警察不祥事

2006年04月14日

川端康成のストーカー小説



50年以上も前に書かれた小説である。
川端康成の「みずうみ」が、
雑誌「新潮」で連載開始されたのは1954年。
そして、1955年に単行本となった。

この本は、
今でいう「ストーカー」の心理を描いた小説である。


川端康成


もちろん、
51年前の日本に、「ストーカー」という言葉はなかったろう。
さらには、
ストーキング行為に対する考え方も、
現在とは違うかもしれない。

しかしながら、この「みずうみ」は、
犯罪者としてのストーカーの心理を読み解く上で、
極めて「現代的」である。

美しい少女、女性を付回す主人公(=ストーカー)は、
「学校の教師」。
この人物設定からして、
「今」…に通じる。

つまり、
いつの時代にも、
「卑劣な犯罪者」、ストーカーは存在しているということ。

「文学」としては勿論だが、
ストーカーの犯罪心理の一端を知る、
「実用本」としても機能する。
興味のある方は、一読を…。


rankingひと押し、ご協力を!

(飯村和彦)


newyork01double at 10:17|PermalinkComments(14)