってあげた、
自殺した生徒の親切な行為を、
「偽善者にもなれない偽善者」
として切り捨てた、教師の言動。

さらには、
「からかいやすかった」
という教師の生徒に対する認識。
これらは、
“教師によるいじめ”以外のなにものでもない。

どう考えても、
教師の言動が、
生徒を自殺に追い込んだ“原因”であるいと思われる。

にもかかわらず、
主因や原因ではなく“誘因”…だという。
この期に及んで、
言葉を弄んでどうする?

学校側としては、
“教師の言動(=明らかなイジメ)は誘因でしかなく、
自殺の原因や主因は、
教師ではなく、生徒にたいする級友のいじめにある”、
…としたいらしい。

幾らかでも責任を逃れたいのだろうが、
そんな身勝手な解釈が、
通用するとでも思っているのだろうか。

子どもの人権や尊厳を第一に優先するのが、
教育の基本中の基本。
それをせずに、
自分たちの責任を子どもたちに転嫁するとは、
言語道断、
本末転倒もいいところ。

なぜ、
自分たちの過ちを、
“潔く、素直に”認められないのだろう。
過ちを認めるとしても、
“限定的”、“条件付き”…。
いつだって“いい訳”でしかない。

教師が“主導した”イジメによって、
失われたひとりの子どもの未来…。
この明らかな構図は、
どんなに言葉を弄しても、
決して消えることはないのに…。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 11:07|PermalinkComments(8)