異常気象

2011年11月03日

Amherst 季節外れの大雪! 数十年ぶりらしい…



「ここに住んで23年になるが、
この時期に、これだけの雪が降って、
これほどの被害がでたの初めてだ」

↑は、
道を挟んだ向かいの家に住む隣人のコメント。
まだ紅葉の時期で、
多くの落葉樹は、枝に沢山の葉を残していた。
そこに今回の大雪。
葉に降り積もった雪は、その重みで枝を折り、
幹も折り、木そのものまでをボキリと折り、倒した。

雪が降り始めたのは土曜日の午後。
それが翌朝まで続いた。
静かな降雪だった。
風はない。
文字通り、しんしんと降る雪で、その眺めは悪くなかった。



降雪の始まり

1




「明日の朝は綺麗だろうね」
そんな会話を子どもたちと交わして就寝しようとした頃、
室内灯が一旦消え、そして元に戻った。
そんなことが一回、二回。
で、三回目に灯りが消えたときは、元に戻らなかった。
停電。確か夜の10時半ごろだった。
仕方なく、家族みんな同じ部屋に集まり、
床に敷いた布団やらベッドに入った。
夜だし、停電だから、もう寝るしかない…。

ところが今度は、
「ミシミシ、バリバリ、ドドーン!」
木の枝が折れ、地面に落下する音だ。
そんな音が、二度三度四度…。
「この部屋、ヤバくない?」
息子の意見だった。
我々は一階の東端の部屋に寝ていたが、
その部屋の上に建屋はなく、大きな木の林立する森のすぐ隣。
すぐに、
「リビングに移ろう!」ということになった。
二階家の一階部分にあたるリビングなら、
大きな木が倒れ掛かっても、「まあ、なんとか…」
強い根拠のある対処方法ではなかったのだが、
まあ、そんな風にして眠りについた。

そして、翌朝。
↓が、数十年ぶり、
季節外れの大雪後の風景だ。




枝に積もった雪

雪6





雪の重みで木々が…

雪4





倒れた樫の木

雪9





眉毛の形に撓んでしまった木

雪3





大木が倒れ道をふさぐ

雪11




我が家の停電は、運良く日曜日の夜には復旧した。
ただし、火曜日の段階でアムハースト市内の約6割の世帯は停電のまま。
水曜日(11月2日)の今日段階でも、多くの家で電気が止まっている。

子どもたちの通う中学校、高校は、週明けの月曜日からずっと休校で、
木曜日も、そして金曜日も「休校」のまま。
スクールバスの(決められた)通る道のうち、
10のルートがまだ通行できない状態らしい。
尚且つ、電気などの復旧に時間が掛かっているのと、
上から落ちてくる可能性のある「大枝」に注意が必要なためもある。
多くの大木の枝には、「折れた大枝」が沢山引っかかったままで、
それがいつ頭上に落下してくるとも限らない。
確かに、我が家の周りにも何本もそんな木がある。




雪と紅葉

雪7




ともかく、
ものごとが落ち着くまでには、もう数日必要ということらしい。
紅葉と雪…。
風景は美しいのだが、生活への影響は大きかった。
そうそう、
10月31日のハロウィンは、来週の日曜日に「延期」になった。(そんなものなの?)
市役所からの連絡である。
子どもたちと「売れ残っていたカボチャ」には朗報…。



(飯村和彦)

newyork01double at 08:02|PermalinkComments(0)