絵本

2014年10月22日

夢のような紫色クレヨン!



こんなクレヨン、
あったらいいなあ…。

ドラえもんが、
あのポケットから取り出すような、
「夢のクレヨン」の話。


紫のクレヨン


「ハロルドと紫色のクレヨン」
…というタイトルになるのか。
ともかく、
この絵本、気に入っている。

ストーリーは簡単で、
欲しいものを紫色のクレヨンで描いいけば、
どんどん、
なんでも出てくる。

以下、抜粋。


絵の1


2の絵


3の絵


この話の面白いところは、
ストーリーが、
「線」で繋がっていくところ。

紫色のクレヨンで描かれる世界は、
途切れることがない。
次から次へと、
夢の世界が広がっていく。

一度、
手にとって眺めてみる価値あり。


(飯村和彦)


newyork01double at 07:09|PermalinkComments(0)

2007年12月16日

動物たちの「木の家」



娘の大好きな絵本。
小さな本なのだが、
そこに描かれている「夢」は大きい。


after the storm


あらしで倒れた丘の上の大木。
その木は動物たちの大事な家だった。
けれども、
動物たちはへこたれない。
主人公のPercy(人間)の力を借りて、
みんなで素敵な「家」を再建する。
新しい住みかは湖のほとり。
↓がその「木の家」だ。


木の家


娘曰く、
「この本を見ると、
私もこの木に住みたくなるの…」
まったくもって、同感。

子供のころに夢見た、
木の上の“忍者小屋”。
最近でいえば、人気のツリーハウスのようなもの…か。
でも、この絵本に登場する「木の家」にはかなわない。
機会があれば、是非一度ご覧あれ。


ranking人気ブログランキングへ!

(飯村和彦)


newyork01double at 01:02|PermalinkComments(0)