閣僚

2006年09月27日

こんな首相と内閣の選び方は?



[毒]にあたってしまったような…、
そんな気分。

きのう、
安倍内閣が発足した。
さて、
その顔ぶれについての論評は、
ここではしない。
昨夜、さんざんやったし、
やっていたし…。


風雲


そこで一つ、
新しい“首相・内閣の選び方”の提案である。

首相になりたい人。
つまり、政党のリーダーは、
自分が首相になった際の閣僚名簿を、
事前に提示し、
その顔ぶれを見て、
有権者が判断できるようにすべきである。

民主党が発表している、
「次の内閣」
に近いアイディアかもしれないが、
それを、
制度としてきちんとつくる必要があると思う。

どんな日本にしたいのか。
どんな政治をするのか。
それを、
どんな顔ぶれで実行するのか。

首相を選ぶ前に、
その全容を国民の前に提示した方がいい。
そうすれば、
選挙で“汗をかいた人”が大臣になる、
…などという“論功行賞”人事に陥ることもなくなるだろうし、
もっと“品のある内閣”ができるに違いない。
そして、なにより、
政策本位の政治が実現するのでは?

もちろん、
今の政治システムの下で、
それを行うには無理がある。
けれども、
無理を承知で、
そんな「ガラス張り」の政治を望んでいるのは、
多分、
自分ひとりではないような気がする。


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 09:32|PermalinkComments(6)