新潟県中越地震

2006年06月25日

「錦鯉」と新潟中越地震の今



新潟中越地震からこの秋で2年。
震災の傷跡は、
今尚…、深い。


新潟地震現場


広範囲に滑り落ちた山肌。
地震のエネルギーが、
いかに大きなものだったのかを物語っている。

けれども、
この地で生活している人の多くは、
既に、前向きに生きていた。

新潟県小千谷(おじや)市。
↓の写真は、
錦鯉の出荷作業である。


ニシキゴイ出荷作業


錦鯉の生産農家は、
震災後、
改めて、
小さな命を育て始めた。


小さい鯉


小さな鯉も、
数年後には、大きく育つ。


綺麗な鯉


日本の伝統文化…錦鯉。
その秀麗さには、改めて舌を巻いた。


銀色の鯉


壊滅状態だった、
錦鯉を育てる「野池」も、
徐々に再整備されている。


野池


錦鯉の生産農家に限らず、
この地の人が一様に口にした言葉が、
「出来ることから、一つずつ」
…その積み重ねしか道はないのだという。

言われてみれば最もな言葉だが、
実行していくには根気がいる。


新潟中越地震ステッカー


被災地の苦労は、
そこで生活している人にしか分からない。
だから、
分かったような口はききたくない。


アートな鯉


ただ、
優美な錦鯉を、
和やかな気持ちで眺められるような、
そんな時間を、
一日も早く取り戻して欲しいと願わすにはいられない。


(飯村和彦)


newyork01double at 17:47|PermalinkComments(4)