2006年09月26日

髪が伸びる薬が欲しかった?



なんだ、
そんなに辛かったのか!
…というのは、娘の「髪の話」。

きのうの晩、
娘と一緒に風呂に入っていると、
話が、
突然、2年前の夏へ飛んだ。


「あの時は、
髪の毛が伸びる薬が欲しかった!」


娘がいう“あの時”というのは、
彼女が5歳の夏のこと。
暑くなったので、
「髪をサマーバージョンにしよう」という話になり、
私が彼女を美容院へ連れていった。

で、美容師にあれこれ指示をして、
出来上がったのが↓の髪型。


髪1

髪2

髪3

髪4

髪5

髪6


その時は、
多少、短過ぎるかなあ…との印象はもったものの、
“暑い夏にはピッタリの髪型だ”
と思ったのだが、
妻や息子は、
娘の髪型を見るや否や、
「変だ!」と一言。

そんな中、
ただひとり、
ニコニコしていた(…ように見えた)のが娘だった。
だから、
自分としては、
「本人が、それほど嫌じゃないようだから、まあいいか…」
と思ったのだった。

それが、実は、
「あの時は、髪の毛が伸びる薬が欲しかった」
とは…。
まったくもって、トホホな話。

もちろん! 娘には昨晩、
「悪かったね」
と誤った。
すると…、
もちろん! 娘は今回も、ニコニコしていた…。

さて、
どう考えるべきなのか?


ranking人気ブログランキングへ! ご協力を…!

(飯村和彦)


newyork01double at 10:06|PermalinkComments(18)